275件中 21 - 30件表示
  • レオナルド・ボヌッチ

    レオナルド・ボヌッチから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    レオナルド・ボヌッチ(Leonardo Bonucci, 1987年5月1日- )は、イタリア・ヴィテルボ出身のサッカー選手。セリエA、ユヴェントスFCに所属。ポジションはディフェンダー。レオナルド・ボヌッチ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ポグバ

    ポール・ポグバから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ポール・ラビーレ・ポグバ(Paul Labile Pogba, 1993年3月15日 - )は、フランス・セーヌ=エ=マルヌ県出身のサッカー選手。セリエAのユヴェントスFCに所属する。ポジションはMF。ポール・ポグバ フレッシュアイペディアより)

  • オロフ・メルベリ

    オロフ・メルベリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2006年8月19日、2006-07シーズン開幕戦のアーセナルFC戦で先制点を挙げ、新造されたエミレーツ・スタジアムの初の得点者となった。2007年に就任したマーティン・オニール監督にもセンターバックのファーストチョイスとして起用された。2007年夏にはザット・ナイトが加入してマルティン・ラウルセンとセンターバックのコンビを組んだため、2007-08シーズンは右サイドバックとしてプレーした。2008年3月15日のポーツマスFC戦では2枚のイエローカードを提示されて退場処分を受けた。なお1月28日にはユヴェントスFCと仮契約を交わしたことが発表され、ホームでの最終戦となった5月3日のウィガン・アスレティックFC戦はメルベリのクラブへの貢献に感謝して「オロフ・メルベリ・デー」とされた。最終節となったアウェーでのウェストハム・ユナイテッドFC戦では、アップトン・パークに来場したヴィラサポーター全員に、メルベリの名前と背番号、さらに「Thanks 4 Your Support」というメッセージが背中に入ったユニフォームがプレゼントされた。オロフ・メルベリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たユベントスユヴェントスFC

    その後もジーダからレギュラーを奪えずにいたが、2005年8月17日に正GKジャンルイジ・ブッフォンが負傷離脱したユベントスへレンタル移籍。シーズン序盤こそ硬さが見られたが中盤以降はブッフォンに見劣りしないセービングを連発。また、代表でもブッフォンの代わりを務めた。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    移籍初シーズンは、左の守備的MFとしてプレー。35試合に出場して10得点を挙げ、UEFAカップ出場権を得た。1994年にはリーグ・アンの最優秀若手選手に選ばれた。1995年、ブラックバーン・ローヴァーズFCの監督をしていたケニー・ダルグリッシュがジダンとクリストフ・デュガリーの獲得に興味を示すも、会長は「ティム・シャーウッドがいるのに何故ジダンを欲しがるのか?」と語り、獲得することはなかった。1996年にはインタートトカップを勝ち上がり出場したUEFAカップで決勝まで進出。4回戦レアル・ベティス戦での35メートルのシュートや3-0で勝利を収めた準々決勝ACミラン戦2nd legなど印象的なプレーを披露。決勝では敗れたものの、ユヴェントスの首脳陣をして「ミシェル・プラティニの後継者をみつけた」と言わしめた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ザッケローニ

    アルベルト・ザッケローニから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1983年、30歳で当時セリエC2のチェゼナティコの監督に就任。その後、指導者として経験を積み、ウディネーゼ、ACミラン、SSラツィオ、インテル、トリノFC、ユヴェントスFCとイタリアのクラブチームの監督を務める。「ビッグ3」と呼ばれるACミラン、インテル、ユヴェントスをすべて率いた経験を持つのは、ジョバンニ・トラパットーニとザッケローニのふたりだけである。ACミラン監督時代には、就任初年度の1998-1999シーズンにセリエAでリーグ優勝しスクデットを獲得。同年のイタリアサッカー選手協会年間最優秀監督賞を受賞した。アルベルト・ザッケローニ フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー)

    セリエA (サッカー)から見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1950年代から1990年代前半まで、セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ミラン、インテルのビッグ3に加え、サンプドリア、ナポリ、トリノ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ、ボローニャ、ジェノアなどの中堅名門クラブ、次いでプロヴィンチャという構図が基本的であった。セリエA (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジョ・キエッリーニ

    ジョルジョ・キエッリーニから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ジョルジョ・キエッリーニ(Giorgio Chiellini, 1984年8月14日 - )は、イタリア・ピサ出身の同国代表、セリエA・ユヴェントスFC所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。ジョルジョ・キエッリーニ フレッシュアイペディアより)

  • シモーネ・ペペ

    シモーネ・ペペから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    09-10シーズン終了後、250万ユーロでユヴェントスFCとローン移籍することが決まった。10-11シーズン終了後には750万ユーロでユヴェントスへ完全移籍した。シモーネ・ペペ フレッシュアイペディアより)

  • オマール・シボリ

    オマール・シボリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ブエノスアイレス州北部の町、サン・ニコラス・デ・ロス・アロージョスで生まれたシボリは、1952年CAリーベル・プレートとプロ契約。1955年から3年連続でのリーグ優勝に貢献。1956年にはアルゼンチン代表デビューを果たす。1957年当時の世界最高の移籍金でユヴェントスに移籍。同年ジョン・チャールズも加えたクラブは1957-58シーズンにスクデットを獲得。シボリがユベントスに在籍した8シーズンでスクデット3回、コッパ・イタリアも3回制覇、1959-60シーズンには27得点を挙げ得点王に輝き、1961年バロンドールを受賞した。シボリはユヴェントスの選手として167得点を挙げ、当時のクラブ歴代得点ランキングでジャンピエロ・ボニペルティに次ぐ2位となった。1965年チーム内の不和が原因でナポリへ移籍、ここで4シーズンを過ごして1966年にはコッパ・デッレ・アルピを獲得。1969年に引退した。オマール・シボリ フレッシュアイペディアより)

275件中 21 - 30件表示

「ユベントス」のニューストピックワード

  • パーティIHコンロ ricopa

  • パーティIHコンロ ricopa(リコパ)

  • アイリスペットどっとコム 犬といっしょ(https://)