273件中 81 - 90件表示
  • 東京地下鉄16000系電車

    東京地下鉄16000系電車から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    座席はドア間が7人がけ、車端部が3人がけのロングシートで、1人分の掛け幅は 460 mm 、モケットを紺色としたバケットシートを採用した。座席部には上部の荷棚からゆるやかな弧を描いてつながるスタンションポール(縦握り棒)を配置し、ユニバーサルデザインにも配慮したものとしている。7人がけ席のスタンションポールの内側2本は、2・3・2の着席区分を兼ねている。側窓はドア間の2連窓は開閉可能な下降窓、車端部には固定窓を配置するもので、遮光用にロールアップカーテンを設置する。東京地下鉄16000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ピープル・デザイン

    ピープル・デザインから見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    似たデザイン呼称で「バリアフリー」や「ユニバーサルデザイン」という概念があるが、これらは障害者向けの機能性を重んじることで、ファッション性を犠牲にする場合がある。ピープルデザインはファッション性を重視し、同時に機能性を兼ね備えているデザインの事を言う。須藤シンジ自身が障害児をもった事をきっかけに、2002年から障害のある人とない人が自然に混ざりあった社会を創る為の啓蒙活動を展開している中で、商品だけでなく行動やサービスにもこの言葉を使用している。ピープル・デザイン フレッシュアイペディアより)

  • 南町田駅

    南町田駅から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    相対式ホーム2面2線を有する地上駅。改札口はグランベリーモールに面し、駅舎の南側にあるグランベリーモール口と国道16号に面した北口の2か所がある。ホームには待合室が設置されている。トイレはグランベリーモール口改札を入って左手にあり、多機能トイレも設置されている。南町田駅 フレッシュアイペディアより)

  • ウェブデザイン

    ウェブデザインから見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    今日、大半の現代的なブラウザはCSSを最大限に実装していることや、昨今のユニバーサルデザインを重視する風潮を踏まえてアクセシビリティの確保やユーザビリティの向上を目指してデザインが行われるようになったことなどから、CSSを用いてレイアウトを行うことは、ウェブデザイナーの共通認識として確立されつつある。ウェブデザイン フレッシュアイペディアより)

  • 竹ノ塚駅

    竹ノ塚駅から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    トイレは2階改札内にあり、ユニバーサルデザインの一環として多機能トイレも設置されている。竹ノ塚駅 フレッシュアイペディアより)

  • 弓哲玖

    弓哲玖から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    障害児の人権に配慮したポンチョ型の抑制衣の考案者であり 、車椅子対応診療ユニットの改良などユニバーサルデザイン考案などのデザインにも関わる。弓哲玖 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪電気鉄道

    京阪電気鉄道から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    駅・車両の案内板や駅名標のデザインはかつてはほぼ統一されていたが、1997年以降は京阪線、大津線で全く異なるものを採用している。京阪線では中之島線開業に合わせて、ユニバーサルデザインのピクトグラムを導入し、子会社の叡山電鉄・京福電気鉄道でも京阪線のものに準拠したものを使っている。京阪電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 牛乳

    牛乳から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    なお、メーカーによっては視覚障害者への配慮(バリアフリー、ユニバーサルデザインの一環)のため、スーパーやコンビニで多く販売される、1リットルや500ミリリットルパックについては、写真のように飲み口の反対側の部分を丸く切り取って、他の飲料(低脂肪乳、フルーツ飲料、コーヒー、お茶など)と区別している。牛乳 フレッシュアイペディアより)

  • ノースカロライナ州立大学

    ノースカロライナ州立大学から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    ロナルド・メイス(:en:Ronald L. Mace) - ユニバーサルデザインの提唱者。ユニバーサルデザインセンター所長。ノースカロライナ州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見たユニバーサルデザインユニバーサルデザイン

    発足時より新しい案内サインシステムの導入を進めている。東京都渋谷区のデザイン会社・アール・イー・アイがデザインを手がけたもので、旧営団地下鉄のサインシステムが検討された1975年当時から「利用者の高齢化」「国際都市化」「鉄道の複雑化」が進展したことを受け、全般的にユニバーサルデザインを取り入れつつも、サインの数を増やさず、かつ大型化もせずに表示の重点整備や簡略化をすすめ、字体もぼやけた状態でも誤読の少ない書体を選定している。東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

273件中 81 - 90件表示

「ユニバーサルデザイン」のニューストピックワード

  • 夢ひろがる 人つながる ともに生きる ニライの都市

  • ビッグドラム BD−NX120A

  • みんなにやさしい新しいタクシー車両