824件中 11 - 20件表示
  • 名古屋駅

    名古屋駅から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    桜通口や広小路口周辺にある主な大型商業施設はジェイアール名古屋高島屋や東急ハンズ名古屋店などが入るJRセントラルタワーズを筆頭に、近鉄パッセ (K'ntetsu Pass'e)・名鉄百貨店本店(本館・メンズ館(旧MELSA))・ヤマダ電機LABI名古屋・ミッドランドスクエア商業棟・名鉄レジャックなどがある。また市バスターミナルの他、日本最古の多層型で市内最大のバスターミナル「名鉄バスセンター」などもある。地下には広大な地下街が延々と広がり、サンロードやメイチカ・テルミナ・ユニモール・ミヤコ地下街と複雑に形成されている。名古屋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋まつり

    将棋まつりから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    将棋まつり(しょうぎまつり)とは毎年夏もしくは冬に東急百貨店・京急百貨店・近鉄百貨店およびヤマダ電機で行われる将棋イベントである。将棋界にとっては夏の風物詩であり、同時に棋士と一般のファンが触れ合う大きなイベントでもある。将棋祭りとも表記される。なお上記百貨店とは関係ない地方の店舗・将棋道場などでも夏に行われる将棋関連のイベントを「将棋まつり」などという名前で開催する場合もあるが、これらは本項の将棋まつりとは区別して見なされる(本項でも特に断りのない限り、上記百貨店で行われる将棋まつりに関して記載する)。将棋まつり フレッシュアイペディアより)

  • ダイナマイトコーポレーション

    ダイナマイトコーポレーションから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    大きな転機となるのは、同社最大の商圏である高松市への大型家電量販店「ダイイチ高松店」(後のデオデオ高松店、後にゆめタウン高松に移転している)出店である。激しい競争を繰り広げたが、ベスト電器の郊外型大型店舗の強化(ただし2010年に高松市から完全撤退)、ケーズデンキ(当初は株式会社ビッグ・エスをフランチャイジーとする「ケーズ・ビックエス」として出店)、ヤマダ電機の進出に加え、西村ジョイなどホームセンターにおける家電販売の拡大もあり、香川県内、とりわけ高松市内で厳しい競争にさらされることとなった。同社創業の地、丸亀町商店街にあった高松店を閉店(後に大創産業の100円ショップ直営1号店の移転拡大店舗となり現在に至る)、本店・本社を屋島店(現在は閉店・解体されマルナカグループの「パワーシティ屋島」駐車場となっている)に移し、その後さらに宇多津店(現在はヤマダ電機テックランド宇多津)に移すなど迷走するようになる。そのような中で、ディスカウント型家電量販店へ業態変更することとなる。ダイナマイトコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 正一電気

    正一電気から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    株式会社正一電気(しょういちでんき)は、鹿児島県鹿児島市に本社を置く会社。かつてはケーズデンキのフランチャイジーだったが、その後関係を解消しヤマダ電機と合弁会社を設立した。正一電気 フレッシュアイペディアより)

  • KOUZIRO

    KOUZIROから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    家電量販店ヤマダ電機の子会社で、インテルプレミアプロバイダの一つ。KOUZIRO フレッシュアイペディアより)

  • コスモスベリーズ

    コスモスベリーズから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2004年 - 後にチェーン展開の中心となるBFC(ベリーズ・フレンド・チェーン)を設立。同時に、ヤマダ電機との部分業務提携が成立(PC部品の供給契約)。コスモスベリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 香椎

    香椎から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    千早操車場(旧香椎操車場)の北東方にはJR千早駅が開業しほぼ同時期にNTTドコモ香椎ビルが完成した。また、ダイエー香椎店(2005年10月31日閉店)の駐車場の一部にはパチンコ店ワンダーランドやベスト電器香椎店が建ち、ダイエーの入っていた建物にはヤマダ電機が入っている。ダイエー香椎駅前店跡にはマンションなどが建っている。香椎 フレッシュアイペディアより)

  • 比較広告

    比較広告から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    家電編(コジマ、ヤマダ電機、ビックカメラ、ジャパネットたかた)…電化製品(液晶テレビ)のCM。コジマさん、ヤマダさん、ビックさん、タカタさんが西友の家電コーナーに集まっている。比較広告 フレッシュアイペディアより)

  • 和光電気 (家電量販店)

    和光電気 (家電量販店)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2001年にはヤマダ電機と業務提携し、「WAKOヤマダ」という店舗を奈良県にオープンしたが1年もたたず解消。その他、合弁会社「和光ヤマダ電機」(後の「関西ヤマダ電機」現ダイクマ)を設立し、関西地区に10の店舗を展開していた。現在は滋賀県および兵庫県に計3店舗を展開している。さらにこの頃、ドン・キホーテとも提携していたが、それも失敗に終わる。ちなみに本社跡にドン・キホーテパウ上本町店が入居する等大阪のドンキ店舗は元和光店舗が多い。(現在営業中の箕面店・枚方店・狭山店も元和光)和光電気 (家電量販店) フレッシュアイペディアより)

  • 家電量販店

    家電量販店から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    業界トップのヤマダ電機は店舗の大型化を進めるとともに業況の悪化した地域量販店を積極的に買収するなどして業界で初めて連結売上高1兆円、さらに2兆円を達成した。このような規模を背景に、メーカーに対して非常に強い価格交渉力を発揮している。他のグループもバーゲニング・パワーをつけるため買収や統合によって規模を拡大しなければ、激しい価格競争の業界で生き残ることは至難となっている。家電量販店 フレッシュアイペディアより)

824件中 11 - 20件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード