前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
650件中 1 - 10件表示
  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1961年1月15日、MVアグスタが今シーズンからワークス活動を停止すると発表した。ワークス活動停止理由については様々な憶測がなされていたが、その中には「ホンダの猛襲から逃げた」というものまであった。MVアグスタはワークス活動停止の理由として1シーズンに開催されるレースの回数の多さを挙げている。1シーズン6戦に戻すように主張していたにもかかわらず、FIMが今シーズンから10戦に増やしたことを理由としている。当時の道路整備状況下でのトラックによるヨーロッパ各地への長距離移動を伴う転戦の大変さが背景にあると推察される。MVアグスタは、ワークス活動は停止するがプライベートライダーへの支援は続けることも表明している。また次のような言葉も残している。「私たちは2644回の優勝と36回のライダー選手権獲得、19回のメーカー選手権獲得を為し遂げた。この記録を打ち破るようなメーカーが現れたなら、その時は即座にワークス活動を再開する」(MVアグスタ)日本メーカーの動向は、今シーズンからホンダとスズキが250ccクラスと125ccクラスの全戦11戦に参戦する。そして、ヤマハもに250ccクラスと125ccクラスに参戦することを発表し、第3戦フランスGP(クレルモン=フェラン)からロードレース世界選手権(WGP)の一員になる。今シーズンの結果は、250ccクラスでは、ホンダRC162を駆るマイク・ヘイルウッドが第4戦イギリスGP/マン島TTでホンダの250ccに初勝利をもたらし、世界チャンピオンになる。また、高橋国光が第2戦西ドイツGP(ホッケンハイム)で優勝し、WGPで日本人が初めて優勝する。ホンダを駆る6人のライダーがランキング1位 - 5位、10位を占め、ヤマハを駆る伊藤史朗が9位になる。[[ファイル:Honda 2RC143 1961.jpg|thumb|250px|right|ホンダの125ccマシン 2RC143(1961年型)]]125ccクラスでは、ホンダを駆るトム・フィリスが第1戦スペインGP(モンジュイック)で優勝し、ホンダにWGP初勝利をもたらす。以後、トムはエルンスト・デグナー(MZ)と競り合い、2ポイント差で世界チャンピオンになる。ホンダを駆る6人のライダーがランキング1位、3位 - 6位、9位になる(6位のマイク・ヘイルウッドはEMCでも125ccクラスを走る)。ホンダは今シーズン、3種類のマシンを投入した。第1戦スペインGPではトム・フィリスは昨シーズン型(型)のRC143を駆り優勝、第4戦イギリスGP/マン島TTではマイク・ヘイルウッドが今シーズン型のRC144を駆り優勝。しかし、RC144はエンジントラブルが多発したため、シーズン後半にRC143の後継機である2RC143を投入する。2RC143はRC144よりも活躍した。ホンダが第4戦イギリスGP/マン島TTの250ccクラスと125ccクラスの両クラスで優勝したことについて、本田宗一郎は次のように語っている。「私がオートバイを始めてから持ちつづけた《夢》、それは日本人の独創によってつくったマシンでレースに勝つことであった。(省略)。この勝利は本田技研の勝利でなく、日本の皆さんとともに喜んでいただくとともに、希望を与えたものだと深く感謝している」(本田宗一郎)今シーズンは、ホンダを駆るライダーが250ccクラスと125ccクラスで世界チャンピオンになり、ホンダに初めて世界タイトルをもたらす。マン島TTでの2クラス制覇はヨーロッパのバイク雑誌でも大きく取り上げられ、ホンダのエンジンは、「まるで時計のようだ」「独創的な設計、性能は極めて優秀」「ホンダはついに世界最高の製品にその名を連ねた」と評された。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ

    ヤマハから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    二輪車製造大手のヤマハ発動機は1955年(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたものである。2006年(平成18年)現在においては資本関係・取引関係は重要なものではないが、ブランド名を共通とする関連会社である。ヤマハ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・ビーノ

    ヤマハ・ビーノから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    Vino(ビーノ)とは、ヤマハ発動機が製造販売しているスクータータイプのオートバイである。ヤマハ・ビーノ フレッシュアイペディアより)

  • 宇井陽一

    宇井陽一から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1995年全日本ロードレース選手権GP125チャンピオンを獲得。翌1996年にヤマハ・クルツよりロードレース世界選手権GP125フル参戦開始。宇井陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 片山敬済

    片山敬済から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    、片山は契約していたヤマハから強引に許可を得てWGPに参戦した。これに対してヤマハは全面的な支援はせず、TZ250を貸与するのみで、メカニックもおらず、片山自身がマシンの整備・チューニングを行った。初めてのヨーロッパを一人で転戦するのは大変だったが、ヨーロッパのヤマハ現地法人であるヤマハNVの契約ライダーのケント・アンダーソン(125ccクラス世界チャンピオン)が面倒見の良い人だったので、片山は彼の助けを借りてヨーロッパを転戦した。片山はWGP第6戦のダッチTT(オランダGP)から250ccクラスで参戦。予選で3位になり、決勝レースでも3位を走っていたのだが、リアブレーキのトルクロッドが折れるというトラブルに見舞われてリタイアとなる。参戦開始から3レース目の第8戦スウェーデンGP(アンダーストープ)で早くも独走でGP初優勝を飾る。スペインGPでは不運に見舞われた。トップで走り、このまま行けばランキング2位は確実と思われた状況だったのだが、ブラインドコーナーの立ち上がり地点で、クラッシュしたマシンの消火活動のためにコースを横切っていた消防士と片山が激突してしまったのだ。片山は転倒し、そのままリタイア。消防士は即死という不幸な結果となった。この年はシーズン後半の6戦しか出場しなかったにもかかわらず、ランキング4位を獲得。決勝レースの半分以上は、いったんはトップを走るという活躍を見せた。また、当時、片山はトレードマークとして、テントウムシのイラストをリアカウルに描いてレースに出場していた。片山敬済 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のロードレース世界選手権

    1972年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1960年代の終わりにグランプリから撤退した日本メーカーの中で最初にワークス活動を再開したのは、すでに市販マシンで中排気量クラスを支配しつつあったヤマハだった。この年、ヤマハは250ccと350ccの市販マシンである空冷のTR/TDシリーズをパーツの共通化を図ったTR3/TD3へと進化させてこれまで同様に多くのプライベーターたちに歓迎されていたが、それとは別に両クラスに事実上のワークスマシンである水冷の新型マシンを投入してロドニー・ゴウルドやケント・アンダーソンといった契約ライダーを乗せ、同時に日本選手権で活躍していた金谷秀夫をグランプリに参戦させたのである。翌年には、この新型マシンをベースとした市販マシンである水冷のTZシリーズがリリースされることになる。またその一方で、ヤマハは第二次ワークス活動の本命ともいえる500ccクラス参戦の準備を進めており、この年の9月には水冷4気筒のYZR500のテストを開始していた。1972年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のロードレース世界選手権

    1973年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年は、前年にワークス活動を再開したヤマハがいよいよ500ccクラスにワークスマシンを投入したシーズンである。重要なマーケットであるアメリカ最大のロードレース、デイトナ200で勝つために350ccを二つ並べた並列4気筒700ccのマシンを開発していたヤマハは、それと並行して同じシャーシを使った500ccマシンの開発も進めており、この500ccワークスマシンYZR500を前年の250ccチャンピオンであるヤーノ・サーリネンと日本のエースである金谷秀夫の2人に託して開幕戦フランスGPでデビューさせたのである。1973年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のロードレース世界選手権

    1974年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年の最大のトピックは、ジャコモ・アゴスチーニのヤマハへの移籍である。前年、7年間に渡って守り続けた500ccクラスのタイトルを後からチームにやってきたフィル・リードに奪われたアゴスチーニは、シーズンが終わると9年間在籍したMVアグスタを離れ、MVアグスタの4ストロークにとって最大の脅威であったヤマハの2ストロークでリードに挑むことを決めた。エースライダーのヤーノ・サーリネンの事故死によって前シーズンの半ばにしてワークスチームを撤退させたヤマハだったがアゴスチーニという強力なライダーを得てこの年の開幕戦からの復帰を決定し、リヤサスペンションにロードレーサーとしては初となるモノショックを採用した改良型のYZR500を投入したのである。1974年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のロードレース世界選手権

    1975年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1975年は、マシンとライダーの両面において世代交代を感じさせるシーズンとなった。前年、長く慣れ親しんだMVアグスタから最大のライバルであるヤマハへ移籍したジャコモ・アゴスチーニは前人未到の15個目のタイトルを獲得したが、これは2ストロークエンジンのマシンによる初めての500ccクラスタイトルであると同時にアゴスチーニ自身にとっては最後のタイトルとなったのである。1975年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    - MVアグスタがワークス活動を停止。ヤマハが第3戦フランスGPから参戦。エルンスト・デグナー(東ドイツ)が西ドイツに亡命。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
650件中 1 - 10件表示