811件中 31 - 40件表示
  • トヨタ・2000GT

    トヨタ・2000GTから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2000GT(にせんジーティー)は、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハ発動機への生産委託で1967年から1970年までトヨタブランドで生産されたスポーツカータイプの乗用車である。型式は、「MF10」と「MF12L」。極少数ながら廉価版として、SOHCエンジンの2300ccモデルが北米市場向けに限り製造された。トヨタ・2000GT フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハスタジアム

    ヤマハスタジアムから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハスタジアム(Yamaha Stadium)は、静岡県磐田市にあるサッカーやラグビーに使用される球技専用スタジアムである。なお、施設はヤマハ発動機が所有し、運営管理も同社が行っている。なお、磐田市(磐田市観光協会)やヤマハ発動機、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)などのスタジアム呼称はヤマハスタジアム(磐田)である。ヤマハスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    また、動力船(船外機や水上オートバイ)でも、2輪車と同様な利点から2ストロークエンジンが主流であったが、近年は環境・騒音規制に対応する必要もあり、4ストロークエンジン(ヤマハMJ-160FXなど)や環境対応型の2ストロークエンジン(直噴式(ボンバルディアSEADOO 3D-DIなど)又は電子制御式燃料噴射装置と触媒の併用式(ヤマハ MJ-GP1300R))への転換が進んでいる。日本国内でも、琵琶湖では「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」(琵琶湖ルール)により、従来型2ストロークエンジンの使用が禁止(経過措置あり)されるなどの取り組みがなされており、従来型2ストロークエンジンの使用は減少していくものと思われる。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • サイモン・クラファー

    サイモン・クラファーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1991年、マレーシアのスーパーバイク選手権でチャンピオンとなる。には第4戦スペインGP、500ccクラスのレースにハリス・ヤマハのマシンを駆ってデビューを果たす。第8戦ヨーロッパGPからは、ジョン・コシンスキーの後釜としてラッキーストライク・スズキ250ccチームでワークス仕様のRGV-Γ250を駆った。しかしクラファーは、自分の体格には小さすぎる250ccマシンのライディングを楽しむことはできなかった。サイモン・クラファー フレッシュアイペディアより)

  • ピエールフランチェスコ・キリ

    ピエールフランチェスコ・キリから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    キリは1982年にレースを始める。1985年にロードレースヨーロッパ選手権125ccクラスのチャンピオンを獲得すると、翌にはロベルト・ガリーナ率いるハーベー(HB)・スズキチームに抜擢され、いきなりロードレース世界選手権の最高峰500ccクラスにデビューすることになった。スズキは当時ワークス活動を休止しており、ヤマハ、ホンダが優位に立っていたが、キリはスズキ勢トップとなるシリーズランキング10位に入る活躍を見せた。ピエールフランチェスコ・キリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドッズ

    ジョン・ドッズから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1973年 2位(1勝、ヤマハジョン・ドッズ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のロードレース世界選手権

    1970年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年の50ccクラスに続いてこの年からは125ccクラスと250ccクラスにも新レギュレーションが導入され、両クラスに出場できるのは2気筒以下のマシンに制限されることになった。これによって日本メーカーのワークスマシンや前年の250ccクラスチャンピオンであるベネリの4気筒などの多気筒マシンはこれらのクラスに出場することができなくなったが、代わって注目されたのが日本のメーカーがロードモデルをベースに開発した市販レーサーたちである。500ccのカワサキH1Rや350ccのヤマハTR2は多くのプライベーターたちに支持され、中でも250ccクラスはランキング上位のほとんどをヤマハTD2に乗るライダーが独占する結果となった。このヤマハのTR/TDシリーズはこれ以降も進化を続け、やがてヤマハの傑作市販マシンであるTZシリーズへと繋がっていくことになる。1970年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ポート加工

    ポート加工から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    社外品のシリンダーヘッドを購入するという手段は、モータースポーツの世界ではポピュラーな手段であり、古くは日産・L型エンジン用のDOHC・クロスフロー燃焼室のLZヘッドなどが存在した。トヨタは長年、自社製のエンジンブロックにヤマハ発動機製のシリンダーヘッドを組み合わせてスポーティエンジンに仕上げる手法を行っている。ポート加工 フレッシュアイペディアより)

  • トライアル (オートバイ)

    トライアル (オートバイ)から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    日本では、1973年にMFJ主催の第1回全日本トライアル選手権が始まる。初代全日本チャンピオンは木村治男(ヤマハ)である。全日本選手権は全国を転戦し、現在では年間7?8戦開催されている。全日本選手権を頂点として、日本各地を8ブロック(全道・東北・関東・中部・近畿・四国・中国・九州)に区切った地方選手権も開催されている。地方選手権の下では各県大会が開催され、上位選手権への登竜門としての性格を持っているが、最近では楽しみとしてのトライアル大会を望む声が多く、岩手県で毎年行われる出光イーハトーブトライアルをはじめとして、気軽に楽しめる各地のツーリングトライアルや草トライアル大会が賑わいを見せている。トライアル (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 吉野博行

    吉野博行から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    静岡県磐田市出身。日本大学商学部卒業後、ヤマハ発動機に入社。吉野博行 フレッシュアイペディアより)

811件中 31 - 40件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード