371件中 21 - 30件表示
  • 客室乗務員

    客室乗務員から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1930年には、アメリカ合衆国のボーイング・エア・トランスポート社(現在のユナイテッド航空)が、女性の元看護師を客室乗務員として乗務させた。これは、当時まだ「危険な乗り物」というイメージがついていた飛行機に女性の乗務員を搭乗させることで「女性も乗れるような安全な乗り物である」と乗客にアピールするという意味もあったといわれている。なお、それまで同社では男性の運航乗務員のみが機内サービスや緊急時の対応を行っていた。客室乗務員 フレッシュアイペディアより)

  • サウスウエスト航空

    サウスウエスト航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    これより少し遡る1978年3月28日、創業期より社長兼CEOを務めていたミューズが辞任し、後任にはユナイテッド航空でマーケティング担当副社長を務めていたハワード・パトナムが着任し、創業者のケレハーは会長に就いた。さらに、パトナムは1981年9月22日に退任し、1982年2月23日からは、ケレハーが社長兼会長兼CEOに就任した。経営に関する全権を掌握したケレハーは、その後のサウスウエスト航空の特徴となる3点の方針を打ち立てた(「運営方針」の節で後述)。サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    しかし、当時アメリカの主要航空会社の大半は既にDC-9あるいはBAC 1-11を発注しており、市場に残っていたのはユナイテッド航空とイースタン航空のみ、しかも後者はDC-9採用の意向を明らかにしていた。この状況から、ボーイング社はアメリカの航空会社の強い後押しがない状態での開発を余儀なくされた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    3月28日: ユナイテッド航空がサンフランシスコ線を開設。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス DC-10

    マクドネル・ダグラス DC-10から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    当初、航空会社側では経済性という観点から、新しく開発される旅客機はエンジンを2基搭載する双発機であることを望んでいたものの、TF39型エンジン自体がまだ開発中であり、それを民間型に変更したCF6型エンジンの性能は、たとえ開発が順調だったとしても、性能や信頼性に不安があった。そこで、ダグラスではアメリカン航空に対して、どうしても新開発の旅客機はエンジンを3基搭載する3発機でなければならないという結論となったことを伝え、その優位性を説明した。アメリカン航空とユナイテッド航空がこれを認めたことから、大型ジェット旅客機の開発の目途がついた。マクドネル・ダグラス DC-10 フレッシュアイペディアより)

  • IATAコード

    IATAコードから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    OBML - 日本のお弁当 (ユナイテッド航空)IATAコード フレッシュアイペディアより)

  • 高井英樹

    高井英樹から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    2013年3月よりユナイテッド航空の機内誌『UNITED LEADER’S REVIEW』にて「グローバルでいこう!」という連載をしているが、「風景の比較」という考え方について、「ニューヨークやロンドンには30年以上前から3万人規模のランナーが走る市民マラソンの風景がある。だが東京にはその風景が無い。規制が厳しく出来ない仕組みになっていたからだ。また、10年前まで日本のディーゼル車は今から考えれば恐ろしいほどの排気微粒子をまき散らし走る風景があった。しかしヨーロッパにはその風景が無かった。規制が緩く燃料の硫黄分や排出ガスが前時代的な基準だった為だということだ。(中略)街の中にどんな風景をビジュアル化するか考えていくと、数百枚のレポートを作成するより効率的にグローバル目線でみた東京の姿を浮かび上がらせることが出来る」 と書き記している。高井英樹 フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・ホプキンス国際空港

    クリーブランド・ホプキンス国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    クリーブランド・ホプキンス国際空港()は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドにある国際空港。ユナイテッド航空のハブ空港の1つである。IATAのコードはCLE、ICAOのコードはKCLEとなっている。クリーブランド・ホプキンス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • エプリー・エアフィールド

    エプリー・エアフィールドから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    空港の敷地面積は1,072haである。空港には週397便が発着する。空港のターミナルは2つに分かれ、20のゲートがある。国際線は無いが、各航空会社からのハブ空港の便がある。2007年の年間利用客数は約420万人を数えた。2007年の利用客の数を航空会社別に見るとサウスウエスト航空が最も多く、全体の約23%を占めた。ユナイテッド航空がこれに次ぎ、全体の約20%であった。エプリー・エアフィールド フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・マッコイ

    リチャード・マッコイから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    リチャード・フロイド・マッコイ・ジュニア(、1942年12月7日 - 1974年11月9日)は、アメリカ合衆国のハイジャック犯である。1972年、マッコイはユナイテッド航空の旅客機をハイジャックし、身代金の要求を行った。手口がよく似ていたことから、捜査当局ではマッコイを4ヶ月前に起こったD.B.クーパー事件の有力な容疑者だと考えていた。リチャード・マッコイ フレッシュアイペディアより)

371件中 21 - 30件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード