650件中 11 - 20件表示
  • 全日本オートバイ耐久ロードレース

    全日本オートバイ耐久ロードレースから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    それでも当時の日本ではほぼ唯一の本格的なオートバイレースであり、ホンダ、ヤマハ、スズキといった後にロードレース世界選手権で活躍するメーカーがその技術を磨いて世界レベルに追いつくきっかけとなった。また、北野元、高橋国光、伊藤史朗ら、後にロードレース世界選手権や4輪レースで活躍する多くの選手を輩出した。全日本オートバイ耐久ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のロードレース世界選手権

    1965年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    一方、小排気量クラスにおける4ストロークのホンダと、2ストロークのヤマハ、スズキとの技術競争にはますます拍車がかかっていた。ヤマハは125ccの2気筒を水冷化し、シーズン終盤には125ccの2気筒を2段重ねにした250ccV型4気筒のマシンを投入。スズキも250cc水冷スクエア4に続いて125ccのマシンを水冷化、50ccクラスには水冷2気筒のマシンを走らせた。対するホンダは前年の250cc6気筒に加えて、この年の2月には125cc5気筒マシンの開発をスタートさせ、最終戦で実戦に投入している。また、以前から最高峰クラスへの参戦を噂されていたホンダは、やはりこの年の2月から350ccモデルをベースにした500ccマシンの開発を始めていた。1965年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のロードレース世界選手権

    1966年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年は、から始まったホンダのロードレース選手権での活動がひとつのピークを迎えたシーズンである。以前から噂されていたホンダの500ccクラス参戦がこの年ついに現実となり、初めて全てのクラスにワークスマシンを送り込んだ。大排気量クラスではMVアグスタの3気筒が、中小排気量クラスではヤマハやスズキの2ストローク勢がライバルとなったホンダは、チームの中心的存在だったジム・レッドマンが怪我でシーズンを棒に振るというアクシデントがあったものの、MVアグスタから移籍したマイク・ヘイルウッドがレッドマンの後を引き継いで軽量級のエースライダーであるルイジ・タベリとともに活躍し、3つのライダース・タイトルに加えて5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げた。そしてこのシーズン終了後、ホンダは当初の目的を達成したとして50ccクラスと125ccクラスからの撤退を発表したのである。1966年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年、ジャコモ・アゴスチーニの手によって500ccクラスタイトルを獲得したヤマハだが、オイルショックの影響によってこの年のワークス活動を休止した。そして前年ついに長年守り続けたタイトルを失ったMVアグスタも、経営状態の悪化を理由にチームを解散した。一方のスズキは、チームの運営はイギリスなどのヨーロッパ現地法人に任せて日本の本社からはアドバイザーを送り込む形にし、負担を減らすとともに日本での開発ペースを上げられるように大幅に体制を変更した。同時にスズキは前年型のワークスマシンをベースにした市販マシン(名称はワークスマシンと同じRG500だった)をリリースし、ヤマハやMVアグスタの撤退によって乗るマシンを失ったアゴスチーニやフィル・リードをはじめとする多くのライダーがこぞってこの市販RGを購入した結果、この年の500ccクラスはランキング上位の大半をスズキのマシンに乗るライダーが占めることとなった。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1977年は、15回ワールドタイトルを獲得したジャコモ・アゴスチーニがグランプリを走った最後のシーズンとなった。前年はワークス活動を休止したヤマハがグランプリに復帰し、再びYZRを得たアゴスチーニだったが500ccクラスで2位が2回、350ccクラスで2位が1回とついにこの年は1勝も挙げることができず、今シーズンを最後に引退することを決意したのである。アゴスチーニが残した15の世界タイトルと122のGP優勝という記録は、その後も誰にも破られていない。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・DT

    ヤマハ・DTから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・DT(ディーティー)とは、ヤマハ発動機が製造販売しているデュアルパーパスタイプのオートバイである。シリーズ車種として数車種が生産されているが、現在日本国内での販売は行われていない。ヤマハ・DT フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権

    ロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    かつてはイルモア、WCMといったプライベーターがオリジナルマシンで参戦していたほか、スズキやカワサキがワークス・チームを送り込んでいたが、現在出場しているのはヤマハ、ホンダ、ドゥカティの3メーカー、ワークスマシンの貸与等を受けられるサテライトチームに、市販車ベースで参戦するCRTとなっている。このクラスのみチームタイトルが懸けられる。ロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のロードレース世界選手権

    1968年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    日本のメーカーの中でもヤマハはグランプリに留まり、フィル・リードとビル・アイビーのチームメイト同士が125ccと250ccの両クラスでハイレベルなタイトル争いを繰り広げたが、この2人の戦いは後に禍根を残すものとなってしまった。この時代は、有力なワークスチームが確実にタイトルを獲るためにチームオーダーによってレースの勝敗そのものをコントロールするということがごく普通に行われており、この年のヤマハも両クラスのタイトルを確実なものとするために125ccはリードに、250ccはアイビーにそれぞれタイトルを獲らせようとしていた。しかし、ヤマハもワークスを撤退させると予想していたリードはこの年がタイトル獲得の最後のチャンスだと考え、125ccに加えて250ccのタイトルも獲りにいったのである。思惑通りにダブルタイトルを獲得したリードだったが、リードのこの行為に激怒したアイビーは4輪レースへの転向を発表した。そしてリードの予想通りにヤマハもこの年限りでワークス活動を休止し、リードは以後ヤマハの市販マシンでグランプリを戦うがヤマハがリードに対してサポートすることはなく、リードの引退後も両者の関係は疎遠なままとなってしまっている。1968年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のロードレース世界選手権

    1969年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この大掛かりなレギュレーション変更により、一世を風靡した日本メーカーのワークスマシンの多くがグランプリに出場することはできなくなり、シーズンをもってワークス活動を停止したホンダ、スズキに続いてヤマハもこの年からワークスチームを送らないことを決定した。代わってヨーロッパの小さなファクトリーのマシンを駆るライダーたちには大きなチャンスが生まれることになった。一方、ヤマハやカワサキは新レギュレーションに適合した市販マシンをリリースして多くの力のあるプライベーターたちに歓迎された。1969年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のロードレース世界選手権

    1971年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    相変わらずMVアグスタとジャコモ・アゴスチーニによる大排気量クラスの支配は続いていたが、日本メーカーの2ストローク市販マシンの台頭はMVアグスタにとって無視できないものになりつつあった。レース活動の原動力だったアグスタ伯爵をこの年の2月に亡くしたMVアグスタだがグランプリ活動の継続を決定し、3気筒マシンを更にパワーアップさせる一方でシーズン終盤の地元イタリアGPでは次期主力となる新たな4気筒マシンをデビューさせている。しかし、350ccクラスではアゴスチーニに続くランキング上位のほとんどをヤマハのマシンに乗るライダーが占め、MVアグスタが出場しなかったレースという条件付きながら2ストロークのマシンが500ccクラスでの初勝利を記録するなど、2ストロークの波が確実に大排気量クラスにも迫っていることを感じさせるシーズンとなった。1971年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

650件中 11 - 20件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード