280件中 61 - 70件表示
  • サンアントニオ国際空港

    サンアントニオ国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    サンアントニオ国際空港()は、アメリカ合衆国テキサス州・サンアントニオにある国際空港。滑走路は3本で総面積は約11km?である。近年航空需要が急増しており、2006年の年間利用者数は800万人を超えた。サウスウエスト航空の便が全体の約35%を占め、主な航空会社としてはその次にアメリカン航空、コンチネンタル航空、ユナイテッド航空が続く。サンアントニオ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ポート・コロンバス国際空港

    ポート・コロンバス国際空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空(シカゴ(オヘア)、デンバー) ゲートB28-B31ポート・コロンバス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • T・F・グリーン空港

    T・F・グリーン空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空: シカゴ・オヘアT・F・グリーン空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング40A

    ボーイング40Aから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    そののち、1927年に民間航空路の旅客機に運用される機体として復活し、こちらがボーイング40Aとなった。エンジンは空冷式の Pratt & Whitneyのワプスとなっていたが、機体構造は当時としては標準的な鋼管を網状に組んだ上に羽布を貼り付けた構造であった。1927年7月1日にユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート(BATC:現在のユナイテッド航空)の手によってサンフランシスコ・シカゴ間の航空路に就航した。80機ほど量産された。ボーイング40A フレッシュアイペディアより)

  • スポイラー (航空機)

    スポイラー (航空機)から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    1972年、アメリカ合衆国、イリノイ州のシカゴにあるシカゴ・ミッドウェー国際空港でのユナイテッド航空533便事故は、スポイラーを戻し忘れたために起きた。(en)スポイラー (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • CRS (航空)

    CRS (航空)から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    予約業務などが煩雑・非効率化してきた対応策として1963年、アメリカン航空とIBMの共同提携によるSABREが導入された。1971年にはApollo(ユナイテッド航空、ガリレオに合流)やPars(トランスワールド航空、ワールドスパンに合流)が追随する。CRS (航空) フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空826便乱高下事故

    ユナイテッド航空826便乱高下事故から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空826便(ボーイング747-122、機体記号N4723U:1971年製)は、新東京国際空港(現・成田国際空港)からハワイのホノルルに向かっていた。826便は年末年始をハワイで過ごそうとする観光客が多く374人の乗客でほぼ満席であった。離陸から2時間弱が経過し、成田から1530Km離れた北太平洋上の高度31000フィート(約9400m)を飛行していた23時10分ごろ(日本標準時)、826便は晴天乱気流に遭遇し激しく乱高下したため、30m落下した直後に2,3回上下に揺れた。この乱高下で機内で多数の乗客や客室乗務員が体を投げ出される事態が発生した。ユナイテッド航空826便乱高下事故 フレッシュアイペディアより)

  • ニューカッスル空港

    ニューカッスル空港から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    現在、デラウェア州は全米50州で唯一、州外からの航空機の定期便がない州である。ニューカッスル空港はデラウェア州の空港の中では「最後の砦」であったが、1991年にユナイテッド航空がニューカッスル空港への便を廃止した。州域が狭く、州の人口が少なく、さらにフィラデルフィア、ボルチモア、ワシントンD.C.という、大規模な国際空港を有する大都市に近く、州の住民がそれら州外の空港を利用できることが要因であった。その後は断続的にいくつかの航空会社がニューカッスル空港への便を就航させたが、いずれも長くは続かなかった。1992年にはUSエアウェイズのUSエアウェイズ・エクスプレスがウェストバージニア州パーカーズバーグからニューカッスルへの便を就航させたが、翌1993年に廃線となった。シャトル・アメリカは1998年に50席のダッシュ 8-300機を投入してニューカッスルとコネチカット州ハートフォード、ニューヨーク州バッファロー、バージニア州ノーフォークの3都市を結ぶ便を設けたが、2000年にこれら独自路線の運航をやめ、大手航空会社と提携してユナイテッド・エクスプレスやデルタ・コネクションを運航するようになった。2006年にはデルタ航空が同社最大のハブ空港であるアトランタのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港からの便を就航させたが、翌2007年9月6日に廃止された。オハイオ州コロンバスに本社を置いていたスカイバス航空は2008年3月8日にポート・コロンバス国際空港とノースカロライナ州グリーンズボロのピードモント・トライアド国際空港からニューカッスルへの便を就航させたが、4月には同社が倒産し、これらの便も就航からわずか1ヶ月で運航停止となった。ニューカッスル空港 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・サウスウエスト航空

    パシフィック・サウスウエスト航空から見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    しかし1978年にアメリカで航空業界の規制緩和が行われたことにより、パシフィック・サウスウエスト航空をはじめエア・カリフォルニア、ウェスタン航空、ユナイテッド航空などカリフォルニア州の主要な航空会社は運賃戦争に突入した。そのなかでパシフィック・サウスウエスト航空はリノ、ラスベガス、ソルトレイクシティ、フェニックス、ツーソンといったカリフォルニア州外の西部の都市へと路線を拡げていき、主要空港に自動発券機と自動チェックイン機の導入を行うなどしたほかメキシコのサンルーカスに国際線を開設した。またダラスにあり倒産したブラニフ航空を買収しようと画策したりワシントン州やオレゴン州、アイダホ州にも路線を伸ばしたりと積極的に事業を拡大していき、西海岸のユーレカやコンコードのような小都市には新しくBAe146を投入した。このBAe146につける名前についてパシフィック・サウスウエスト航空は新聞に全面広告を出し公募して、「Smiliner」という名前に決定した。パシフィック・サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見たユナイテッド航空ユナイテッド航空

    アメリカ航空会社のビッグスリー - アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

280件中 61 - 70件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード