310件中 101 - 110件表示
  • 個人タクシー

    個人タクシーから見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    但し、プライバシーガラス(スモークガラス)とカラーコードについては、ハイブリッドカー・EV・福祉車両・ユニバーサルデザイン採用の車両(日産・NV200バネットなど)は一定の条件を満たしていれば、規定の免除(除外)対象となる。また、免除対象でなくとも使用できる規定もあり(中古車を架装して使用、あるいは標準設定の無い車両を使用するなど)、車両調達の関係でプライバシーガラス装着車を使用する場合、組合に申請を行う(有料)事で使用できる。許可された場合、後部窓左側に、車両登録番号が記されたプライバシーガラス罰則猶予車のシールが貼られる。個人タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 温水洗浄便座

    温水洗浄便座から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    温水洗浄便座はノズルから噴出する温水によって肛門を洗浄するという基本的なものからビデ機能によって女性の局部を洗浄する、脱臭、乾燥、暖房便座の機能、室内暖房、さらには便器の自動洗浄や音楽再生まで様々な機能が盛り込まれている。また、操作もユニバーサルデザインの観点から本体ボタンからリモコン操作式に変わりつつある。こういった機能は日本が特に進んでおり、海外から来日した人が驚くこともあるという。温水洗浄便座 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港駅

    神戸空港駅から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    駅舎は、2階がコンコース、3階がプラットホーム。同空港のターミナルビルとは道路を挟んで隣接し、連絡通路を介して直結しているが、改札口から搭乗口までを最短距離で結ぶといったユニバーサルデザインによる一体的な動線が企図されている。改札内にはエレベーター、エスカレーター、多目的トイレ、AEDなどがある。神戸空港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市地下鉄七隈線

    福岡市地下鉄七隈線から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    開業時からすべての駅にホームドア(三菱電機製)が設置されている。また、券売機や改札機など駅の諸施設に徹底したユニバーサルデザインが取り入れられている。2005年には、「地下鉄七隈線トータルデザイン」に対して日本サインデザイン協会のSDA大賞が、同「音サインシステム」に同SDA賞奨励賞が与えられている。2006年には、七隈線車両に対して鉄道友の会からローレル賞が与えられている。2010年には、同「トータルデザイン」に対して土木学会デザイン賞優秀賞が与えられている。福岡市地下鉄七隈線 フレッシュアイペディアより)

  • 喜多見駅

    喜多見駅から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    トイレ - 改札内改札階北口側にある。多目的トイレも設置されている。喜多見駅 フレッシュアイペディアより)

  • 高山市図書館

    高山市図書館から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    内観は木材を多用した暖かな雰囲気の構造で、ユニバーサルデザインの考え方に沿った設計となっている。書架・机・椅子は地元の飛騨地方産の木材を使い、書架の間に設置された木製のソファは地元家具メーカーから寄付を受けた。高山市図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 川田龍平

    川田龍平から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    大学在籍中にドイツへ語学留学。2003年4月から松本大学非常勤講師を務めることになった(担当科目は「生命倫理」「社会活動」「ユニバーサルデザインと地域」)。川田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    発足時より新しい案内サインシステムの導入を進めている。東京都渋谷区のデザイン会社・アール・イー・アイ がデザインを手がけたもので、旧営団地下鉄のサインシステムが検討された1975年当時から「利用者の高齢化」「国際都市化」「鉄道の複雑化」が進展したことを受け、全般的にユニバーサルデザインを取り入れつつも、サインの数を増やさず、かつ大型化もせずに表示の重点整備や簡略化をすすめ、字体もぼやけた状態でも誤読の少ない書体を選定している。東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌駅前通地下歩行空間

    札幌駅前通地下歩行空間から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    札幌駅から大通までの地下通路については、1971年(昭和46年)の札幌市営地下鉄南北線開業時から民間主導による地下街を整備する構想を持っていたが、進展しなかった。1994年(平成6年)に札幌市が「地下利用ガイドプラン」を作成し、札幌駅周辺と大通周辺を結ぶ地下ネットワークを示した。翌年から「札幌駅前地下通路」の整備検討を始め、当初は通路として計画して沿道との繋がりを重視していなかったが、アピアやJRタワーとの連携や関係機関との調整など検討課題があって結論を先送りした。「第4次札幌市長期総合計画」において札幌駅前通地下通路の計画推進を位置づけると、2000年(平成12年)から市民のニーズを把握するモニター調査やユニバーサルデザインのための調査、パネル展での情報発信を行い、2002年(平成14年)に「都心まちづくり計画」を策定して沿道建物と一体の「地下歩行空間」として計画した。2003年(平成15年)に地下部分、2005年(平成17年)に地上部分を都市計画決定した。札幌駅前通地下歩行空間 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本EV-E301系電車

    JR東日本EV-E301系電車から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    客室内装は、E233系電車と同様にユニバーサルデザインの採用とバリアフリーの向上が図られ、室内照明はLED化、座席はオールロングシートとなっている。側扉の脇には整理券発行機や側扉開閉ボタンを装備し、連結面側車端部には車椅子の設置スペースを備える。また、乗務員室側には列車の行先を表示する2つのモニタ装置を、連結面側妻部には車両の主回路を流れる電気の流れや蓄電池の充電状況を表示する車内情報装置を取付けている。トイレ設備は設置されていない。両形式とも後位左側に機器室を設けたため、当該部分には側窓がない。JR東日本EV-E301系電車 フレッシュアイペディアより)

310件中 101 - 110件表示

「ユニバーサルデザイン」のニューストピックワード