811件中 41 - 50件表示
  • 密輸

    密輸から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    軍事転用の恐れがあり、法により輸出を禁止している物資。以前ヤマハ発動機が、中国の企業へ無人ヘリを不正に輸出した。参照:ヤマハ発動機、ミツトヨ密輸 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・RD90

    ヤマハ・RD90から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・RD90は、ヤマハ発動機が製造販売したオートバイである。ヤマハ・RD90 フレッシュアイペディアより)

  • 川上浩

    川上浩から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1983年、源一は後にヤマハ第8代社長になる上島清介・ヤマハ発動機専務に社長就任を打診するが断られ、浩が41歳の若さで第7代社長に就任。源一は『浩が武田勝頼になりはしないか。身内として非常に心配だ』と浩の社長就任の際に語ったという。川上浩 フレッシュアイペディアより)

  • アントン・マンク

    アントン・マンクから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    、350ccのヤマハでドイツ選手権のチャンピオンとなったマンクは、同じ年のオーストリアグランプリでグランプリデビューを果たした。アントン・マンク フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・サロン

    クリスチャン・サロンから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1983年 - ロードレース世界選手権250cc ランキング2位(ソノート・ヤマハ/TZ250)クリスチャン・サロン フレッシュアイペディアより)

  • 吉川和多留

    吉川和多留から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    吉川 和多留(よしかわ わたる、1968年9月26日 - )は、東京都出身のオートバイレーサー。1994年と1999年の全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスチャンピオン。現在はヤマハのロードレース世界選手権MotoGPクラス用マシン、YZR-M1の開発ライダーを務める。またMotoGPのテレビ中継(日テレG+)に時折ゲスト解説者として出演している。吉川和多留 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のロードレース世界選手権

    1964年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この年は500cc・350ccの大排気量クラスがシーズンを通して一方的な展開となったのに対し、250cc以下の小排気量クラスではパワフルだが重い4ストロークのホンダと、ヤマハ・スズキ・MZ・クライドラーといった2ストローク勢との争いがシーズン終盤まで続けられた。軽快な2ストロークマシンに対抗するためにホンダの多気筒化戦略はますます拍車がかかり、シーズン終盤には遂に250cc6気筒のマシンが投入されている。1964年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・クリビーレ

    アレックス・クリビーレから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    翌年以降は精彩を欠き、2002年にヤマハのサテライトチームに移籍するが、シーズン前のテスト中に突如レース活動休養を告げ、地元スペインGP前に引退を宣言した。王者となった1999年中から、瞬間的に意識を失う原因不明の症状に悩まされていたことが理由であった1。アレックス・クリビーレ フレッシュアイペディアより)

  • ジャコモ・アゴスチーニ

    ジャコモ・アゴスチーニから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    アゴスチーニはシーズンをヤマハで戦うと発表し、レース界を驚かせた。日本メーカーのファクトリーライダーとして彼は、アメリカでの2輪レースで最も権威のあるデイトナ200で勝利した。その年彼は350ccのタイトルを獲得したものの、500ccは負傷と機械的問題のためタイトルを逃がした。は500ccのタイトルを獲得、2ストロークマシンで最高峰クラスを初めて制することとなった。ジャコモ・アゴスチーニ フレッシュアイペディアより)

  • テック3

    テック3から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    テック3(Tech 3)は現在ロードレース世界選手権に参戦するフランスのレーシングチーム。MotoGPクラスではモンスター・ヤマハ・テック3の名前で、ヤマハのサテライトチームとして活動している。テック3 フレッシュアイペディアより)

811件中 41 - 50件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード