ヤロスワフ・カチンスキ ニュース&Wiki etc.

ヤロスワフ・カチンスキ(Jarosław Kaczyński、1949年6月18日 - )は、ポーランドの政治家。同国元首相。弟のレフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヤロスワフ・カチンスキ」のつながり調べ

  • ドイツの歴史認識

    ドイツの歴史認識から見たヤロスワフ・カチンスキ

    2006年に開かれた、ドイツ人追放者を扱った展示会「強いられた道」に関し、ポーランドのヤロスワフ・カチンスキ首相は「とても悲しく、心配だ」とコメントし、2007年になると、以前からドイツとポーランドやチェコとの間で外交問題となっていたドイツ人追放を取り上げた「反追放センター」の建設に関する対立も加わって、追放者問題を巡りドイツ・ポーランド関係は「戦後最悪」と報じられるほどに険悪化することになる。(ドイツの歴史認識 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ポーランド大統領選挙

    2010年ポーランド大統領選挙から見たヤロスワフ・カチンスキ

    2010年4月10日にポーランド空軍Tu-154墜落事故が発生し、現職大統領のレフ・カチンスキやその妻、政府要人らが多数死亡した。そのために当初の予定を繰り上げて大統領選挙が実施される運びとなり、憲法の規定に則り次期大統領が確定するまで下院議長のブロニスワフ・コモロフスキが大統領代行を務めた。6月20日の投票では単独過半数を獲得した候補が居なかったので、7月4日にヤロスワフ・カチンスキ前首相とコモロフスキ議長との間の上位2人による決選投票が行われ、コモロフスキが当選した。(2010年ポーランド大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

「ヤロスワフ・カチンスキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ