650件中 31 - 40件表示
  • ヤマハ・GTS1000/A

    ヤマハ・GTS1000/Aから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・GTS1000/A(ジーティーエスせん/エー)は、ヤマハ発動機が1993年に発売した輸出市場向け4ストローク1003ccの大型自動二輪車である。ヤマハ・GTS1000/A フレッシュアイペディアより)

  • ピエールフランチェスコ・キリ

    ピエールフランチェスコ・キリから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    キリは1982年にレースを始める。1985年にロードレースヨーロッパ選手権125ccクラスのチャンピオンを獲得すると、翌にはロベルト・ガリーナ率いるハーベー(HB)・スズキチームに抜擢され、いきなりロードレース世界選手権の最高峰500ccクラスにデビューすることになった。スズキは当時ワークス活動を休止しており、ヤマハ、ホンダが優位に立っていたが、キリはスズキ勢トップとなるシリーズランキング10位に入る活躍を見せた。ピエールフランチェスコ・キリ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・クリビーレ

    アレックス・クリビーレから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    翌年以降は精彩を欠き、2002年にヤマハのサテライトチームに移籍するが、シーズン前のテスト中に突如レース活動休養を告げ、地元スペインGP前に引退を宣言した。王者となった1999年中から、瞬間的に意識を失う原因不明の症状に悩まされていたことが理由であった1。アレックス・クリビーレ フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のロードレース世界選手権

    1964年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年は500cc・350ccの大排気量クラスがシーズンを通して一方的な展開となったのに対し、250cc以下の小排気量クラスではパワフルだが重い4ストロークのホンダと、ヤマハ・スズキ・MZ・クライドラーといった2ストローク勢との争いがシーズン終盤まで続けられた。軽快な2ストロークマシンに対抗するためにホンダの多気筒化戦略はますます拍車がかかり、シーズン終盤には遂に250cc6気筒のマシンが投入されている。1964年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部典史

    阿部典史から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この時点で阿部はホンダ陣営の所属だったが(サテライトチームのチームブルーフォックスに在籍していた)、この時の実力を高く評価したウェイン・レイニーからの強い誘いにより、シーズン中ながらヤマハ陣営へ異例の移籍を果たし、WGPにさらに2戦スポット参戦した。当時のヤマハは他社のワークス・マシンに乗っていた日本人ライダーと契約する前例はなく、ウェイン・レイニーの強い希望によって実現したといえる。ヤマハ側としても、日本人の500ccグランプリライダー、それも優勝争いに加われるレベルのライダーがたとえ他メーカーの所属だとしても欲しかったこと、バブル崩壊の余波でチームブルーフォックスが経営難に陥っていたため、阿部を引き止められる状況ではなかった(むしろヤマハから違約金をもらってチームの経営を立て直すことが急務だった)ことも要因として挙げられる。阿部典史 フレッシュアイペディアより)

  • アントン・マンク

    アントン・マンクから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    、350ccのヤマハでドイツ選手権のチャンピオンとなったマンクは、同じ年のオーストリアグランプリでグランプリデビューを果たした。アントン・マンク フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    レンタル専用機種として市販スクーターのエンジンを流用したヤマハFK9、無限プレイングカートなどが販売されていた。現在の主流は、一般市販、もしくはレンタル専用フレームにHONDA GXシリーズやスバル EXシリーズなどの汎用4ストロークエンジンを搭載することが多い。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のロードレース世界選手権

    1970年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年の50ccクラスに続いてこの年からは125ccクラスと250ccクラスにも新レギュレーションが導入され、両クラスに出場できるのは2気筒以下のマシンに制限されることになった。これによって日本メーカーのワークスマシンや前年の250ccクラスチャンピオンであるベネリの4気筒などの多気筒マシンはこれらのクラスに出場することができなくなったが、代わって注目されたのが日本のメーカーがロードモデルをベースに開発した市販レーサーたちである。500ccのカワサキH1Rや350ccのヤマハTR2は多くのプライベーターたちに支持され、中でも250ccクラスはランキング上位のほとんどをヤマハTD2に乗るライダーが独占する結果となった。このヤマハのTR/TDシリーズはこれ以降も進化を続け、やがてヤマハの傑作市販マシンであるTZシリーズへと繋がっていくことになる。1970年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・ギア

    ヤマハ・ギアから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・ギア(GEAR)は、ヤマハ発動機が製造販売しているビジネススクータータイプのオートバイである。ヤマハ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • ポート加工

    ポート加工から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    社外品のシリンダーヘッドを購入するという手段は、モータースポーツの世界ではポピュラーな手段であり、古くは日産・L型エンジン用のDOHC・クロスフロー燃焼室のLZヘッドなどが存在した。トヨタは長年、自社製のエンジンブロックにヤマハ発動機製のシリンダーヘッドを組み合わせてスポーティエンジンに仕上げる手法を行っている。ポート加工 フレッシュアイペディアより)

650件中 31 - 40件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード