前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示
  • ぼくは航空管制官2

    ぼくは航空管制官2から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    登場航空会社…ANAグループ・日本エアシステム・中日本エアラインサービス・フェアリンク・日本貨物航空・大韓航空・チャイナエアライン・エバー航空・シンガポール航空・カンタス航空・ノースウエスト航空・ユナイテッド航空・エールフランス・ルフトハンザドイツ航空・アエロフロート・ロシア航空・ブリティッシュ・エアウェイズ・フェデックスぼくは航空管制官2 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港

    ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港()は、アメリカテキサス州のヒューストンの北、約30kmの場所にある国際空港。テキサス州内ではダラス・フォートワース国際空港に次ぐ大きさ。全米で9番目、世界で14番目の旅客扱い高を誇る。ユナイテッド航空(旧・コンチネンタル航空)のハブ空港でもある。旧称はヒューストン・インターコンチネンタル空港()。単にインターコンチネンタル空港()とも呼ばれている。ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン航空

    アメリカン航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    2012年8月31日、USエアウェイズとの合併の可能性が示唆され、2013年2月14日に両者が合併することで合意した。なお、合併交渉にあたっては司法長官やアメリカ国内での複数の州などから反対が出たものの、ラガーディア空港などの発着枠を一部返還することで、2013年11月12日に条件付での合併が承認された。これにより、規制当局や米破産裁判所が承認され、ユナイテッド航空グループ・デルタ航空を上回る世界最大の航空会社となった。アメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ国際空港

    サンフランシスコ国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    アメリカ西海岸における主要空港の1つで、ユナイテッド航空とヴァージン・アメリカのハブ空港である。西海岸の玄関口のひとつとして、アメリカ国内のみならず、アジアやヨーロッパ、南アメリカやオセアニアへの路線が就航している。サンフランシスコ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ハブ空港

    ハブ空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    拠点空港や焦点空港のステータスは、各航空会社の事業戦略によって決まるものであり、必ずしも空港の規模や設備がこれを左右するものではない。例えば、成田国際空港は日本航空・全日本空輸の他にも、以遠権の行使で、アジアに広範な路線網を持つデルタ航空・ユナイテッド航空が拠点空港(航空会社ハブ空港)としている。一方、アメリカ有数の大空港であるジョン・F・ケネディ国際空港は、デルタ航空と新規参入のジェットブルー航空のみが拠点空港としているのみである。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空

    パンアメリカン航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1985年: 太平洋路線と機材、従業員などをユナイテッド航空へ売却。これにより日本線も撤退。パンアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス DC-8

    ダグラス DC-8から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    しかし、先に開発をはじめたボーイング707に対する遅れを取り戻すために、試作機の製作を省くという当時としては画期的な開発手法を取り、その結果大幅に開発期間を短縮し、DC-8の生産のために建造されたカリフォルニア州ロングビーチのダグラス社工場で1958年4月に初号機が完成。同年5月に初飛行を行った。その後テスト飛行を行いFAAの耐空証明を取得、ライバルのボーイング707の初就航から約1年遅れの1959年9月18日にユナイテッド航空およびデルタ航空の定期路線に初就航した。ダグラス DC-8 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    アメリカでは、パンアメリカン航空、ノースウエスト航空、トランス・ワールド航空が国際線で、アメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は当初はアメリカ国内路線での活躍にとどまった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • マッカラン国際空港

    マッカラン国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1963年にはターミナルの位置がラスベガス・ブルバード・サウス側からパラダイス・ロード側に移動し、この頃までに年間150万人の利用客があった。この新しいターミナルの設計はウェルトン・ベケット建築事務所とジョン・レプローグルで、JFK空港のTWAターミナルを参考に設計された。これはその7年後にシカゴ・オヘア国際空港のユナイテッド航空ターミナルへと引き継がれることになる。マッカラン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • アロハ航空

    アロハ航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    同社のフリークエント・フライヤー・プログラム、アロハパスはユナイテッド航空のマイレージプラス・プログラムのパートナーとなっていた。アロハ航空 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード