前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示
  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たヤマハ

    飛行機プロペラなどの軍需生産のための製造設備の平和利用を目的とし、日本楽器製造(現ヤマハ)社内でのオートバイ生産を開始、1955年(昭和30年)7月1日に日本楽器製造から分離される形で、オートバイ製造販売業としてスタートした。この関係でヤマハと同様の「YAMAHA」ロゴや、円の中に音叉が3つ組み合わさったマークを使っているが、どちらも2社で細部の違いがある。ロゴに使用されている各文字のアルファベットの形がおのおの左右非対称なのがヤマハ、左右対称なのがヤマハ発動機、また、"M"の真ん中の谷の部分が地面についていないものがヤマハ、地面についているものがヤマハ発動機である。音叉マークは、音叉の持ち手が周りの円より内側に入っているものがヤマハ、持ち手が円に被り、マーク全体に立体感が付けられたものがヤマハ発動機である。これにより、どちらの製品かを見分けることが可能である。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たトヨタ自動車

    一般によく知られているオートバイ・スクーターなどの自動二輪車部門だけでなく、ボート、船外機、漁船、ヨット、マリンジェットなどのマリン製品、スノーモビル、バギーなどのレジャービークル、電動自転車、電動スクーターなどのEV、産業ロボット、表面実装機などの産業機器、ヒロボーとの共同開発による農業用無線操縦ヘリコプター「RMAX」、更には除雪機、発電機、プール設備など様々な製品を展開している。自動車用関連では、従来よりエンジン供給を行ってきたトヨタ自動車の他にも、販路をフォードグループへ拡大。フォード・PUMAなどに搭載された。2005年(平成17年)からヤマハ製のV8 4.4Lエンジンを搭載したボルボ・XC90が発売された。また、パフォーマンスダンパーと呼ばれる車体性能向上装置や相互連携ショックアブソーバシステムなどを開発している。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たヤンマー

    産業用無人ヘリコプター(ヤンマーヘリサービスにもOEMとして供給している)ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見た本田技研工業

    1955年(昭和30年)に日本国内レースである富士登山レースや浅間火山レースに出場し、ホンダなどの先行有力メーカーを抑えて優勝するなど、創業直後から積極的にモータースポーツに参加し成功を収めている。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たデイモン・ヒル

    1997年(平成9年)にはアロウズにOX11Aを供給。ハンガリーGPではデイモン・ヒルの手によって、ラスト1周までトップを快走したが、2位に終わり初優勝はならなかった。アロウズ(当時代表であったトム・ウォーキンショウ)側は1998年に自身が買収したハートエンジンにヤマハのバッヂを付けて出場する事をヤマハ側に提案するが、ヤマハ側はこれを拒否しアロウズとは決別。他の供給先を探すが、既に供給先に空きはなく、結局この年限りヤマハとしてのF1活動は終了した。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見た片山右京

    1993年(平成5年)には開発済みだった新しいV12を諦め、ジャッドのV10エンジン(ジャッドGV)をベースにV10エンジンのOX10を開発、片山右京所属のティレルに供給した。エンジン回転数の増加に伴い、ニューマチックバルブを採用した。シーズン当初はそれほどの成績が出せなかったが、1993年の最終スペックのGスペックでは他のワークスエンジンにも見劣りしない程になっていた。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見た鈴木亜久里

    1985年(昭和60年)には全日本F2選手権にV6エンジンのOX66で参戦した。吸気バルブ3本、排気バルブ2本を備えた5バルブシステムを採用する。1987年に全日本F3000選手権にV8エンジンのOX77を投入したが、OX66に引き続いて5バルブを採用した(中身はコスワースDFVを5バルブ化したエンジンのため「コスワース・ヤマハ」と呼ばれた)。鈴木亜久里らがドライブするマシンに搭載されて活躍したが、1988年から全日本F3000で5バルブが禁止されることもあり、その翌年の1989年(平成元年)からF1にもエンジン供給の形で参戦した(詳細は後述)。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たジュビロ磐田

    またヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体となった(ジュビロ磐田の住所はヤマハ発動機株式会社本社住所に同じ)。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たサクラ工業

    サクラ工業株式会社(浜松市東区)ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見た讀賣テレビ放送

    社員による人力飛行機チーム「チーム・エアロセプシー」が存在し、過去に『鳥人間コンテスト選手権大会』(読売テレビ)で彦根市から琵琶湖西岸まで到達する記録を残した。現在は鳥人間コンテストへの参加こそ行っていないがチーム自体は存続しており、2013年には人力飛行機による飛行距離の世界記録へ挑戦する予定がある。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示