前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
824件中 1 - 10件表示
  • 過去に存在したダイエーの店舗

    過去に存在したダイエーの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    直営店舗として開店後、株式会社ダイエー・ハイパーマートへ移管された。株式会社ディー・ハイパーマートへは移管されずに閉店。閉店後はヤマダ電機テックランド旭川店などが出店した。過去に存在したダイエーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • ぷれっそホールディングス

    ぷれっそホールディングスから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ぷれっそホールディングスは、日本の家電量販店チェーンの持ち株会社。現在はヤマダ電機傘下の中間持株会社である。ぷれっそホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • エス・バイ・エル

    エス・バイ・エルから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    エス・バイ・エル株式会社(S×L)は、大阪市北区天満橋に本社を置く日本の住宅メーカー。現在は家電量販店最大手のヤマダ電機の連結子会社。エス・バイ・エル フレッシュアイペディアより)

  • イズミ

    イズミから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    スーパーいづみ1号店(八丁堀店、後のウィズワンダーランド、現在のヤマダ電機テックランド広島本店)オープン。イズミ フレッシュアイペディアより)

  • でんでんタウン

    でんでんタウンから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヨドバシカメラが梅田、ビックカメラが千日前、ヤマダ電機が難波へ相次いで出店したことや、ニノミヤやマツヤデンキの経営破綻、上新電機が日本橋の既存店舗を電気製品以外のホビー商品メインの店舗に切り替えたことなどもあって、かつての主役であった家電量販店の数は徐々に減少し、堺筋にもコンビニエンスストア、飲食店等他業種の出店が徐々に増加している。家電以外に、電材や各種部品・工具等を扱う店舗もあり、電気街だけではない多岐に渡る趣味嗜好の専門店街を形成している。でんでんタウン フレッシュアイペディアより)

  • サティの店舗

    サティの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    自由ヶ丘サティ食品館 → ヤマダ電機LABI自由が丘(旧テックランド自由が丘店)。サティの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • マルナカ (チェーンストア)

    マルナカ (チェーンストア)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2008年(平成20年) - マルナカ、ヤマダ電機との合弁会社、「株式会社デンキランド」を設立。マルナカ (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • 福山市

    福山市から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    福山駅前から東へ約3?5キロ辺りに広がる福山駅前に次ぐ集積を持つ地区である。かつては山に囲まれた田園地帯であったが、平野部は国道182号線バイパスの設置や昭和40年代の大規模区画整理により整備され、山間部も昭和50年代に日本鋼管(現JFE)の住宅団地として伊勢ヶ丘・春日台が開発された。こうした中、市は東部副都心構想を策定してJR東福山駅や福山市民病院(蔵王町)を設置するなどインフラを整備する。そして、蔵王・春日地区の平野部を東西に貫く県道沿いに「イズミ蔵王店(現在のゆめタウン蔵王)」がオープンしたことを皮切りに昭和60年頃から数多くの郊外型店舗が立地していき、後背地に幕山・伊勢ケ丘・大谷台といった大規模住宅地を抱える地理的条件もあいまり、大発展を遂げた。また、昭和63年には山陽自動車道の福山東インターチェンジが蔵王町に開通するなど交通の利便性も更に高まり、現在では高層の分譲・賃貸マンション、戸建住宅・オフィスなどの立地も盛んで単なる郊外型商業地ではない高度な集積が形成されている。この他、JR山陽新幹線を隔てた国道2号線沿いにはヤマダ電機福山店やコジマ、ホームセンターのニトリ・ラウンドワン・フタバ図書・ドン・キホーテなど新たな商業集積ができつつあり、伊勢ケ丘地域ではJFE西日本製鉄所社宅跡地を利用した食品スーパーのハローズやホームセンターのユーホー、TSUTAYA・マクドナルドなどを中核とするショッピングモールがある。福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 丸井

    丸井から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    昔は丸井の中に、丸井としての電化製品売り場が入っている店舗が存在した。現在は、北千住店・国分寺店・草加マルイ&アウトレット・マルイファミリー溝の口の4店舗にノジマが入っており、他の店舗は、近辺にヨドバシカメラやビックカメラやヤマダ電機(LABI)などの大型家電量販店があるため、すでに撤退となった。丸井 フレッシュアイペディアより)

  • ビックカメラ

    ビックカメラから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2007年2月8日、家電量販売上高2位の株式会社エディオンと同5位の株式会社ビックカメラが資本・業務提携を発表した。今後2年間で経営統合を実施して業界1位の株式会社ヤマダ電機(2006年度3月期決算・1兆2,839億円)と肩を並べる1兆1,950億円(両社合算の2006年度3月期決算)規模になる予定だった。しかし3月30日、両社は上記経営統合協議の中止を発表した。ビックカメラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
824件中 1 - 10件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード