650件中 21 - 30件表示
  • 軽雪上車

    軽雪上車から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    最初に配備されたのは1986年度で、ヤマハ発動機のS340をベース車両として採用され、無線機や装備の積載用に細かい改造が加えられた。1997年度からはヤマハ発動機のET410TRをベースとした車両が採用された。これによりセルモーターや後退ギアなどの装備が追加された。現在のベース車はヤマハ発動機のVK540IIIで、前進ギアが2段となり、トラック幅が381mmから508mmと拡大された。軽雪上車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・4A-GE

    トヨタ・4A-GEから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    これは、2T-G系が度重なる自動車排出ガス規制に対応するために当初よりもパワーダウンして陳腐化したことや、基本設計の設計年次の古さも原因となっていた。ベースとなったエンジンは直列4気筒1,500ccの3A-Uで、トヨタ2000GTの開発でもパートナーシップを組んだヤマハ発動機との共同開発によって誕生した新世代のスポーツユニットである。ベースの3A-U型はSOHC方式のヘッドユニットであったが、これを2T-G系と同じくDOHC方式に変更した。2T-G系では2バルブだったものを、現代のDOHCエンジンと同じく吸気2バルブ・排気2バルブの1気筒当たり4バルブとなる16バルブへと進化させ、後に登場するAE101系カローラ・スプリンターへの搭載モデルからは吸気が3バルブとなった1気筒当たり5バルブの20バルブヘッドへ進化している。トヨタ・4A-GE フレッシュアイペディアより)

  • 1967年のロードレース世界選手権

    1967年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年、5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げたホンダは、技術開発という目的を達成したとしてこの年から50ccクラスと125ccクラスへのワークス参戦を取り止めた。同時にチームの中心的存在であったジム・レッドマンと軽量クラスのエースであったルイジ・タベリも昨シーズン限りで引退し、マイク・ヘイルウッドとラルフ・ブライアンズの2人がチームを牽引することになった。500ccクラスではヘイルウッドがMVアグスタのジャコモ・アゴスチーニと互いに一歩も譲らないタイトル争いをシーズンの最後まで繰り広げ、250ccクラスでもヘイルウッドとブライアンズはヤマハのフィル・リード、ビル・アイビーとの熾烈な戦いが繰り広げられた。ホンダがいなくなった125ccクラスはヤマハとスズキの日本製2ストローク同士の争いとなり、50ccクラスはライバルのいなくなったスズキが完全に支配した。1967年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 根本健

    根本健から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    航空機の趣味は高校生になっても続いており、父の知り合いが勤務する自衛隊の航研まで通うためにバイクを購入することにし、バイク選びのためにバイク雑誌を講読する。当時発行されていたバイク雑誌は『オートバイ』と『モーターサイクリスト』の2誌であった。根本はこれらの雑誌に掲載されていたWGPの記事に夢中になる。その頃はちょうど日本のバイクメーカーがWGPに挑戦し始めていた時期で、ホンダがチャンピオンシップを獲得し、日本メーカー同士の熾烈な戦いが繰り広げられていた。根本はちょうどこの頃、航空機への興味が薄れ始めていた。当時、「戦争がないと航空機産業は発展しない……」と言われていたことに矛盾を感じたことが航空機から興味を失う要因の一つとなった。そして、バイクの免許を取得してヤマハYG-1(2ストローク、75cc)を購入する。通学していた高校の規則ではバイク通学は禁止であったが、課外授業で酒匂川へ行く日に、他の生徒はバスに乗車して目的地に向ったが、根本はYG-1を走らせてそのバスに手を振りながら追い抜き、1週間の停学処分となる。その後、当時あった船橋サーキットに四輪車のレースを観戦に行ったのだが、そこでたまたまWGPマシンのエキシビションレースを見ることになり、これが切っ掛けでGPマシンへ興味を抱くことになり、マン島TTを走ってみたい、と憧れるようになる。それからは根本は、ヤマハYG-1(75cc)→ホンダCB125(125cc)→ヤマハYM-1(305cc)へと乗り換えていく。根本はチームに入会する。チームではメンバーが購入資金を出し合い、市販ロードレーサーヤマハTD-1C(250cc)を2台入手する。TD-1Cの試乗は富士スピードウェイで行なったが、当時は30度バンクが使用されていた。根本は自分自身のロードレーサーを入手するためにヤマハYM-1を売却し、ブリヂストンGB-1を中古で購入する。当時はブリヂストンもロードレーサーを製造していた。根本健 フレッシュアイペディアより)

  • 水上オートバイ

    水上オートバイから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    メーカー別では、ジェットスキー(カワサキ)、マリンジェット(ヤマハ)、シードゥー(ボンバルディア)が登録商標となっている。水上オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    また、動力船(船外機や水上オートバイ)でも、2輪車と同様な利点から2ストロークエンジンが主流であったが、近年は環境・騒音規制に対応する必要もあり、4ストロークエンジン(ヤマハMJ-160FXなど)や環境対応型の2ストロークエンジン(直噴式(ボンバルディアSEADOO 3D-DIなど)又は電子制御式燃料噴射装置と触媒の併用式(ヤマハ MJ-GP1300R))への転換が進んでいる。日本国内でも、琵琶湖では「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」(琵琶湖ルール)により、従来型2ストロークエンジンの使用が禁止(経過措置あり)されるなどの取り組みがなされており、従来型2ストロークエンジンの使用は減少していくものと思われる。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・2000GT

    トヨタ・2000GTから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2000GT(にせんジーティー)は、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハへの生産委託で1967年から1970年までトヨタブランドで限定生産されたスポーツタイプの乗用車である。型式は「MF10」。トヨタ・2000GT フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・マモラ

    ランディ・マモラから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    - ロードレース世界選手権250ccクラス 4位 (ヤマハランディ・マモラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・192

    ジョーダン・192から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1991年に使用された191からの変更点は、V8のフォードHBエンジンに替えて、前年ブラバムが使用したV12のヤマハOX99エンジンを獲得したことである。また、マニュアルトランスミッションのシフト機構は伝統的なHパターンではなく、オートバイのように前後に押し引きするシーケンシャルタイプを導入した(シフトレバーを手前に引くとシフトアップし、奥へ押すとシフトダウンする)。この方式は電子制御のセミオートマチックトランスミッションよりも低コストで済み、Hパターンで起こりやすいギアのセレクトミスを予防する効果があった。ジョーダンがF1で初採用して以降、他のカテゴリのレーシングカーにも広く普及することになった。ジョーダン・192 フレッシュアイペディアより)

  • みゅーじん

    みゅーじんから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    スポンサーはヤマハグループ(ヤマハ・ヤマハ音楽振興会・ヤマハ発動機)、KDDI、富士通ゼネラル。みゅーじん フレッシュアイペディアより)

650件中 21 - 30件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード