892件中 31 - 40件表示
  • 神戸交通センタービル

    神戸交通センタービルから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヤマダ電機 LABI三宮 - 星電社によるフランチャイズ店。同社の本社も同じ場所にある。神戸交通センタービル フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡南新都市

    盛岡南新都市から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    ヤマダ電機テックランドNew盛岡本店(2009年5月22日に旧店舗から移転開店)盛岡南新都市 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在した九州・沖縄地区のダイエーの店舗

    過去に存在した九州・沖縄地区のダイエーの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    撤退後は、ヤマダ電機福岡香椎本店となった。地下食品売場はハローデイが入店している。過去に存在した九州・沖縄地区のダイエーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • 紙屋町・八丁堀

    紙屋町・八丁堀から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    行政区域とは別に、相生通りと中央通りが交差する「八丁堀交差点」周辺は八丁堀地域と呼ばれ、福屋八丁堀本店や広島三越、天満屋八丁堀ビル(ヤマダ電機LABI広島・旧天満屋広島八丁堀店)などの百貨店が軒を連ねる。近年ではそごう・福屋の二極化が進んでおり、天満屋は閉店、三越も店舗縮小が検討されるなど苦境に立たされている。また、八丁堀交差点から南方向に伸びる中央通りにはファッションビルの広島パルコ等が並ぶ商店街が形成されている。紙屋町・八丁堀 フレッシュアイペディアより)

  • コスモスベリーズ

    コスモスベリーズから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2004年 - 後にチェーン展開の中心となるBFC(ベリーズ・フレンド・チェーン)を設立。同時に、ヤマダ電機との部分業務提携が成立(PC部品の供給契約)。コスモスベリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在した北陸地区・甲信地区・東海地区のダイエーの店舗

    過去に存在した北陸地区・甲信地区・東海地区のダイエーの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    閉店後2000年(平成12年)からはパチンコチェーン「よろこびの街100万ドル南松本店」やアルペン(その後、高宮に移転し撤退)、コジマ、宮脇書店が入居、立体駐車場でフリーマーケットも開催されていた。ビルの改修工事の為2008年(平成20年)4月から一時休業し、2008年(平成20年)8月にリニューアルオープン。よろこびの街100万ドルとコジマは移転オープンにより撤退し、新たに「ヤマダ電機テックランド松本本店」と「生鮮&業務スーパー ユー・パレット南松本店(マツヤとオーシャンシステム(業務スーパーのフランチャイズ)の提携)」がメインテナントの商業施設となった。併設のDMガスステーションは現在も存続している。過去に存在した北陸地区・甲信地区・東海地区のダイエーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • ケーズホールディングス

    ケーズホールディングスから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    なお、本ランキングに対しては、ヤマダ電機が本ランキングに対する別の提訴(本件に対しては棄却)の際、東京地方裁判所よりモニターから回答者を無作為抽出した上で、組織票を防ぐ対策を行っていたことなどから「合理的な調査結果になるような配慮がなされている」とされているが、2010年7月の「日経ビジネス」記事掲載時に、ケーズデンキが1位(前年度:4位)、同業のヤマダ電機は家電量販店の中では最下位(当時)にあたる14位(前年度と同じ)とされ、ケーズデンキは同年8月から約1年間に亘り、当該記事を各店舗で配布した(もちろん発行元の日経BPの許可を得ていた)。これに対しヤマダ電機側は、「ヤマダ電機のサービスが著しく劣っていると消費者に誤認を与えかねず、営業妨害に当たり違法である」などと主張して、5,500万円の損害賠償を求め東京地裁に別途訴訟を起こしたが、東京地裁の石井浩裁判長は「ランキングの根拠となった調査には、恣意(しい)的な結果が生じるような事情はなかった」と述べ、ヤマダ電機側の請求を棄却した。ケーズホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

    勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    レオン王都店のライバル企業。アニメではヤマダ電機のもじりであることを示唆する描写が、多数盛り込まれている。勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    4日 - 老舗百貨店、天満屋(本社:岡山市)の広島八丁堀店(広島県広島市中区)が閉店。跡地はその後「天満屋八丁堀ビル」となり、ヤマダ電機などが入居している。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • フジグラン広島

    フジグラン広島から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    1981年(昭和56年)9月12日付の中国新聞で、同月の『フジショッピングスクエア高陽店』(現・フジグラン高陽)出店と、翌年の当店開店による既存小売店の影響について、イズミはいづみ八丁堀店(のちのウィズワンダーランド→ヤマダ電機→ドン・キホーテ)の手直しと、中型店3店舗を新設し広島市内10店舗で『巨大戦艦』と称された当店に対抗すると報道された。また、同時期にフジは隣県の山口県岩国市への店舗出店や、商工センター(西部流通センター)への出店計画(実現せず)が存在した。フジグラン広島 フレッシュアイペディアより)

892件中 31 - 40件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード