650件中 61 - 70件表示
  • フレディ・スペンサー

    フレディ・スペンサーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    幼年期からダートトラックレースなどに親しみ、1978年に本格的に二輪ロードレースへの参戦を開始。モトグッツィ、ヤマハ、カワサキなどのライダーを経て1980年にUSホンダと契約。アメリカ国内のレースで大活躍した。この年には鈴鹿8時間耐久ロードレースにもホンダのワークスマシンで出場している。同じ年、ベルギーGPにてオートバイレースの最高峰、世界グランプリ500ccクラスにスポット参戦しグランプリデビューも果たす(この時のみマシンはヤマハのTZ500)。フレディ・スペンサー フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロバーツ

    ケニー・ロバーツから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハの顔的存在として、引退後はヤマハワークスの「チームロバーツ」を率いてWGPに参戦。門下生ウェイン・レイニー(500ccクラス、 - )、ジョン・コシンスキー(250ccクラス、)がチャンピオンを獲得するなど、運営者・指導者としても有能であることを証明した。ケニー・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ローソン

    エディ・ローソンから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    、キング・ケニーのチームメイトとしてマールボロ・ヤマハ・チームと契約し、GP500ccクラス参戦を開始した。翌にはライバルと言われたスペンサーのタイトル防衛を阻止し、早くも初のチャンピオンの座に就いた。とにも圧倒的な強さを見せてチャンピオンを獲得。エディ・ローソン フレッシュアイペディアより)

  • 燃料噴射装置

    燃料噴射装置から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    なお大型自動二輪車などでは、一つのボアに直列に二つのバタフライバルブ(ツインバルブなどとも呼ばれる)を設け、片方をアクセルワイヤーで駆動し、もう一つをECUで制御する方式を採用している車種がある。これは燃料噴射装置が直接開閉式キャブレターに近い特性を持っており、エンジン出力が急激に立ち上がる特性のため、ECUによってバルブを制御し、負圧開閉式キャブレターに近い特性を与えて操縦性を向上させる工夫がされている(実際にヤマハ発動機では燃料噴射装置にバタフライバルブに加えて負圧開閉式バルブを採用した車種を発売したことがある)。一種のTCSでもある。燃料噴射装置 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・カブ

    ホンダ・カブから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    ヤマハのメイト、スズキのバーディーなどが競合車種であるが、「カブ」はこれら類似のビジネス・バイクを含めた総称・俗称として使われることもある。ホンダ・カブ フレッシュアイペディアより)

  • ダカール・ラリー

    ダカール・ラリーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    モト部門ではかつてはヤマハ、ホンダ、スズキがワークス・チームを編成して参戦していた。ヤマハはモト部門で1991年、1992年、1993年、1995年、1997年、1998年など9回、ホンダは5回の優勝を手にした。その後、各メーカーともワークス参戦を見送る時期が続いたが、2013年からホンダがCRF450でワークス参戦を復活させている。ダカール・ラリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1980年代から1990年代にF1に参戦した新興チームの中ではもっとも成功したチームのひとつ。ヤマハ、無限ホンダ、ホンダ、トヨタといった日本のエンジンサプライヤーの多くからエンジン供給を受けたチームでもある。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トライアル (オートバイ)

    トライアル (オートバイ)から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    日本では、1973年にMFJ主催の第1回全日本トライアル選手権が始まる。初代全日本チャンピオンは木村治男(ヤマハ)である。全日本選手権は全国を転戦し、現在では年間7?8戦開催されている。全日本選手権を頂点として、日本各地を8ブロック(全道・東北・関東・中部・近畿・四国・中国・九州)に区切った地方選手権も開催されている。地方選手権の下では各県大会が開催され、上位選手権への登竜門としての性格を持っているが、最近では楽しみとしてのトライアル大会を望む声が多く、岩手県で毎年行われる出光イーハトーブトライアルをはじめとして、気軽に楽しめる各地のツーリングトライアルや草トライアル大会が賑わいを見せている。トライアル (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • ビモータ

    ビモータから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1986年末にヤマハとのエンジン供給契約がまとまると、1987年には従来のビモータにはなかったアルミニウム合金製ツインスパーフレームにFZ750のエンジンを搭載したYB4RでTT-F1世界選手権に初参戦し、バージニオ・フェラーリが3勝してタイトルを獲得した。さらに、この車両を基にした公道用市販車YB4E.I.を1988年に発売した。折からのレーサーレプリカブームやプラザ合意以後の円高政策も追い風となり、YB4やDB1の日本での販売台数が他国に比べて飛躍的に伸びる結果となった。ビモータ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    また、ヤマハ発動機からは高性能型DOHCユニットの供給を、本田技研工業からは希薄燃焼システムや排ガス浄化システム(CVCC)の技術供与を受けるなど、高度な技術や、排出ガス対策などの緊急を要する技術に関しては同業他社に援助を請う場合もあったが、受け入れた技術に量産に見合う改良を施すことにかけては実力を発揮する傾向がある。燃焼効率の向上を企図した狭角配置の多バルブDOHCエンジン(ハイメカ・ツインカムと呼ばれる。1986年(昭和61年)に市販開始)の開発と、量産車への搭載などはその一例である。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

650件中 61 - 70件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード