892件中 41 - 50件表示
  • コジマ

    コジマから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    家電量販店としての売上高に関しては、隣県の群馬県に本社のあるヤマダ電機の攻勢を受け、2002年にヤマダ電機に家電量販店売上高日本一の座を奪われた。また、2003年には、メイン銀行である足利銀行が経営破綻し、同社の経営にも悪影響を及ぼした。2009年3月31日の時点では、日本の全都道府県に222店舗を展開していたものの、2012年3月期決算では、日本国内の売上高は業界7位と低迷していた。かつてはM&Aを加速させている同業他社と一線を画して完全直営主義を貫き、小規模店の統廃合と大型店舗出店(スクラップアンドビルド)を行い、事業の効率化を進めていた。コジマ フレッシュアイペディアより)

  • マリーン5清水屋

    マリーン5清水屋から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    庄内地区最大の書店となる宮脇書店を招致。このほか、託児所、ヤマダ電機フランチャイズ店の開設など新たなテナントを導入。マリーン5清水屋 フレッシュアイペディアより)

  • 天満屋八丁堀ビル

    天満屋八丁堀ビルから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    天満屋八丁堀ビル(てんまやはっちょうぼりビル)は広島県広島市中区にある天満屋の商業ビル。2012年6月22日以降『ヤマダ電機LABI広島』が核テナントになっている。以前は百貨店の天満屋八丁堀店(てんまやはっちょうぼりてん)だった。天満屋八丁堀ビル フレッシュアイペディアより)

  • 香椎

    香椎から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    千早操車場(旧: 香椎操車場)の北東方にはJR千早駅が開業しほぼ同時期にNTTドコモ香椎ビルが完成した。また、ダイエー香椎店(2005年10月31日閉店)の駐車場の一部にはパチンコ店ワンダーランドやベスト電器香椎店が建ち、ダイエーの入っていた建物にはヤマダ電機が入っている。ダイエー香椎駅前店跡にはマンションなどが建っている。香椎 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭用電気機械器具

    家庭用電気機械器具から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    2000年代に入り「ヤマダ電機」や「コジマ」など上位家電小売業チェーンによる販売の寡占化が進んだ結果、また2009年頃から家電レンタル業者の参入もあり、家電業界全体が熾烈な競争社会となっている。家庭用電気機械器具 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在した北海道地区・東北地区のダイエーの店舗

    過去に存在した北海道地区・東北地区のダイエーの店舗から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    直営店舗として開店後、株式会社ダイエー・ハイパーマートへ移管された。株式会社ディー・ハイパーマートへは移管されずに閉店。閉店後はヤマダ電機テックランド旭川店などが出店した。過去に存在した北海道地区・東北地区のダイエーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • りんくうタウン

    りんくうタウンから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    その効果もあり、1997年(平成9年)以降、工場やりんくうプレミアムアウトレット、ヤマダ電機、ニトリ、スポーツデポなどの大型店が出店するなど企業の進出ラッシュが起こっており、賑わいを見せている。副都心という構想とは離れているが、高層住宅の建設計画もある。りんくうタウン フレッシュアイペディアより)

  • ダイナマイトコーポレーション

    ダイナマイトコーポレーションから見たヤマダ電機ヤマダ電機

    大きな転機となるのは、同社最大の商圏である高松市への大型家電量販店「ダイイチ高松店」(後のデオデオ高松店、後にゆめタウン高松に移転している)出店である。激しい競争を繰り広げたが、ベスト電器の郊外型大型店舗の強化(ただし2010年に高松市から完全撤退)、ケーズデンキ(当初は株式会社ビッグ・エスをフランチャイジーとする「ケーズ・ビックエス」として出店)、ヤマダ電機の進出に加え、西村ジョイなどホームセンターにおける家電販売の拡大もあり、香川県内、とりわけ高松市内で厳しい競争にさらされることとなった。同社創業の地、丸亀町商店街にあった高松店を閉店(後に大創産業の100円ショップ直営1号店の移転拡大店舗となり現在に至る)、本店・本社を屋島店(現在は閉店・解体されマルナカグループの「パワーシティ屋島」駐車場となっている)に移し、その後さらに宇多津店(現在はヤマダ電機テックランド宇多津)に移すなど迷走するようになる。そのような中で、ディスカウント型家電量販店へ業態変更することとなる。ダイナマイトコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 立石泰則

    立石泰則から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    西武グループの堤義明・堤清二兄弟やソフトバンクの孫正義社長などが世間一般から高く評価されていた頃から、厳しい評価を下していたことでも知られる。同様にヤマダ電機に関しても著書で厳しい評価を行っている。一方で、近年の業績不振により世間から批判されることが多いソニーに対しては、経営陣には厳しいが、開発・製造および販売部門の現場に対してはエールを送っている。立石泰則 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄百貨店名古屋店

    近鉄百貨店名古屋店から見たヤマダ電機ヤマダ電機

    北隣には名鉄グループに属する名鉄百貨店本店本館があり、また、南隣には同じく名鉄グループの名鉄百貨店本店メンズ館(旧・メルサ)とヤマダ電機(LABI、旧・名鉄百貨店本店ヤング館)が建てられているため、近鉄パッセは名鉄百貨店各館に挟まれるように立地している。ビルの地下には近鉄名古屋駅があり、中地下1階(MB1F)に同駅の中央改札がある。さらに地下1階では名鉄百貨店本店本館とメンズ館、および名駅地下街サンロードと直結している。また、3階にもメンズ館への連絡通路がある。近鉄百貨店名古屋店 フレッシュアイペディアより)

892件中 41 - 50件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード