811件中 21 - 30件表示
  • 1968年のロードレース世界選手権

    1968年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    日本のメーカーの中でもヤマハはグランプリに留まり、フィル・リードとビル・アイビーのチームメイト同士が125ccと250ccの両クラスでハイレベルなタイトル争いを繰り広げたが、この2人の戦いは後に禍根を残すものとなってしまった。この時代は、有力なワークスチームが確実にタイトルを獲るためにチームオーダーによってレースの勝敗そのものをコントロールするということがごく普通に行われており、この年のヤマハも両クラスのタイトルを確実なものとするために125ccはリードに、250ccはアイビーにそれぞれタイトルを獲らせようとしていた。しかし、ヤマハもワークスを撤退させると予想していたリードはこの年がタイトル獲得の最後のチャンスだと考え、125ccに加えて250ccのタイトルも獲りにいったのである。思惑通りにダブルタイトルを獲得したリードだったが、リードのこの行為に激怒したアイビーは4輪レースへの転向を発表した。そしてリードの予想通りにヤマハもこの年限りでワークス活動を休止し、リードは以後ヤマハの市販マシンでグランプリを戦うがヤマハがリードに対してサポートすることはなく、リードの引退後も両者の関係は疎遠なままとなってしまっている。1968年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のロードレース世界選手権

    1969年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この大掛かりなレギュレーション変更により、一世を風靡した日本メーカーのワークスマシンの多くがグランプリに出場することはできなくなり、シーズンをもってワークス活動を停止したホンダ、スズキに続いてヤマハもこの年からワークスチームを送らないことを決定した。代わってヨーロッパの小さなファクトリーのマシンを駆るライダーたちには大きなチャンスが生まれることになった。一方、ヤマハやカワサキは新レギュレーションに適合した市販マシンをリリースして多くの力のあるプライベーターたちに歓迎された。1969年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のロードレース世界選手権

    1971年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    相変わらずMVアグスタとジャコモ・アゴスチーニによる大排気量クラスの支配は続いていたが、日本メーカーの2ストローク市販マシンの台頭はMVアグスタにとって無視できないものになりつつあった。レース活動の原動力だったアグスタ伯爵をこの年の2月に亡くしたMVアグスタだがグランプリ活動の継続を決定し、3気筒マシンを更にパワーアップさせる一方でシーズン終盤の地元イタリアGPでは次期主力となる新たな4気筒マシンをデビューさせている。しかし、350ccクラスではアゴスチーニに続くランキング上位のほとんどをヤマハのマシンに乗るライダーが占め、MVアグスタが出場しなかったレースという条件付きながら2ストロークのマシンが500ccクラスでの初勝利を記録するなど、2ストロークの波が確実に大排気量クラスにも迫っていることを感じさせるシーズンとなった。1971年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・マモラ

    ランディ・マモラから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    - ロードレース世界選手権250ccクラス 4位 (ヤマハランディ・マモラ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・DT

    ヤマハ・DTから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    DT(ディーティー)とは、ヤマハ発動機が製造販売しているデュアルパーパスタイプのオートバイである。シリーズ車種として数車種が生産されているが、現在日本国内での販売は行われていない。ヤマハ・DT フレッシュアイペディアより)

  • 1967年のロードレース世界選手権

    1967年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年、5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げたホンダは、技術開発という目的を達成したとしてこの年から50ccクラスと125ccクラスへのワークス参戦を取り止めた。同時にチームの中心的存在であったジム・レッドマンと軽量クラスのエースであったルイジ・タベリも昨シーズン限りで引退し、マイク・ヘイルウッドとラルフ・ブライアンズの2人がチームを牽引することになった。500ccクラスではヘイルウッドがMVアグスタのジャコモ・アゴスチーニと互いに一歩も譲らないタイトル争いをシーズンの最後まで繰り広げ、250ccクラスでもヘイルウッドとブライアンズはヤマハのフィル・リード、ビル・アイビーとの熾烈な戦いが繰り広げられた。ホンダがいなくなった125ccクラスはヤマハとスズキの日本製2ストローク同士の争いとなり、50ccクラスはライバルのいなくなったスズキが完全に支配した。1967年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 根本健

    根本健から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    航空機の趣味は高校生になっても続いており、父の知り合いが勤務する自衛隊の航研まで通うためにバイクを購入することにし、バイク選びのためにバイク雑誌を購読する。当時発行されていたバイク雑誌は『オートバイ』と『モーターサイクリスト』の2誌であった。根本はこれらの雑誌に掲載されていたWGPの記事に夢中になる。その頃はちょうど日本のバイクメーカーがWGPに挑戦し始めていた時期で、ホンダがチャンピオンシップを獲得し、日本メーカー同士の熾烈な戦いが繰り広げられていた。根本はちょうどこの頃、航空機への興味が薄れ始めていた。当時、「戦争がないと航空機産業は発展しない……」と言われていたことに矛盾を感じたことが航空機から興味を失う要因の一つとなった。そして、バイクの免許を取得してヤマハYG-1(2ストローク、75cc)を購入する。通学していた高校の規則ではバイク通学は禁止であったが、課外授業で酒匂川へ行く日に、他の生徒はバスに乗車して目的地に向ったが、根本はYG-1を走らせてそのバスに手を振りながら追い抜き、1週間の停学処分となる。その後、当時あった船橋サーキットに四輪車のレースを観戦に行ったのだが、そこでたまたまWGPマシンのエキシビションレースを見ることになり、これが切っ掛けでGPマシンへ興味を抱くことになり、マン島TTを走ってみたい、と憧れるようになる。それからは根本は、ヤマハYG-1(75cc)→ホンダCB125(125cc)→ヤマハYM-1(305cc)へと乗り換えていく。根本はチームに入会する。チームではメンバーが購入資金を出し合い、市販ロードレーサーヤマハTD-1C(250cc)を2台入手する。TD-1Cの試乗は富士スピードウェイで行なったが、当時は30度バンクが使用されていた。根本は自分自身のロードレーサーを入手するためにヤマハYM-1を売却し、ブリヂストンGB-1を中古で購入する。当時はブリヂストンもロードレーサーを製造していた。根本健 フレッシュアイペディアより)

  • ダカール・ラリー

    ダカール・ラリーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2009年にMOTO/BIKE部門から独立した全地形対応車(四輪バギー)のための部門。グループ3と呼ばれる規定で、二輪駆動・単気筒・最大750ccのグループ3.1と、四輪駆動・2気筒・最大900ccのグループ3.2に分けられている。部門創設から2017年現在までの全ての開催でヤマハ発動機が部門制覇を収めている。ダカール・ラリー フレッシュアイペディアより)

  • ラグーナテンボス

    ラグーナテンボスから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    敷地内には、トヨタ自動車、中部電力、ヤマハ発動機など民間企業出資で設立した海陽中等教育学校がある。ラグーナテンボス フレッシュアイペディアより)

  • ヤンマー

    ヤンマーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2016年(平成28年)3月1日、ヤマハ発動機に対抗するためトヨタ自動車とマリン事業分野において業務提携することを基本合意したと発表する。ヤンマー フレッシュアイペディアより)

811件中 21 - 30件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード