275件中 41 - 50件表示
  • ミケーレ・パドヴァーノ

    ミケーレ・パドヴァーノから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ーナはセリエBへの降格が決定した。パドヴァーノはユヴェントスFCからオファーを受けて移籍した。ミケーレ・パドヴァーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・フェイガン

    ジョー・フェイガンから見たユベントスユヴェントスFC

    現役時代はマンチェスター・シティでキャリアの大半を過ごした。1953年に引退すると指導者の道に進み、1958年にリヴァプールに加わる。その後ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリーの下でアシスタントコーチを務めた後、1983年に監督に就任。1983-84シーズンにUEFAチャンピオンズカップを制した。この年には国内リーグとリーグカップも優勝した。翌年もチャンピオンズカップで決勝に進出したが、ユベントスに敗れ準優勝に終わった。このシーズンでリヴァプールを退団している。ジョー・フェイガン フレッシュアイペディアより)

  • エスティガリビア

    エスティガリビアから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    マルセロ・エスティガリビア-パラグアイのサッカー選手。ユヴェントスFC所属。エスティガリビア フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・キメンティ

    アントニオ・キメンティから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2002年から2006年までユヴェントスFCに在籍し、ジャンルイジ・ブッフォンのバックアッパーとしてプレーした。出場機会を得るために2006年からカリアリ・カルチョやウディネーゼ・カルチョを渡り歩き、2008年7月にユヴェントスに復帰した。アントニオ・キメンティ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・パオロ・モンターリ

    ジャン・パオロ・モンターリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    バレーボール指導者の経歴の他、サッカーのユヴェントスFCで役職を務め、2009年からはASローマの役職を務めている。ジャン・パオロ・モンターリ フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・タッコーニ

    ステファノ・タッコーニから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ユヴェントスFC時代には正GKとして1985年のUEFAチャンピオンズカップ、トヨタカップ制覇等に貢献。またジェノア時代の1994-95シーズンには日本の三浦知良とチームメイトであった。ステファノ・タッコーニ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2005-06シーズンのアーセナルはチャンピオンズリーグを順調に勝ち進み、レアル・マドリード、ユヴェントス、ビジャレアルなどの強豪が彼の獲得に興味を示した。FCバルセロナとの決勝は試合途中から起用されたが、1-2で敗れて準優勝に終わった。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・サパテル

    アルベルト・サパテルから見たユベントスユヴェントスFC

    2009年夏、サラゴサでかつてチームメイトだったディエゴ・ミリートがジェノアCFCにサパテル獲得を薦め、移籍金450万ユーロ(約6億1000万円)で移籍した 。サラゴサは契約年数が残り1年となったサパテルに契約延長オファーを出すつもりがなく、移籍金が発生するうちに放出したかったようである。サパテルはキャプテンとして尽くしてきたチームにぞんざいに扱われたことに動揺し、泣きながら移籍会見を行った。8月23日、シーズン開幕戦のASローマ戦に出場し、同点ゴールとなる初得点を決めて華々しくデビューした。9月17日、UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ・スラビア・プラハ戦で開始4分に得点したが、この得点はこのシーズンから始まったUEFAヨーロッパリーグの初得点(予選は含めず)となった。2010年1月、ユベントスからの関心が報道された。アルベルト・サパテル フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・イバニェス

    パブロ・イバニェスから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2004年夏、フェランドが監督に就任したアトレティコ・マドリードに移籍した。2004-05シーズンは同じく新加入でコロンビア代表のルイス・ペレアとコンビを組んだ。序盤戦の活躍からリヴァプールFC、ユヴェントスFC、マンチェスター・ユナイテッドFCなどに興味を示されたが、実際の移籍には至らなかった。2007-08シーズンのプレーぶりはサポーターから強い批判を浴びたが、34試合に出場してビジャレアルCF戦(3-4)で得点し、アトレティコはリーグ戦4位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2008年夏にはトマーシュ・ウイファルシとフアニートが加入し、イバニェスの重要性は徐々に低下していった。2009年後半にキケ・サンチェス・フローレス監督が就任すると、キケ・フローレス監督は下部組織出身のアルバロ・ドミンゲスを重用し、チームメイトの出場停止や負傷などの場合を除いて、ほとんどの試合で招集メンバーから外れた。2009-10シーズン後半戦は1試合も出場機会がなく、シーズンを通じても7試合の出場にとどまった。パブロ・イバニェス フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・パーロ

    マッテオ・パーロから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ユヴェントスFCの下部組織出身のセンターハーフ。セリエAのビッグクラブ(特にインテルやACミラン)では下部組織から選手を登用することは少ないが、2006-07シーズン、ユーヴェのセリエB降格に伴う主力選手の大量放出により、レンタル先のACシエナ(正確には共同保有)から戻ったパーロをディディエ・デシャンはレギュラーに抜擢。クリスティアーノ・ザネッティとボランチを組み28試合に出場、1年でのセリエA復帰に貢献した。マッテオ・パーロ フレッシュアイペディアより)

275件中 41 - 50件表示

「ユベントス」のニューストピックワード