ヤロスワフ・カチンスキ ニュース&Wiki etc.

ヤロスワフ・カチンスキ(Jarosław Kaczyński, 1949年6月18日 - )は、ポーランドの政治家。同国元首相。弟のレフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヤロスワフ・カチンスキ」のつながり調べ

  • 双生児

    双生児から見たヤロスワフ・カチンスキ

    同じような生育環境や経験を持つことから似たような能力と機会を得て、同様の職業で活躍する双子も珍しくない。評論家のおすぎとピーコやマラソンの宗兄弟とスキーの荻原健司・荻原次晴の兄弟、そしてポーランドの政治家であるカチンスキ兄弟(兄のヤロスワフ・カチンスキ元首相 、弟のレフ・カチンスキ前大統領)などが代表例としてあげられる。(双生児 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド家族同盟

    ポーランド家族同盟から見たヤロスワフ・カチンスキ

    結成直後の2001年の議会選挙では、支持率が低迷していたにもかかわらず、セイム(下院)で38議席(得票率7.97%)、セナト(上院)で2議席を獲得した(ただし、2005年までの会期中に議員の離反が相次ぎ、最終的な議席は19議席にまで減っていた)。続く2005年の議会選挙ではセイムで34議席(7.97%)、セナト(上院)で7議席を獲得し、自衛(Samoobrona)と共に、比較第一党になった右派政党である法と正義(PiS)のカジミェシュ・マルチンキェヴィチ(Kazimierz Marcinkiewicz)を首班とする少数内閣を支持し、翌2006年5月からは3党連立政権に参加した(のちにレフ・カチンスキ大統領の双子の兄であるヤロスワフ・カチンスキが首相となった)。しかし、連立政権入りを巡って党内対立が生じ、ラジオ・マリアもLPRに対する批判を強めたことで、党への結集力と支持率が急激に低下した。そして、連立与党のSamoorbona代表であるレッペル(Andrzej Lepper)の汚職問題を契機とした与党内部の対立激化から、4年の任期を前倒し(解散)されて行われた2007年10月の議会選挙では、得票率1.30%で議席を獲得するために最低限必要な得票率5%の壁を突破できずセナトと合わせて全議席を失った。(ポーランド家族同盟 フレッシュアイペディアより)

「ヤロスワフ・カチンスキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ