811件中 61 - 70件表示
  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1980年代から1990年代にF1に参戦した新興チームの中ではもっとも成功したチームのひとつ。ヤマハ、無限ホンダ、ホンダ、トヨタといった日本のエンジンサプライヤーの多くからエンジン供給を受けたチームでもある。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • バリバリ伝説

    バリバリ伝説から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    大学進学後、グンは全日本選手権250ccクラスに参戦して、国際B級ライセンスながらA級ライダーに混じって優勝争いを演じる。また、妹分だった伊藤歩惟(あい)と交際を始める。ヤマハワークスの星野アキラやWGPの強豪カルロス・サンダーとの激闘の末、見事にシリーズチャンピオンを獲得。世界への挑戦を決意し、あいにプロポーズする。バリバリ伝説 フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ用エンジン

    オートバイ用エンジンから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    オートバイ用エンジンはその性格から、古くよりマルチバルブなどの高度なバルブトレーンを持つものが少なくなかった。ヤマハ発動機は1気筒当たり吸気3、排気2のバルブを配置した5バルブエンジンをハイエンド車種を中心に積極的に展開している。オートバイ用エンジン フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・スペンサー

    フレディ・スペンサーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    幼年期からダートトラックレースなどに親しみ、1978年に本格的に二輪ロードレースへの参戦を開始。モトグッツィ、ヤマハ、カワサキなどのライダーを経て1980年にUSホンダと契約。アメリカ国内のレースで大活躍した。この年には鈴鹿8時間耐久ロードレースにもホンダのワークスマシンで出場している。同じ年、ベルギーGPにてオートバイレースの最高峰、世界グランプリ500ccクラスにスポット参戦しグランプリデビューも果たす(この時のみマシンはヤマハのTZ500)。フレディ・スペンサー フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロバーツ

    ケニー・ロバーツから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハの顔的存在として、引退後はヤマハワークスの「チームロバーツ」を率いてWGPに参戦。門下生ウェイン・レイニー(500ccクラス、 - )、ジョン・コシンスキー(250ccクラス、)がチャンピオンを獲得するなど、運営者・指導者としても有能であることを証明した。ケニー・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ローソン

    エディ・ローソンから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    、キング・ケニーのチームメイトとしてマールボロ・ヤマハ・チームと契約し、GP500ccクラス参戦を開始した。翌にはライバルと言われたスペンサーのタイトル防衛を阻止し、早くも初のチャンピオンの座に就いた。1986年とにも圧倒的な強さを見せてチャンピオンを獲得。しかし、88年のシーズン後、チームオーナーのジャコモ・アゴスチーニから「マールボロがスポンサーフィーを減らすので、来年は契約金を減額しなければならない。」という話を聞かされる。チャンピオンを獲得したにも関わらず、ギャラが落ちてしまうことに納得いかなかったローソンは、フィリップモリスのオフィスを訪れ、スポンサー料を増額してもらうよう直談判する。ところがその時に、フィリップモリスがチームへのスポンサーフィーを本当は大幅に増額する予定だったことを知る。一連の話をローソンから聞いたフィリップモリスは、この場で納得できるギャラを払って直接契約しようとまで提案した。しかし、アゴスチーニの嘘に腹を立て、チームと仕事をする意思を失っていたローソンは、フィリップモリスの提案を丁寧に断り、この年限りでヤマハを離脱した。エディ・ローソン フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・NSR250R

    ホンダ・NSR250Rから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ホンダは、WGPでNS500が1983年にチャンピオンを得るなど、レース部門での2ストロークのオートバイの成功を収めた。一方、市販車部門ではヤマハのRZ250/350のヒットにより販売で大きく水をあけられていた。RZに対抗してまずは4ストロークのCBX400FとVT250Fを発売すると爆発的ヒットとなったが、直接競合する2ストローク車種が不在であった事と更にヤマハに差をつけるべく、MVX250Fを投入した。しかし、焼きつきの多発や同時期に発売されたフルカウル、アルミフレームのRG250Γなどに押され、失敗となってしまった。再度、市場に参入すべく1984年のNS250F/Rの発売で販売は互角となった。ヤマハはその後、TZR250を発売しホンダとのリードを広げる。それに対抗すべく1986年にNSR250Rを投入する。抜群の速さを誇るNSRは発売当初から大ヒットする。初代モデルより、ヤマハTZR250R、スズキRGV250Γとの三つ巴による熾烈な2ストローク技術開発競争が繰り広げられ、1987年から1990年の間は毎年モデルチェンジが行われた。NSRのヒットで2ストバイク市場のトップを奪うことになり、その後はTZR250Rと市場を分け合った。NSRは型式で大きくMC16、MC18、MC21、MC28の4種類に分けられる。なお、歴代モデルすべて一貫して始動方法はキックスターターのみを採用し、セルスターターは装備されていなかった。ホンダ・NSR250R フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT59

    ブラバム・BT59から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ブラバム・BT59 (Brabham BT59) は、ブラバムが1990年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。はヤマハエンジンを搭載するBT59Yを使用した。ブラバム・BT59 フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    レンタル専用機種として市販スクーターのエンジンを流用したヤマハFK9、無限プレイングカートなどが販売されていた。現在の主流は、一般市販、もしくはレンタル専用フレームにHONDA GXシリーズやスバル EXシリーズなどの汎用4ストロークエンジンを搭載することが多い。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • みゅーじん

    みゅーじんから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    スポンサーはヤマハグループ(ヤマハ・ヤマハ音楽振興会・ヤマハ発動機)、KDDI、富士通ゼネラル。みゅーじん フレッシュアイペディアより)

811件中 61 - 70件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード