135件中 71 - 80件表示
  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た携帯機器

    さらなる業様拡大のため、小商圏や駅前への進出も目指している。2004年6月、都市型店舗の試験をかねて、広島市中心部に広島中央本店を開店。そのノウハウを元にして、2006年には大阪市浪速区に「LABI1 なんば」を開店し、以降は「LABI」を駅前型量販店業態の統一ブランド名として各地に出店しており、ビックカメラやヨドバシカメラなどの都市型量販店と激突する格好となっている。また、2006年9月29日、携帯電話や携帯オーディオなどのモバイル機器を専門に扱う小型店舗の新業態「テックサイト」を東京都の中野駅前に出店、これも以降各地に展開する。さらに2006年9月、関西および北海道エリアで「ヤマダTVショッピング」を放送開始。2007年1月4日からは地上波とBSで全国展開し、TVショッピング分野への本格進出を狙う。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た群馬県

    群馬県を地盤とした郊外型家電量販チェーンとしてスタートし、1980年代からは北関東各県の同業である、コジマ(栃木県)、ケーズデンキ(茨城県)などと、互いの商圏への進出と価格競争で激しく競い合い規模を拡大した。一時期コジマに対して売上高で劣勢に立たされたが、大型店舗出店の規制緩和にあわせて他社に先駆けて店舗を大型化する戦略に切り替えた。1999年には京都府八幡市に関西第1号店の京都八幡店を開店させ、この店舗から全国展開に本腰を入れ、翌2000年の東京証券取引所第一部上場以降は、既存店の建替・移転を進めるとともに、各地の地元量販店との提携や買収によって全国展開を加速した。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た藍住町

    7月29日 - 「テックランド徳島藍住店」を出店し、1999年の京都八幡店で本格的に始まった全都道府県進出をわずか6年で達成ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た中華人民共和国

    12月10日 - 初の海外店舗として、中国・遼寧省瀋陽市にLABI瀋陽を開店。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た熊谷市

    2007年3月30日、埼玉県熊谷市の熊谷配工センターで、家電リサイクル料金を受け取って顧客から回収した不要家電品を、中古品販売業者や輸出業者へ横流ししていたことが発覚した。経済産業省と環境省の調査が入り、ヤマダは現地の担当業者を告訴した。ヤマダ側の説明によれば「この業者が単独で行ったもので、組織的なものではない」と話している。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た組織票

    日経ビジネス2008年7月28日号に掲載されたアフターサービスの満足度に関するアンケート調査で、家電量販店部門において16社中最下位となった。これについてヤマダ電機は、調査が事前に登録していたモニターを対象に行われたことについて「読者は、国民全体からアンケートの回答者を無作為抽出したと誤解する可能性が高く、不適切だ」と指摘、名誉を傷つけられたとして発行元の日経BPに5,500万円の損害賠償などを求め提訴。2010年12月14日、東京地方裁判所(石井浩裁判長)は日経ビジネスがモニターから回答者を無作為抽出した上で、組織票を防ぐ対策を行っていたことなどから「合理的な調査結果になるような配慮がなされていた」として、ヤマダ側の請求を棄却した。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た家庭用電気機械器具

    株式会社ヤマダ電機(ヤマダでんき)は、日本の家電量販店チェーン。日本の家電販売最大手で、テックランド(Tecc.Land)、テックサイト(Tecc.site)、LABI(ラビ)などの屋号の店舗を展開している。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見たロードサイド

    総合家電販売店。ヤマダ電機の主力店舗形態。ロードサイドを中心に出店する。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た無作為抽出

    日経ビジネス2008年7月28日号に掲載されたアフターサービスの満足度に関するアンケート調査で、家電量販店部門において16社中最下位となった。これについてヤマダ電機は、調査が事前に登録していたモニターを対象に行われたことについて「読者は、国民全体からアンケートの回答者を無作為抽出したと誤解する可能性が高く、不適切だ」と指摘、名誉を傷つけられたとして発行元の日経BPに5,500万円の損害賠償などを求め提訴。2010年12月14日、東京地方裁判所(石井浩裁判長)は日経ビジネスがモニターから回答者を無作為抽出した上で、組織票を防ぐ対策を行っていたことなどから「合理的な調査結果になるような配慮がなされていた」として、ヤマダ側の請求を棄却した。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダ電機

    ヤマダ電機から見た駐車場

    多くの店舗は1階部分に駐車場を配し、店舗入口と来店ポイント付与端末・トイレのみが設置され、売り場は2階以上となっている。ただし、サトームセンなどの他店から転換した店舗や近年新規出店した店舗では平屋建ての店舗もある。ヤマダ電機 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「ヤマダ電機」のニューストピックワード