122件中 11 - 20件表示
  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たフォード

    一般によく知られているオートバイ・スクーターなどの自動二輪車部門だけでなく、ボート、船外機、漁船、ヨット、マリンジェットなどのマリン製品、スノーモビル、バギーなどのレジャービークル、電動自転車、電動スクーターなどのEV、産業ロボット、表面実装機などの産業機器、ヒロボーとの共同開発による農業用無線操縦ヘリコプター「RMAX」、更には除雪機、発電機、プール設備など様々な製品を展開している。自動車用関連では、従来よりエンジン供給を行ってきたトヨタ自動車の他にも、販路をフォードグループへ拡大。フォード・PUMAなどに搭載された。2005年(平成17年)からヤマハ製のV8 4.4Lエンジンを搭載したボルボ・XC90が発売された。また、パフォーマンスダンパーと呼ばれる車体性能向上装置や相互連携ショックアブソーバシステムなどを開発している。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たフォード・モーター

    一般によく知られているオートバイ・スクーターなどの自動二輪車部門だけでなく、ボート、船外機、漁船、ヨット、マリンジェットなどのマリン製品、スノーモビル、バギーなどのレジャービークル、電動自転車、電動スクーターなどのEV、産業ロボット、表面実装機などの産業機器、ヒロボーとの共同開発による農業用無線操縦ヘリコプター「RMAX」、更には除雪機、発電機、プール設備など様々な製品を展開している。自動車用関連では、従来よりエンジン供給を行ってきたトヨタ自動車の他にも、販路をフォードグループへ拡大。フォード・PUMAなどに搭載された。2005年(平成17年)からヤマハ製のV8 4.4Lエンジンを搭載したボルボ・XC90が発売された。また、パフォーマンスダンパーと呼ばれる車体性能向上装置や相互連携ショックアブソーバシステムなどを開発している。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たロードレース世界選手権

    二輪ロードレース競技においては他のメーカーと鎬を削る状態となっており、特にロードレース世界選手権ではドゥカティ、ホンダと激しいトップ争いを繰り広げている。2004年からはホンダから移籍したバレンティーノ・ロッシがエースとなり、MotoGPクラスで2年連続シリーズチャンピオンとなっている。また2005年(平成17年)はMotoGPクラスにおいてライダー(ロッシ)、チーム(ゴロワーズ・ヤマハ)、コンストラクターの三冠を達成した。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たスポーツカー

    1992年(平成4年)はジョーダンへOX99を供給するが、クーリングに問題が出るなどシャーシとのマッチングが上手く行かずに最終戦でようやく1ポイントを獲得するのみと、前年と同様に成績はふるわなかった。またシーズン途中からジャッドと提携を開始した。また同エンジンを搭載した市販予定スポーツカー、OX99-11を発表するものの、市販の実現には至らなかった。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たスノーモビル

    一般によく知られているオートバイ・スクーターなどの自動二輪車部門だけでなく、ボート、船外機、漁船、ヨット、マリンジェットなどのマリン製品、スノーモビル、バギーなどのレジャービークル、電動自転車、電動スクーターなどのEV、産業ロボット、表面実装機などの産業機器、ヒロボーとの共同開発による農業用無線操縦ヘリコプター「RMAX」、更には除雪機、発電機、プール設備など様々な製品を展開している。自動車用関連では、従来よりエンジン供給を行ってきたトヨタ自動車の他にも、販路をフォードグループへ拡大。フォード・PUMAなどに搭載された。2005年(平成17年)からヤマハ製のV8 4.4Lエンジンを搭載したボルボ・XC90が発売された。また、パフォーマンスダンパーと呼ばれる車体性能向上装置や相互連携ショックアブソーバシステムなどを開発している。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たヤマハモーターアシスト

    ヤマハモーターアシスト株式会社(磐田市)ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たトム・ウォーキンショウ

    1997年(平成9年)にはアロウズにOX11Aを供給。ハンガリーGPではデイモン・ヒルの手によって、ラスト1周までトップを快走したが、2位に終わり初優勝はならなかった。アロウズ(当時代表であったトム・ウォーキンショウ)側は1998年に自身が買収したハートエンジンにヤマハのバッヂを付けて出場する事をヤマハ側に提案するが、ヤマハ側はこれを拒否しアロウズとは決別。他の供給先を探すが、既に供給先に空きはなく、結局この年限りヤマハとしてのF1活動は終了した。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たバレンティーノ・ロッシ

    二輪ロードレース競技においては他のメーカーと鎬を削る状態となっており、特にロードレース世界選手権ではドゥカティ、ホンダと激しいトップ争いを繰り広げている。2004年からはホンダから移籍したバレンティーノ・ロッシがエースとなり、MotoGPクラスで2年連続シリーズチャンピオンとなっている。また2005年(平成17年)はMotoGPクラスにおいてライダー(ロッシ)、チーム(ゴロワーズ・ヤマハ)、コンストラクターの三冠を達成した。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たステファン・ペテランセル

    またオフロードにおいても、ダカール・ラリーで1990年代にステファン・ペテランセルを擁し幾度の優勝を遂げたが、ペテランセルの四輪転向後は目立った成績は挙げていない。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ発動機

    ヤマハ発動機から見たマーク・ブランデル

    1994年(平成6年)OX10を継続開発し、OX10Bとして投入。右京が予選5位を2回記録した上に、ドイツGPではマシントラブルで停止するまで2位を走行し、チームメイトのマーク・ブランデルもスペインGPで3位表彰台を獲得、その他にも度々上位を走行するなどトップチームに肉薄する性能を発揮したが、シーズン後半にはエンジンのパフォーマンスアップを重視した為、エンジンの信頼性をやや落とす結果になった。最終スペックはKスペック。ヤマハ発動機 フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「ヤマハ発動機」のニューストピックワード