892件中 21 - 30件表示
  • GOLD EXPERIENCE

    GOLD EXPERIENCEから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヤマダ電機ミニライブ(2013年12月28日、ヤマダ電機LABI 1なんば店 LABIGate)GOLD EXPERIENCE フレッシュアイペディアより)

  • 新天地 (広島市)

    新天地 (広島市)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2004年(平成16年)にウィズワンダーランドが閉店しヤマダ電機テックランド広島中央本店が開店。新天地 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 池袋日勝映画劇場

    池袋日勝映画劇場から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    所在地 : 東京都豊島区東池袋1丁目41番1号、現在の「簱保全池袋ビル」(「LABI1池袋モバイルドリーム館」)の位置。池袋日勝映画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトボックス (パソコン)

    ホワイトボックス (パソコン)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    日本でも家電量販店での販売が本格化し、市場規模は大手電機メーカー各社によるナショナルブランド製品の10%と言われた。この時期、ソニーなどナショナルブランド・メーカーの販売が低迷する一方で、デルなどのBTOメーカーやホワイトボックスメーカーが業績を伸ばしていた。ホワイトボックスは徹底した低価格路線ゆえに利益額にやや難があったものの、家電量販店にとっては競合他社と差別化を図り、液晶モニタを始めとする周辺機器をセットとして販売する商材としての魅力があり、またブランドイメージ維持のために自社製品を特売の目玉である激安商品に頻繁に用いられることを嫌う大手電機メーカーの製品と比べれば特売用商材としても用いやすく、各店舗が毎週配布するチラシでも目玉激安商品として恒常的に載せられていた。パソコン専門店にあっても、増え続ける初心者に自作パーツを薦めるよりは完成品のホワイトボックスの方が売りやすく、自作パーツをバラで販売した合計よりもトータルの利益額が多いことからショップブランドの推進に回った。将来的には日本もアメリカ並みの比率になると期待され、デジタル家電的なパソコンを普及させるためにインテルやマイクロソフトが本腰を入れた。その様な状況下で、それまで様々なホワイトボックスメーカーの製品を取り扱ってきた家電量販店業界最大手のヤマダ電機が、国内ホワイトボックスメーカーのフロンティア神代を子会社化し、この業界に本格参入してきた。また、同年には家電量販店やパソコンショップのショップブランドのEMSとして急成長したMCJ(マウスコンピューター)が、マザーズ市場に株式上場を果たした。この様な形で経営規模が巨大化した国内・海外のホワイトボックスメーカーは、マイクロソフトやパーツメーカーとの上位パートナーシップを締結し部材の大量一括仕入を実現し、OS込みで4万円前後の価格帯の製品を競って投入した。他方で、この様なメーカーの販売力強化と価格破壊に対して、業界黎明期から続けられてきたパソコンショップが店舗単位でBTOを受注しパーツを調達し組み立てるという小規模なショップブランドは、価格競争や製品の安定供給能力といった面で全く対抗できず、そのほとんどが成り立たなくなるか、チェーン単位でのOEMモデルに切り替わっていった。ホワイトボックス (パソコン) フレッシュアイペディアより)

  • アトム電器

    アトム電器から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    同じフランチャイズ方式を取るエディオンショップ(エディオングループ)系列店)やボランタリー方式を取るコスモスベリーズ(ヤマダ電機の子会社)とは、加盟の条件面・待遇面で違いがある(※詳しくは「運営システム」の項参照)。アトム電器 フレッシュアイペディアより)

  • 中央通り (広島市)

    中央通り (広島市)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ドン・キホーテ広島八丁堀店(いづみ八丁堀店 → イズミ八丁堀店 → ウィズワンダーランド → ヤマダ電機テックランド広島中央本店)イズミのスーパー1号店として開店。その後、広島初のファッションビル『ウィズワンダーランド』になる。その後ヤマダ電機テックランド広島中央本店になり、2012年3月まで営業した。2012年にドン・キホーテとなった。中央通り (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • オークタウン大和高田

    オークタウン大和高田から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヤマダ電機 テックランド大和高田店オークタウン大和高田 フレッシュアイペディアより)

  • 信長燃ゆ

    信長燃ゆから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    『信長燃ゆ』(のぶながもゆ)は、安部龍太郎の著した時代小説(新潮社、日本経済新聞出版社刊)、並びにそれを原作に2016年1月2日21:00-23:58に放送されたテレビ東京系列の「YAMADA・新春時代劇(ヤマダ・しんしゅんじだいげき)」第36作である。信長燃ゆ フレッシュアイペディアより)

  • 卸売スーパー

    卸売スーパーから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2012年(平成24年)5月31日 - 卸売スーパー現金問屋手稲店を開店(元はダイエー手稲店・ヤマダ電機手稲店)。卸売スーパー フレッシュアイペディアより)

  • デオデオ

    デオデオから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    地盤とする中国地方でも、古くからのライバルであるベスト電器以上に、北関東YKK軍団(ヤマダ電機・ケーズデンキ・コジマ)の中でも最も強力なヤマダ電機の攻勢が強まり、さらには2007年(平成19年)秋には、岡山にもビックカメラが進出、2008年(平成20年)3月には、広島にも進出(ベスト電器広島店を改修)して来たため、出店戦略の大幅な見直しを迫られている。デオデオ フレッシュアイペディアより)

892件中 21 - 30件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード