811件中 81 - 90件表示
  • 資生堂

    資生堂から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    資生堂のプロモーション活動は、それだけにとどまらなかった。資生堂は鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)に出走するヤマハワークス・チームのメインスポンサーとなり、TECH21のロゴをFZR750(1985年)とYZF750(1986年 - 1990年)の車体及びライディングスーツやスタッフウェアに展開した。資生堂 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・NS500

    ホンダ・NS500から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    1967年を最後にグランプリから撤退していたホンダは、1979年から500ccクラスに復帰するに当たって当時主流であった2ストロークエンジンのマシンではなく、オーバルピストン4ストロークエンジンのNR500という前例の無い実験的なマシンを送り込んでいた。しかし、あまりにも斬新なNR500の開発は思うように進まず、グランプリで勝利するどころか完走もままならず1ポイントも獲得できないという状況が続いていた。当時はいわゆるHY戦争の真っ最中であり、ヤマハやスズキといったライバルに勝つどころかまともに勝負することすらできないという惨敗ぶりに社の内外から非難が集中した。中でもレースの成績が販売成績に直結するヨーロッパの現地法人や関係者からの突き上げは特に厳しかった。そしてついに、朝霞研究所内のレース専任部隊であるNRブロックのブロックリーダーでありホンダの取締役でもあった入交昭一郎は、新たな「すぐに勝てる」2ストロークマシンを開発することを決定した。新型マシンの開発には社内に新たな開発チームを立ち上げるのではなく、NRブロックの中にNR500開発チームとは別に新型マシン開発チームが編成された。車両開発総責任者(LPL)にはNR500のLPLでもあった福井威夫が任命され、1981年1月に2ストローク500ccGPマシンの開発が正式にスタートしたのである。ホンダ・NS500 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーバイク世界選手権

    スーパーバイク世界選手権から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーの旗艦モデルを投入し、レースに参戦しながら技術を競い市販車にフィードバック、市場の拡大に繋げるために切磋琢磨しており、2016年現在、ホンダ(CBR1000RR)、カワサキ(ZX-10R)、ドゥカティ(1199パニガーレR)、アプリリア(RSV4)、BMW(S1000RR)、MVアグスタ(F4)、ヤマハ(YZF-R1)の各マシンが参戦している。スーパーバイク世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 汚れた英雄

    汚れた英雄から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    制作にあたりヤマハ発動機の全面的な協力が得られたことから、ヤマハの関連会社が経営するスポーツランドSUGOで、TZ500や当時のWGP主力マシンであったYZR500を使った模擬レースを開催するなど、現代のロードレースシーンを描くことに成功している。汚れた英雄 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥカティ・デスモセディチ

    ドゥカティ・デスモセディチから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2002年からロードレース世界選手権(MotoGP)の最高峰クラスがGP500からMotoGPクラスに変更されるに伴い、参戦できるマシンのレギュレーションも大きく変わった。特に大きな変更点はエンジン排気量に関するもので、それ以前は2ストロークエンジン(以下2st)・4ストロークエンジン(以下4st)ともに排気量の上限は500ccだった(同じ排気量では2stの方が高出力であり有利である)のが、変更後は4stのみ990ccまでに拡大された。このため4stエンジンのマシンが有利になるため、以前から参戦していたホンダ・ヤマハ・スズキといったメーカーは2000年頃から4st990ccマシンを開発し、2002年からの参戦に備えていた。ドゥカティ・デスモセディチ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・YZF-R25

    ヤマハ・YZF-R25から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    YZF-R25(ワイゼットエフ アール・ツー・ファイブ)、は、ヤマハ発動機がインドネシアの現地法人であるPT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)で製造販売している250ccのオートバイである。ヤマハ・YZF-R25 フレッシュアイペディアより)

  • ばくおん!!

    ばくおん!!から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    初登場時にすでに普通自動二輪免許を取得して、登校初日から通学にも利用しており、愛車はスクラップの車両をニコイチにしたヤマハ・セロー225W。ヘルメットは当初SHOEIのJ-FORCE IIを着用していたが、羽音に譲って(取られて?)からはZENITHのジェット型を着用している。バイクの知識が豊富で、バイクを愛するがゆえにバイクについては色々と一家言あり、ことあるごとにうんちくや格好良さそうなセリフを言いたがる(バイクに詳しくない読者に対しての説明役も兼ねている)。犬猿の仲である凜からは、天然パーマの髪型を揶揄され「モジャ」と呼ばれている。彼女の実家はバイク屋「ニコイチモータース」だが、故障車や水没車の販売、メーターの巻き戻しを恒常的に行うなど、激安だがかなり怪しい物も扱う正規代理店契約を破棄されたジャンク屋である。ばくおん!! フレッシュアイペディアより)

  • 藤木由貴

    藤木由貴から見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    東京モーターショー2015「ヤマハ発動機ブース」(2015年10月 - 11月、幕張メッセ)藤木由貴 フレッシュアイペディアより)

  • SUBARU

    SUBARUから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    2016年10月1日、産業機器部門が自動車部門に統合されたが、その後12月7日に「2017年9月30日をもって事業を終息し、一部技術資産と米国販売子会社10月1日付けでヤマハ発動機へ譲渡する契約を締結した」と正式に発表した。これにより、SUBARUは今後自動車生産と航空関連に特化した企業となり、商号変更とともに新時代を迎えることとなる。SUBARU フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ブラッドショー

    デイモン・ブラッドショーから見たヤマハ発動機ヤマハ発動機

    そのインパクトのある名前と、独特のアグレッシブなライディングで日本でも非常に人気の高かったライダーである。闘争心剥き出しのレース振りとは裏腹に非常に繊細なライダーでもあり、そのために掴みかけていたAMAスーパークロスのタイトルを最終戦で手放してしまった事もあった。1988年に行われたジャパンスーパークロスで、16歳の若さでリック・ジョンソンを破って優勝するなど、10代の頃からヤマハのエースライダーとして活躍、将来を嘱望されていたが、1993年のシーズン終了後、21歳の若さで突如引退してしまう(バーンアウト症候群が原因だとといわれている)。その後、1997年に一旦は復帰するものの、再度引退。2002年には三度復帰、アリーナクロスに参戦するものの負傷のために三度目の引退、そのままライダーとしてのキャリアに終止符を打った。デイモン・ブラッドショー フレッシュアイペディアより)

811件中 81 - 90件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード