前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 法と正義

    法と正義から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    法と正義(ほうとせいぎ、Prawo i Sprawiedliwość)は、ポーランドの政党。党首はヤロスワフ・カチンスキ。略称:PiS(ピス)。法と正義 フレッシュアイペディアより)

  • 月をぬすんだ双子

    月をぬすんだ双子から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    月をぬすんだ双子(ポーランド語: O dwóch takich, co ukradli księżyc )は1962年のポーランド映画。原作はコルネル・マクシンスキによって1928年に発表された同名の童話。後にポーランドの政治指導者となったレフとヤロスワフのカチンスキ兄弟が主演。月をぬすんだ双子 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    しかしヤロスワフ・カチンスキ率いる連立政権は政治路線を巡ってなかなか足並みがそろわず、政権運営が難航するとともに、国際社会においても欧州連合やロシアと軋轢を起こした。その後連立政党「自衛」の党首アンジェイ・レッペルの収賄疑惑がカチンスキ首相に伝えられると、首相は政権維持を惜しまず2007年9月7日に議会を解散する。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ポーランド大統領選挙

    2010年ポーランド大統領選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    2010年4月10日にポーランド空軍Tu-154墜落事故が発生し、現職大統領のレフ・カチンスキやその妻、政府要人らが多数死亡した。そのために当初の予定を繰り上げて大統領選挙が実施される運びとなり、憲法の規定に則り次期大統領が確定するまで下院議長のブロニスワフ・コモロフスキが大統領代行を務めた。6月20日の投票では単独過半数を獲得した候補が居なかったので、7月4日にヤロスワフ・カチンスキ前首相とコモロフスキ議長との間の上位2人による決選投票が行われ、コモロフスキが当選した。2010年ポーランド大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド家族同盟

    ポーランド家族同盟から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    結成直後の2001年の議会選挙では、支持率が低迷していたにもかかわらず、セイム(下院)で38議席(得票率7.97%)、セナト(上院)で2議席を獲得した(ただし、2005年までの会期中に議員の離反が相次ぎ、最終的な議席は19議席にまで減っていた)。続く2005年の議会選挙ではセイムで34議席(7.97%)、セナト(上院)で7議席を獲得し、自衛(Samoobrona)と共に、比較第一党になった右派政党である法と正義(PiS)のカジミェシュ・マルチンキェヴィチ(Kazimierz Marcinkiewicz)を首班とする少数内閣を支持し、翌2006年5月からは3党連立政権に参加した(のちにレフ・カチンスキ大統領の双子の兄であるヤロスワフ・カチンスキが首相となった)。しかし、連立政権入りを巡って党内対立が生じ、ラジオ・マリアもLPRに対する批判を強めたことで、党への結集力と支持率が急激に低下した。そして、連立与党の「自衛」代表であるアンジェイ・レッペルの汚職問題を契機とした与党内部の対立激化から、4年の任期を前倒し(解散)されて行われた2007年10月の議会選挙では、得票率1.30%で議席を獲得するために最低限必要な得票率5%の壁を突破できずセナトと合わせて全議席を失った。ポーランド家族同盟 フレッシュアイペディアより)

  • レフ・カチンスキ

    レフ・カチンスキから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    レフ・カチンスキ(、1949年6月18日 - 2010年4月10日)は、ポーランドの政治家、大統領。兄のヤロスワフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。2010年4月、カティンの森事件追悼70周年記念式典に出席するため搭乗していた大統領専用機の墜落事故により、同じく式典出席のため同行していた妻のマリアおよび多数の有力政府高官と共に死亡した。レフ・カチンスキ フレッシュアイペディアより)

  • リスボン条約

    リスボン条約から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    しかしながらポーランドといった国には、一部の分野で議論の再開を望む空気があった。2007年6月、ポーランド首相ヤロスワフ・カチンスキは、ポーランドは第2次世界大戦が起こらなければ今よりもずっと人口が多かっただろうと、物議をかもす発言をしている。欧州議会議長ハンス=ゲルト・ペテリングは、条約について実質的に新たな議論を行う余地はなく、またポーランドなどが示唆しているような議論の再開などもありえないと述べている。IGC に参加した欧州議会代表団の1人であるエルマー・ブロックはペテリングの発言に加える形で、もはやこの付託文書は条約草案にされる段階となっていると述べている。リスボン条約 フレッシュアイペディアより)

  • カチンスキ

    カチンスキから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    ヤロスワフ・カチンスキ(1949年 - ) - ポーランドの首相(2006年 - 2007年)。レフの双子の兄。カチンスキ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ポーランド議会選挙

    2007年ポーランド議会選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    首相:ヤロスワフ・カチンスキ(法と正義、ポーランド自衛、ポーランド家族連盟の連立政権)2007年ポーランド議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年ポーランド議会選挙

    2011年ポーランド議会選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    右派政党。2005年選挙でヤロスワフ・カチンスキ党首が首相となったが、前回2007年選挙で与党から野党に転落した。カチンスキ党首が続投中。大衆主義(ポピュリズム)。復古主義的改革を志向。カトリックの価値観にもとづき、伝統や慣習を基準として個人の自由を制限し、社会保障制度の充実による高福祉社会の実現を目指す。経済の規制緩和や国営企業の民営化に関してはPOよりもさらに慎重な姿勢を採る。他国の右翼勢力と異なり人種差別やユダヤ人差別に対して激しく反対し、ローマ・カトリックの追求する世界市民主義(コスモポリタニズム)と融合している点にその独自性がある(カリシュの法令、コンスタンツ公会議、黄金の自由、5月3日憲法などに見られるように、ポーランドの社会はその伝統的社会思想が多民族・多文化共存であるというユニークな特徴がある)。旧「連帯」系。2011年ポーランド議会選挙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示