824件中 31 - 40件表示
  • ホワイトボックス (パソコン)

    ホワイトボックス (パソコン)から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    日本でも家電量販店での販売が本格化し、市場規模は大手電機メーカー各社によるナショナルブランド製品の10%と言われた。この時期、ソニーなどナショナルブランド・メーカーの販売が低迷する一方で、デルなどのBTOメーカーやホワイトボックスメーカーが業績を伸ばしていた。ホワイトボックスは徹底した低価格路線ゆえに利益額にやや難があったものの、家電量販店にとっては競合他社と差別化を図り、液晶モニタを始めとする周辺機器をセットとして販売する商材としての魅力があり、またブランドイメージ維持のために自社製品を特売の目玉である激安商品に頻繁に用いられることを嫌う大手電機メーカーの製品と比べれば特売用商材としても用いやすく、各店舗が毎週配布するチラシでも目玉激安商品として恒常的に載せられていた。パソコン専門店にあっても、増え続ける初心者に自作パーツを薦めるよりは完成品のホワイトボックスの方が売りやすく、自作パーツをバラで販売した合計よりもトータルの利益額が多いことからショップブランドの推進に回った。将来的には日本もアメリカ並みの比率になると期待され、デジタル家電的なパソコンを普及させるためにインテルやマイクロソフトが本腰を入れた。その様な状況下で、それまで様々なホワイトボックスメーカーの製品を取り扱ってきた家電量販店業界最大手のヤマダ電機が、国内ホワイトボックスメーカーのフロンティア神代を子会社化し、この業界に本格参入してきた。また、同年には家電量販店やパソコンショップのショップブランドのEMSとして急成長したMCJ(マウスコンピューター)が、マザーズ市場に株式上場を果たした。この様な形で経営規模が巨大化した国内・海外のホワイトボックスメーカーは、マイクロソフトやパーツメーカーとの上位パートナーシップを締結し部材の大量一括仕入を実現し、OS込みで4万円前後の価格帯の製品を競って投入した。他方で、この様なメーカーの販売力強化と価格破壊に対して、業界黎明期から続けられてきたパソコンショップが店舗単位でBTOを受注しパーツを調達し組み立てるという小規模なショップブランドは、価格競争や製品の安定供給能力といった面で全く対抗できず、そのほとんどが成り立たなくなるか、チェーン単位でのOEMモデルに切り替わっていった。ホワイトボックス (パソコン) フレッシュアイペディアより)

  • 自作パソコン

    自作パソコンから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    この時期、ソニーのような国内メーカーパソコンが低迷してゆく一方で、ホワイトボックスの組み立てと直販メーカーの大規模化・産業化が進む。デルのシェアが一時的に急伸し、BTOやホワイトボックスパソコンが急激に伸長した。パソコン専門店のBTOも好調だったが、2004年、それまで様々なホワイトボックスパソコンメーカーの製品を扱ってきたヤマダ電機がフロンティア神代を子会社化しこの方面を一本化した。この家電量販店業界最大手の本格参入という事態により、既存の専門店はその専門性の度合いを問われた。量販店も大規模化し、ソフマップ(2003年度38店舗、秋葉原17店舗)やT-ZONE「本店」(3775平方メートル)やラオックス「ザ・コンピュータ館」(2725平方メートル)と比べても数倍の販売規模となるヤマダ電機(2003年度は直営193店舗)やヨドバシAkiba(3万3000平方メートル)が参入してきた。Amazonが電気製品のネット通販に参入したのもこの頃であり、ネット上の競争も激化した。自作パソコン フレッシュアイペディアより)

  • ベスト電器

    ベスト電器から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヤマダ電機傘下入りを2012年7月13日に発表。同年12月13日に、傘下入りした(後述)。ベスト電器 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄百貨店

    名鉄百貨店から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    11月 - ヤング館跡に「ヤマダ電機LABI名古屋」がオープン。名鉄百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在したジャスコの店舗

    過去に存在したジャスコの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    駒生店(旧伊勢甚ジャスコ、建物存続、宇都宮市駒生、2003年(平成15年)2月20日閉店→ヤマダ電機過去に存在したジャスコの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • モリシア津田沼

    モリシア津田沼から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2008年4月18日、3階全体にヤマダ電機 LABI津田沼店が出店した。モリシア津田沼 フレッシュアイペディアより)

  • 狭山市

    狭山市から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    商業圏では、周辺中核都市の所沢市と川越市と挟まれ、近年は個人商店の減少が目立つ。イオン狭山店(旧カルフール狭山)やヤマダ電機、イオン武蔵狭山店(旧サティ)、PC DEPOT等の100台以上の大型パーキングを有した大型店の展開が盛んであるが、これは単に近隣消費者相手だけではなく、主に国道16号線の首都圏環状の特殊商圏性を生かした他近隣エリア消費者を睨んだ出店でもある。狭山市 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭用電気機械器具

    家庭用電気機械器具から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2000年代に入り「ヤマダ電機」や「コジマ」など上位家電小売業チェーンによる販売の寡占化が進んだ結果、また2009年頃から家電レンタル業者の参入もあり、家電業界全体が熾烈な競争社会となっている。家庭用電気機械器具 フレッシュアイペディアより)

  • 東萩駅

    東萩駅から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    駅裏(駅東側)を通過する山口県道67号萩川上線沿いにヤマダ電機や丸和の集合したショッピングゾーン「椿東ショッピングパーク」があるが、自由通路等は設けられておらず、東萩駅からのアクセスは基本的に考慮されていない。東萩駅 フレッシュアイペディアより)

  • サトームセン

    サトームセンから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    経営不振から、マツヤデンキ、星電社とともにヤマダ電機傘下に入り、既存の全店舗は2007年(平成19年)以降ヤマダ電機の店舗に転換された。本社は東京都千代田区外神田2-4-4にあったが、事業停止後の2008年9月にヤマダ電機本社内に登記上本店を移転している。サトームセン フレッシュアイペディアより)

824件中 31 - 40件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード