811件中 71 - 80件表示
  • ジョーダン・192

    ジョーダン・192から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1991年に使用された191からの変更点は、V8のフォードHBエンジンに替えて、前年ブラバムが使用したV12のヤマハOX99エンジンを獲得したことである。また、マニュアルトランスミッションのシフト機構は伝統的なHパターンではなく、オートバイのように前後に押し引きするシーケンシャルタイプを導入した(シフトレバーを手前に引くとシフトアップし、奥へ押すとシフトダウンする)。この方式は電子制御のセミオートマチックトランスミッションよりも低コストで済み、Hパターンで起こりやすいギアのセレクトミスを予防する効果があった。ジョーダンがF1で初採用して以降、他のカテゴリのレーシングカーにも広く普及することになった。ジョーダン・192 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部典史

    阿部典史から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この時点で阿部はホンダ陣営の所属だったが(サテライトチームのチームブルーフォックスに在籍していた)、この時の実力を高く評価したウェイン・レイニーからの強い誘いにより、シーズン中ながらヤマハ陣営へ異例の移籍を果たし、WGPにさらに2戦スポット参戦した。当時のヤマハは他社のワークス・マシンに乗っていた日本人ライダーと契約する前例はなく、ウェイン・レイニーの強い希望によって実現したといえる。ヤマハ側としても、日本人の500ccグランプリライダー、それも優勝争いに加われるレベルのライダーがたとえ他メーカーの所属だとしても欲しかったこと、バブル崩壊の余波でチームブルーフォックスが経営難に陥っていたため、阿部を引き止められる状況ではなかった(むしろヤマハから違約金をもらってチームの経営を立て直すことが急務だった)ことも要因として挙げられる。阿部典史 フレッシュアイペディアより)

  • ビモータ

    ビモータから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1986年末にヤマハとのエンジン供給契約がまとまると、1987年には従来のビモータにはなかったアルミニウム合金製ツインスパーフレームにFZ750のエンジンを搭載したYB4RでTT-F1世界選手権に初参戦し、バージニオ・フェラーリが3勝してタイトルを獲得した。さらに、この車両を基にした公道用市販車YB4E.I.を1988年に発売した。折からのレーサーレプリカブームやプラザ合意以後の円高政策も追い風となり、YB4やDB1の日本での販売台数が他国に比べて飛躍的に伸びる結果となった。ビモータ フレッシュアイペディアより)

  • スクーター

    スクーターから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    この状況を横目で見て、オートバイの製造メーカーとも市場に参入し、ホンダとがヤマハがそれぞれ、ジュノオとSC-1を発売した。1954年から発売されたジュノオはFRPで覆われた全天候型ボディと片持ち式足回り(KB型)、バダリーニ型無段階変速機(M85型)などを装備した。1960年発売のSC-1は当時のライバル、ラビット・スーパーフロー型を上回る動力特性(2ストローク、10.3馬力)と流体式トルクコンバータを備え、ジュノオ同様に片持ち式サスペンションを採用した。スクーター フレッシュアイペディアより)

  • 佐野新世

    佐野新世から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2008年 ヤマハWR250Xのプロモーションムービー、カタログのイメージライダーを行っている。ヤマハの仕事が多く、インド・タイなどでのスーパーモタードのデモンストレーションを行った。佐野新世 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツランドSUGO

    スポーツランドSUGOから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    スポーツランドSUGO(スポーツランドすごう)は、宮城県柴田郡村田町菅生にある総合モータースポーツ施設である。ヤマハ発動機の関連会社によって運営され、国際自動車連盟(FIA)公認の国際レーシングコース(グレード2)を含む4つの専用コースを有する、モトクロス世界選手権・日本グランプリの開催地である。スポーツランドSUGO フレッシュアイペディアより)

  • 浜北区

    浜北区から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    区南端に位置している。中条はヤマハ発動機の進出以来市街化が進んでいる。浜北区 フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ヘイデン

    ニッキー・ヘイデンから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    AMAスーパーバイク選手権タイトルを獲得した直後に、ヘイデンはホンダのMotoGPワークス・チームのレプソル・ホンダから、ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦を開始した。チームメイトはディフェンディングチャンピオンのバレンティーノ・ロッシだった。初年度の、第13戦パシフィックGPと第15戦オーストラリアGPでそれぞれ3位表彰台を獲得。年間ランキング5位でデビューシーズンを終え、この年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。しかしは困難な一年を過ごし、第7戦リオGP、第8戦ドイツGPの2回表彰台(各3位)を獲得するが、チャンピオンシップポイントは前年を下回り年間ランキングは8位となる。には第8戦アメリカGP(ラグナ・セカ)で、グランプリにおける初ポールポジション獲得と初優勝を果たす。この年ヤマハからホンダのサテライトチームへ移籍したマルコ・メランドリと、最終戦までランキング2位争いを繰り広げた。ニッキー・ヘイデン フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    前年チャンピオンのデイモン・ヒルはアロウズへ移籍し、ブリヂストンのタイヤ開発に協力した。シーズン前半は苦戦したが、ハンガリーGPで予選3位から順位を上げ、11週目の1コーナーでミハエル・シューマッハを抜くと独走体制に入り、アロウズとヤマハエンジン、ブリヂストンタイヤの初優勝が近づいたが、レース終盤に油圧系トラブルが原因で急失速、ファイナルラップでヴィルヌーヴに抜かれ惜しくも2位に終わったものの、表彰台に駆け付けた観客からはヒルに対する惜しみない歓声が上がった。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    静岡県警察、福岡県警察合同捜査本部、ヤマハ発動機幹部ら3人を、中国に無人ヘリコプターを無断輸出しようとした外国為替法違反容疑で逮捕。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

811件中 71 - 80件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード