159件中 51 - 60件表示
  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たTed

    かつて、ラスベガスやメキシコのカンクンなど、レジャー路線向けの格安航空会社ブランドとしてTed(テッド)があったが、2009年運航終了。名前の由来は、「United」の最後の3文字から取ったものである。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たイースタン航空

    第二次世界大戦前よりアメリカ国内線においてアメリカン航空と1、2を争う大きなシェアを持っており、ソビエト連邦国有のアエロフロート・ロシア航空を除くと「世界最大の航空会社」と言われていた(アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、イースタン航空が「ビッグ4」と呼ばれていた)。一方、国際線は1970年代のジミー・カーター政権による航空自由化後もカナダやメキシコなどの近距離国際線しか運航していなかった。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たプラット・アンド・ホイットニー

    ユナイテッド航空は、前述のように元々はボーイング社(エンジンはプラット・アンド・ホイットニー)の空運部門であり、関係も深いが、分割・独立後はボーイング以外の機種も採用している。ボーイング787やボーイング737などはプラット・アンド・ホイットニー製のエンジンが選択出来ない為、例外としてB787においてはGEnx、B737においてはCFM56であるように他社のエンジンを使用していて、最初のジェット旅客機として選んだのもボーイング707ではなく、ライバルであるダグラス社のDC-8であった。同時期にはフランス製のシュド・カラベルを導入していた実績もあり、その流れからか現在でも小型機ではエアバスA320シリーズを大量に運航し(ただしエンジンはプラット・アンド・ホイットニーとロールスロイスの合弁会社であるIAE製である)、さらにエアバス社にA350 XWBを発注するなど、現在はそれほどのこだわりもないようである。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たパン・アメリカン航空

    アメリカ合衆国国内線のみならずアジア、ヨーロッパ、南北アメリカなど世界各国へ路線網を広げている。近年は機材の航続距離が伸びたこともあり、アメリカ各都市から近年経済成長が著しいアジア各都市へのノンストップ便を増加したが、成田国際空港をアジアにおける準ハブ空港と位置づけ、ロサンゼルスやサンフランシスコ、ワシントンD.C.やホノルルにデイリー(毎日)もしくはダブルデイリー(1日2便)で運航している他、成田国際空港からソウル路線をデイリーで運航している。首都圏以外では三大都市圏に該当する関西国際空港からアメリカ本土直行便を担当し、通常期はB777やB787型機を投入して運航している。さらに地方発着の太平洋諸国線ではB737などを用いてグアム線などを定期運航している。なお、かつてパン・アメリカン航空の太平洋線を買収した際、機材や従業員とともに日本に対する無制限の以遠権も手に入れた。このため、ノースウエスト航空の以遠権を引き継いだデルタ航空とともに、発着枠があれば日本から多くの第三国都市への路線開設が可能である。さらに合併したコンチネンタル航空のハブであったヒューストン国際空港(全日本空輸定期便就航地)において、アジアと中南米及びカリブ海諸国など多種多様な乗り換え需要に応える事が可能となった。B787シリーズを主力機材に位置付けた上で、アジアや南米路線も充実させつつあり、2016年5月からは中華人民共和国内陸部の都市西安に、西海岸サンフランシスコから無着陸で直行する超長距離国際便を開始した。同社保有のB787を使用して運航する。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たコミューター航空会社

    ユナイテッド・エキスプレスは、ユナイテッド航空のハブ空港とアメリカ及びカナダの小さな都市との間で、比較的小規模なコミューター航空会社がユナイテッド航空との契約の元自社機にユナイテッド航空の塗装を施し、ユナイテッド航空の便名を使って運航しているものである。なお、機材だけでなく操縦士や客室乗務員などもコミューター会社が提供している。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たテロ

    2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件では、国内線の175便と93便がハイジャックされてテロに使われた。そのため利用客が激減して経営が悪化し連邦倒産法第11章の適用を受けたが、運航は継続した。その後、経営の再建に成功し連邦倒産法第11章の適用から外れた。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たアロハ航空

    以前はアロハ航空とも提携していたが、同社が2008年3月31日をもって旅客運航を停止したことに伴い提携解除となり、同4月1日からユナイテッド航空が運航する成田-ホノルル路線で行う予定だったコードシェアも取り消しとなった。アロハ航空のハワイ-アメリカ本土路線休止の余波を受けた顧客の輸送支援については提携関係にあったユナイテッド航空が主に担当した。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たユナイテッド・テクノロジーズ

    もともとはボーイング社の創始者であるウィリアム・ボーイングによって設立された「ボーイング・エアー・トランスポート」である。ボーイングは、航空関連企業数社の連合体として航空機の製造から運航までを手がける会社''を設立し、ボーイング・エアーはその運航部門となった。しかし、1934年に独占禁止法(反トラスト法)によって分割され、航空機の製造部門はボーイング、エンジンなどの製造部門は現在のユナイテッド・テクノロジーズ、運航部門はユナイテッド航空として改めて独立した。同時にユナイテッド航空は、ボーイング運航部門と共に「パシフィック・エア・トランスポート」、「ナショナル・エア・トランスポート」、そして、初めて有償旅客を乗せて米国横断便を運行した「ヴァーニー・エアラインズ」の経営を受託する形で発足している。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たイッリカッフェ

    2012年10月1日から、国際線の太平洋路線およびアジア・ミクロネシア域内のエコノミークラスではビールとワイン以外のアルコール飲料が再度有料化された。2016年より、イリーのコーヒーが無償で提供されることになっている。また、日本発着の太平洋路線に限り日本酒は無料提供が継続されている。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たアエロフロート・ロシア航空

    第二次世界大戦前よりアメリカ国内線においてアメリカン航空と1、2を争う大きなシェアを持っており、ソビエト連邦国有のアエロフロート・ロシア航空を除くと「世界最大の航空会社」と言われていた(アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、イースタン航空が「ビッグ4」と呼ばれていた)。一方、国際線は1970年代のジミー・カーター政権による航空自由化後もカナダやメキシコなどの近距離国際線しか運航していなかった。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

159件中 51 - 60件表示

「ユナイテッド航空」のニューストピックワード