811件中 11 - 20件表示
  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2016年3月1日にヤマハ発動機に対抗するためヤンマーホールディングス(ヤンマー)とマリン事業分野で業務提携を発表、同年4月4日に米マイクロソフトと合弁でコネクテッドカー関連の研究開発および商品開発を行う新会社「Toyota Connected」(トヨタ・コネクテッド)設立を発表した。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年、ジャコモ・アゴスチーニの手によって500ccクラスタイトルを獲得したヤマハだが、オイルショックの影響によってこの年のワークス活動を休止した。そして前年ついに長年守り続けたタイトルを失ったMVアグスタも、経営状態の悪化を理由にチームを解散した。一方のスズキは、チームの運営はイギリスなどのヨーロッパ現地法人に任せて日本の本社からはアドバイザーを送り込む形にし、負担を減らすとともに日本での開発ペースを上げられるように大幅に体制を変更した。同時にスズキは前年型のワークスマシンをベースにした市販マシン(名称はワークスマシンと同じRG500だった)をリリースし、ヤマハやMVアグスタの撤退によって乗るマシンを失ったアゴスチーニやフィル・リードをはじめとする多くのライダーがこぞってこの市販RGを購入した結果、この年の500ccクラスはランキング上位の大半をスズキのマシンに乗るライダーが占めることとなった。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1977年は、15回ワールドタイトルを獲得したジャコモ・アゴスチーニがグランプリを走った最後のシーズンとなった。前年はワークス活動を休止したヤマハがグランプリに復帰し、再びYZRを得たアゴスチーニだったが500ccクラスで2位が2回、350ccクラスで2位が1回とついにこの年は1勝も挙げることができず、今シーズンを最後に引退することを決意したのである。アゴスチーニが残した15の世界タイトルと122のGP優勝という記録は、その後も誰にも破られていない。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のロードレース世界選手権

    1965年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    一方、小排気量クラスにおける4ストロークのホンダと、2ストロークのヤマハ、スズキとの技術競争にはますます拍車がかかっていた。ヤマハは125ccの2気筒を水冷化し、シーズン終盤には125ccの2気筒を2段重ねにした250ccV型4気筒のマシンを投入。スズキも250cc水冷スクエア4に続いて125ccのマシンを水冷化、50ccクラスには水冷2気筒のマシンを走らせた。対するホンダは前年の250cc6気筒に加えて、この年の2月には125cc5気筒マシンの開発をスタートさせ、最終戦で実戦に投入している。また、以前から最高峰クラスへの参戦を噂されていたホンダは、やはりこの年の2月から350ccモデルをベースにした500ccマシンの開発を始めていた。1965年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のロードレース世界選手権

    1966年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年は、から始まったホンダのロードレース選手権での活動がひとつのピークを迎えたシーズンである。以前から噂されていたホンダの500ccクラス参戦がこの年ついに現実となり、初めて全てのクラスにワークスマシンを送り込んだ。大排気量クラスではMVアグスタの3気筒が、中小排気量クラスではヤマハやスズキの2ストローク勢がライバルとなったホンダは、チームの中心的存在だったジム・レッドマンが怪我でシーズンを棒に振るというアクシデントがあったものの、MVアグスタから移籍したマイク・ヘイルウッドがレッドマンの後を引き継いで軽量級のエースライダーであるルイジ・タベリとともに活躍し、3つのライダース・タイトルに加えて5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げた。そしてこのシーズン終了後、ホンダは当初の目的を達成したとして50ccクラスと125ccクラスからの撤退を発表したのである。1966年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    - MVアグスタがワークス活動を停止。ヤマハが第3戦フランスGPから参戦。エルンスト・デグナー(東ドイツ)が西ドイツに亡命。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本オートバイ耐久ロードレース

    全日本オートバイ耐久ロードレースから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    それでも当時の日本ではほぼ唯一の本格的なオートバイレースであり、ホンダ、ヤマハ、スズキといった後にロードレース世界選手権で活躍するメーカーがその技術を磨いて世界レベルに追いつくきっかけとなった。また、北野元、高橋国光、伊藤史朗ら、後にロードレース世界選手権や4輪レースで活躍する多くの選手を輩出した。全日本オートバイ耐久ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • 水上オートバイ

    水上オートバイから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    メーカー別では、ジェットスキー(カワサキ)、マリンジェット(ヤマハ)、シードゥー(ボンバルディア)が登録商標となっている。しかし、特に「ジェットスキー」の名称は水上オートバイ全体を指す名称として使用されることがある。なお、シードゥーには、エンジンや推進システムに水上バイクと同様のものを用いるが、乗員毎に独立した(直列に跨るものでない)シートを備え、環状のステアリングにより操舵する、スポーツボート(4-10人乗り)と呼ぶものがある。このようなタイプのボートは通常「ジェットボート」と呼ばれ、水上バイクと区別される。水上オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権

    ロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    かつてはイルモア、WCMといったプライベーターがオリジナルマシンで参戦していたほか、カワサキがワークス・チームを送り込んでいたが、現在出場しているのはヤマハ、ホンダ、スズキ、ドゥカティ、アプリリア、KTMの6メーカーと、ワークスマシンの貸与等を受けられるサテライトチームとなっている。ロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 無人航空機

    無人航空機から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    日本では、1950年代から研究が開始されており、主に偵察分野で無人機を活用している他、無人ヘリコプターからのミサイル攻撃などを研究している。近年では、中国が、無人機の開発で急速に存在感を増しつつある。日本では、幅広い産業分野で無人航空機が利用されており、特に農業では農薬散布に広く利用されている。世界で初めて、産業用無人ヘリを開発したのは日本のヤマハ発動機であり、農林水産省から委託を受けて神戸技研が二重反転式ローターのRCASSの開発を進めていたが難航したため、撤退して、その後、1985年からエンジンの供給元であったヤマハ発動機が引き継ぎ、ヒロボーの協力で1987年に開発、翌年から実際に販売された。無人航空機 フレッシュアイペディアより)

811件中 11 - 20件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード