280件中 31 - 40件表示
  • ハブ空港

    ハブ空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ハブ空港や準ハブ空港のステータスは、各航空会社の事業戦略によって決まるものであり、必ずしも空港の規模や設備がこれを左右するものではない。例えば、成田国際空港は日本航空と全日本空輸の他にもアジアに広範な路線網を持つデルタ航空やユナイテッド航空がハブ空港としている。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • デンバー国際空港

    デンバー国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    アメリカ合衆国で最も混雑する大空港にランクされ、ユナイテッド航空とフロンティア航空のハブ空港である。デンバー国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング767

    ボーイング767から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ともあれ、停滞気味であった「7X7」構想も再び具体化する方向へと進み始めた。特にユナイテッド航空は、「7X7」構想の仕様決定に対するリーダーシップをとるようになり、ボーイングもユナイテッド航空が「7X7」に大きな期待を寄せていることを確信するようになった。1975年には、計画案として胴体中央部の幅が少し狭くなった、エリアルールを適用した計画案を立案したが、これは727の発展型のようなデザインの3発機であった。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • スカンジナビア航空

    スカンジナビア航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1959年に、タイ政府とSASの合弁事業としてタイ国際航空を設立し、運航やサービスの基盤作りに協力するとともに機材の提供も行った。その後も両社の深い関係は、両社がスターアライアンスの設立メンバー(他にはユナイテッド航空とルフトハンザ航空、エアカナダとヴァリグブラジル航空)となり、コードシェア運航を行うことで現在も続いている。スカンジナビア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    2004年4月に、ボーイング副社長の来日後、全日本空輸が50機発注したことによって開発がスタートし、呼称も787に改められた。その後、日本航空も発注したほか、ノースウエスト航空(現・デルタ航空)、コンチネンタル航空(現・ユナイテッド航空)(ともに発注契約も引き継がれている)など多数の大手航空会社が発注している。開発当初のスケジュールでは、2007年7月のロールアウト(完成披露)、8月から9月ごろに初飛行、その後に試作機6機で試験飛行を行い、連邦航空局(FAA)の型式証明取得は2008年5月を予定して、取得しだい最初の発注者である全日本空輸に引き渡される予定であった。全日本空輸では2008年6月に国内線に投入、同年8月の北京オリンピック開催時には東京/羽田 - 北京/首都間のチャーター便に使用すると発表していた。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    そこでボーイング社はボーイング767-300とボーイング747-400の間の座席数の差を埋める機体を作るべく、1986年暮れにそのクラスの機体の需要に関して市場調査を開始した。世界中の多くの航空会社に調査を行い、特にその中でもローンチカスタマーのユナイテッド航空や全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空、デルタ航空、カンタス航空には機体の設計についても意見を求めた(ワーキング・トゥゲザー)。そして、1989年12月8日にボーイング社の取締役会の承認を経て正式に新型機「767-X」として航空会社に提案されることが決まった。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国際航空

    タイ国際航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    南アメリカを除く全大陸に就航しているほか、タイ王国の国内線にそのネットワークを広げている。なお、世界最大の規模を持つ航空会社アライアンスのスター・アライアンスに、ルフトハンザ航空やスカンジナビア航空、ユナイテッド航空らとともに発足当初からのスターティング・メンバーとして加盟している。タイ国際航空 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード L-1011 トライスター

    ロッキード L-1011 トライスターから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1967年9月にロッキードは、「L-1011 トライスターの受注体制が整った」と発表した。これは、アメリカン航空、ユナイテッド航空、イースタン航空、トランス・ワールド航空、ナショナル航空などの大手航空会社からの受注を見込んでの発表であった。これは、ライバル機のマクドネル・ダグラス(本節では、以下単に「ダグラス」とする)DC-10が開発計画を発表するより2ヶ月ほど前のことである。ダグラスでは、急遽同年11月にDC-10の開発計画を発表したが、その時点ではまだDC-10の基本設計は完了していなかった。この時点では、明らかにロッキードはダグラスをリードしていた。ロッキード L-1011 トライスター フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス国際空港

    インディアナポリス国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空(シカゴ/オヘア、デンバー)インディアナポリス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    このターミナルは、ノースウエスト航空(現・デルタ航空)のターミナルであったDaveyターミナルを移設し、2002年2月25日にオープンした。デトロイトのノースウエスト・ワールドゲートウェイとも呼ばれた。2005年3月30日に、デルタ航空とデルタ・コネクションがこのターミナルに移転した。2009年10月27日にスカイチームから離脱し、スターアライアンスへ移籍したコンチネンタル航空(現・ユナイテッド航空)を唯一の例外として、現在はスカイチーム加盟の航空会社の専用ターミナルとなっている。コンチネンタル航空は2010年3月にノース・ターミナルへ移転した。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港 フレッシュアイペディアより)

280件中 31 - 40件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード