650件中 51 - 60件表示
  • 妖精作戦

    妖精作戦から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    愛車「必殺トレーシー(ヤマハCZ125のエンジンをDT200に換装した物)」を駆る。妖精作戦 フレッシュアイペディアより)

  • テック3

    テック3から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    テック3 ( Tech 3 ) は現在ロードレース世界選手権に参戦するフランスのレーシングチーム。MotoGPクラスではモンスター・ヤマハ・テック3の名前で、ヤマハのサテライトチームとして活動している。テック3 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツランドSUGO

    スポーツランドSUGOから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    スポーツランドSUGO(スポーツランドすごう)は、宮城県柴田郡村田町菅生にある、ヤマハ発動機の関連会社によって運営されているサーキットである。スポーツランドSUGO フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のロードレース世界選手権

    1963年のロードレース世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年活動を休止していたヤマハは大幅に戦闘力を向上させた新型マシンとともにグランプリに復帰し、わずか数戦ながら250ccクラスでは印象的な走りを見せてこれが翌シーズンの活躍につながることになる。一方、翌年からの4輪F1参戦の準備を始めていたホンダはこの年は予算や人員をF1に割くために2輪のワークス活動は縮小し、その代わりに市販レーサーで参加車両の減少を補うという体制だった。1963年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LFA

    レクサス・LFAから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2005年1月、アメリカ・デトロイトで開催された北米国際オートショーにてコンセプトカー「LF-A」が初公開された。車名のLF-Aとは「Lexus Future Advance」の頭文字を取ったものであり、当時まだ本格的なスポーツカーをラインアップに持たなかったレクサスにおける「フラグシップスポーツカーのコンセプト」として提示されたものに過ぎなかったが、搭載されるエンジンはトヨタ自動車とヤマハ発動機との共同開発によるもので、排気量は5L以下で最高出力は500PS以上、そして最高速度は320km/h(200mph)以上に達するとアナウンスされていた。レクサス・LFA フレッシュアイペディアより)

  • ばくおん!!

    ばくおん!!から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    羽音の同級生。初登場時にすでに普通自動二輪免許を取得しており、愛車はヤマハ・セロー225W。バイクに詳しく、バイクを愛するがゆえにバイクについては色々と一家言あり、ことあるごとにウンチクやかっこ良さそうなセリフを言いたがる(説明役のときの彼女は、バイクのことをあまり知らない読者にもバイクのことを色々と知って貰うための役回りも兼ねている)。逆立つほどの天然パーマをリボンでまとめた明るく元気な女の子。彼女の実家はバイク屋である(但し、故障車や水没車の販売、メーターの巻き戻しを恒常的に行うなど、激安だがかなり怪しい物も扱うジャンク屋である)。天然パーマの髪型を犬猿の仲である凜から「モジャ」と呼ばれている。名前の由来はヤマハのエンブレムである音叉から。「ヤマ坊」「ハー坊」という幼い弟が2人おり、母親代わりに面倒を見ている。免許証の写真は半目開きで両手ピース。実はパイパン。ばくおん!! フレッシュアイペディアより)

  • ジャコモ・アゴスチーニ

    ジャコモ・アゴスチーニから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    母国イタリアのMVアグスタチームに所属していたが、1974年にヤマハに移籍し、1975年に500ccクラスで世界チャンピオンとなる。日本メーカーが世界GPの最高峰500ccクラスで個人タイトルを獲得したのは、これが初だった(メーカータイトルは1966年にホンダが獲得している)。2輪レースを引退後に4輪のヨーロッパF2選手権に参戦するが、既に30歳代半ばだったこともあり目立った成績は残せなかった。ジャコモ・アゴスチーニ フレッシュアイペディアより)

  • スクーター

    スクーターから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    現在もオートバイの製造を行っているメーカーとしてはホンダとがヤマハがそれぞれ、ジュノオとSC-1を発売した。1954年から発売されたジュノオはFRPで覆われた全天候型ボディと片持ち式足回り(KB型)、バダリーニ型無段階変速機(M85型)などを装備した。1960年発売のSC-1は当時のライバル、ラビット・スーパーフロー型を上回る動力特性(2ストローク、10.3馬力)と流体式トルクコンバータを備え、ジュノオ同様に片持ち式サスペンションを採用した。だが実用車のシェアは1958年に発売されたスーパーカブのようなビジネスバイクに移りつつあったため、両社ともこれらに続く製品をスクーター市場に投入することはなかった。スクーター フレッシュアイペディアより)

  • 密輸

    密輸から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    軍事転用の恐れがあり、法により輸出を禁止している物資。以前ヤマハ発動機が、中国の企業へ無人ヘリを不正に輸出した。参照:ヤマハ発動機、ミツトヨ密輸 フレッシュアイペディアより)

  • 資生堂

    資生堂から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機ワークス・チームのスポンサーカラーであるTECH21カラーは、1980年代後半に人気を博したため、排気量別に何種類かモーターサイクルが、ヤマハ発動機から限定販売された。資生堂 フレッシュアイペディアより)

650件中 51 - 60件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード