371件中 41 - 50件表示
  • コパ航空

    コパ航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空(特にユナイテッドに買収される前の旧コンチネンタル航空)との関係が強く、マイレージ・プログラムに「マイレージ・プラス」(2011年までは「ワンパス」)を採用、共にコードシェア便を運航、機体のデザインも似たものを採用している。コパ航空 フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社の年表

    航空会社の年表から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1926年4月6日-ユナイテッド航空が設立(Boeing Air Transport として)。航空会社の年表 フレッシュアイペディアより)

  • シュド・カラベル

    シュド・カラベルから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    その後はユナイテッド航空など、アメリカの大手航空会社に採用された上に、フランスの元植民地であるベトナムやラオス、カンボジアの国営航空会社で相次いで採用されるなど、実力とともに政治力をフルに駆使して営業活動を行った。シュド・カラベル フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング767

    ボーイング767から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ともあれ、停滞気味であった「7X7」構想も再び具体化する方向へと進み始めた。とくにユナイテッド航空は、「7X7」構想の仕様決定に対するリーダーシップをとるようになり、ボーイングもユナイテッド航空が「7X7」に大きな期待を寄せていることを確信するようになった。1975年には、計画案として胴体中央部の幅が少し狭くなった、エリアルールを適用した計画案を立案したが、これは727の発展型のようなデザインの3発機であった。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード L-1011 トライスター

    ロッキード L-1011 トライスターから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1967年9月にロッキードは、「L-1011 トライスターの受注体制が整った」と発表した。これは、アメリカン航空、ユナイテッド航空、イースタン航空、トランス・ワールド航空、ナショナル航空などの大手航空会社からの受注を見込んでの発表であった。これは、ライバル機のマクドネル・ダグラス(本節では、以下単に「ダグラス」とする)DC-10が開発計画を発表するより2か月ほど前のことである。ダグラスでは、急遽同年11月にDC-10の開発計画を発表したが、その時点ではまだDC-10の基本設計は完了していなかった。この時点では、明らかにロッキードはダグラスをリードしていた。ロッキード L-1011 トライスター フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空232便不時着事故

    ユナイテッド航空232便不時着事故から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空232便不時着事故(ユナイテッドこうくう232びんふじちゃくじこ、)は、1989年7月19日にユナイテッド航空の定期232便がアメリカ合衆国アイオワ州スーシティのに緊急着陸を試み大破した航空事故である。ユナイテッド航空232便不時着事故 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン

    ヒューストンから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ヒューストンは1836年8月30日にオーガストゥス・チャップマン、ジョン・カービーのアレン兄弟によってバッファロー・バイユーの河岸に創設された。市名は当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍、サミュエル・ヒューストンから名を取って付けられた。翌1837年6月5日、ヒューストンは正式に市制施行された。19世紀後半には海港や鉄道交通の中心として、また綿花の集散地として栄えた。やがて1901年に油田が見つかると、市は石油精製・石油化学産業の中心地として成長を遂げた。20世紀中盤に入ると、ヒューストンには世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターが設置され、先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ。古くからこうした様々な産業を持ち、フォーチュン500に入る企業の本社数がニューヨークに次いで多いヒューストンは、テキサス州のみならず、成長著しいサンベルトの中心都市の1つであり、アメリカ合衆国南部のメキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。また、全米最大級の貿易港であるヒューストン港を前面に抱え、ユナイテッド航空(旧・コンチネンタル航空)のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港を空の玄関口とする、交通の要衝でもある。また、日本を含む世界86ヶ国が領事館を置く世界都市でもある。ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    2015年1月に全日本空輸が同型機を3機発注したことで、787-10のローンチカスタマーとなっているユナイテッド航空に続き-8・-9・-10の3タイプを導入することになった。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    このターミナルは、ノースウエスト航空(現・デルタ航空)のターミナルであったDaveyターミナルを移設し、2002年2月25日にオープンした。デトロイトのノースウエスト・ワールドゲートウェイとも呼ばれた。2005年3月30日に、デルタ航空とデルタ・コネクションがこのターミナルに移転した。2009年10月27日にスカイチームから離脱し、スターアライアンスへ移籍したコンチネンタル航空(現・ユナイテッド航空)を唯一の例外として、現在はスカイチーム加盟の航空会社の専用ターミナルとなっている。コンチネンタル航空は2010年3月にノース・ターミナルへ移転した。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    そこでボーイング社は767-300と747-400の間の座席数の差を埋める機体を作るべく、1986年暮れにそのクラスの機体の需要に関して市場調査を開始した。世界中の多くの航空会社に調査を行い、特にその中でもローンチカスタマーのユナイテッド航空や全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空、デルタ航空、カンタス航空には機体の設計についても意見を求めた(ワーキング・トゥゲザー)。そして、1989年12月8日にボーイング社の取締役会の承認を経て正式に新型機「767-X」として航空会社に提案されることが決まった。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

371件中 41 - 50件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード