811件中 51 - 60件表示
  • トヨタ・1JZ-GTE

    トヨタ・1JZ-GTEから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    トヨタ・1JZ-GTEとは、トヨタ自動車製エンジンをベースにヤマハ発動機が開発および生産し、トヨタに供給していた自動車のターボチャージャー付きガソリンエンジン。大きく分けて、2機種存在する。トヨタ・1JZ-GTE フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・RD50

    ヤマハ・RD50から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・RD50は、ヤマハ発動機が1973年(昭和48年)から製造販売した、排気量49立方センチメートル(cm3)の空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したオートバイである。ヤマハ・RD50 フレッシュアイペディアより)

  • 妖精作戦

    妖精作戦から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    愛車「必殺トレーシー(ヤマハCZ125のエンジンをヤマハDT200に換装した物)」を駆る。妖精作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・GTS1000/A

    ヤマハ・GTS1000/Aから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・GTS1000/A(ジーティーエスせん/エー)は、ヤマハ発動機が1993年に発売した輸出市場向け4ストローク1003ccの大型自動二輪車である。ヤマハ・GTS1000/A フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤 真一

    伊藤真一から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    その端整なルックスと国際A級昇格と同時にホンダ・レーシング(HRC、ホンダワークス)入り、しかも当時の最高峰、全日本ロードレース選手権・GP500クラスにいきなり参戦することで『シンデレラボーイ』と騒がれた。初期の頃は上位フィニッシュか転倒かの両極端なレース展開であった。1990年には、1987年から3年連続全日本の500チャンピオンに君臨していたヤマハの藤原儀彦を降し初の全日本タイトルを獲得。伊藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のロードレース世界選手権

    1963年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年活動を休止していたヤマハは大幅に戦闘力を向上させた新型マシンとともにグランプリに復帰し、わずか数戦ながら250ccクラスでは印象的な走りを見せてこれが翌シーズンの活躍につながることになる。一方、翌年からの4輪F1参戦の準備を始めていたホンダはこの年は予算や人員をF1に割くために2輪のワークス活動は縮小し、その代わりに市販レーサーで参加車両の減少を補うという体制だった。1963年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 山本篤 (陸上選手)

    山本篤 (陸上選手)から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞特別チャレンジャー賞(2009年、2012年)山本篤 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=クロード・オリビエ

    ジャン=クロード・オリビエから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ・モーター・フランスの社長を長年務め、二輪のロードレースや耐久レース、モトクロス、ラリーレイドで数々の成功を収めた。パリ-ダカール・ラリー(現ダカール・ラリー)では1985年にライダーとして2位入賞しただけでなく、チームマネージャーとして彼の弟子を6度優勝させた伝説的人物である。ジャン=クロード・オリビエ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・2ZZ-GE

    トヨタ・2ZZ-GEから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    トヨタ・2ZZ-GE(-ツーゼットゼット ジーイー)とは、かつてヤマハ発動機が製造し、トヨタ自動車、および英ロータスに供給していたガソリンエンジンである。トヨタ・2ZZ-GE フレッシュアイペディアより)

  • ダイレクトメタノール燃料電池車

    ダイレクトメタノール燃料電池車から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2003年 第38回東京モーターショーにヤマハ発動機が、ダイレクトメタノール燃料電池を搭載した二輪車の「FC06」を参考出品した。ダイレクトメタノール燃料電池車 フレッシュアイペディアより)

811件中 51 - 60件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード