628件中 41 - 50件表示
  • クリスティアン・ヴィエリ

    クリスティアン・ヴィエリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    デビューはセリエC1プラート。そのシーズンの90年2月、後に900億リラの移籍金で加入する事となるインテルが獲得しようとしていたが実現ならず、シーズン終了後に率いるトリノと契約(トリノ移籍はモンドニコが獲得を考えていたためであった)。しかし、トリノはFWを必要としてなくやワルテル・カーザグランデの控えとしての役回りをする機会が殆どとなる。その後様々なクラブを転々としながら徐々に頭角を現していき、1996-97シーズンにはユヴェントスに移籍し、デル・ピエロとともにこれからのユヴェントスを支えていく若手期待の星として活躍し始めた。このままユヴェントスで順調にキャリアを重ねていくと思いきや、翌1997-98シーズンにはスペインのアトレティコ・マドリードに移籍し、リーガ・エスパニョーラ初参戦にして24試合24得点という成績を残し、得点王を獲得。「リーガは生ぬるい」と発言し、翌シーズンには自身の故郷のラツィオに移籍、セリエAへ復帰した。クリスティアン・ヴィエリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・シソッコ

    モハメド・シソッコから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2年目も変わらずに出場していたが、11月8日のフットボールリーグカップ・バーミンガム・シティFC戦でメディ・ナフティとの接触の際に肩を脱臼したことで3ヶ月の離脱を余儀なくされたことや、その間にアルゼンチン代表のハビエル・マスチェラーノが加入したため、出場機会が減少した。シーズン終了後にユヴェントスFCからのオファーや他クラブから関心が寄せられたが、ベニテス監督の説得もあり残留を決め、2007年6月28日に契約を4年延長したが、中盤にルーカス・レイヴァが新たに加入したことで出場機会はさらに減少していった。モハメド・シソッコ フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・ブリーギ

    マッテオ・ブリーギから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    弟はかつてユヴェントスFCに所属していた。マッテオ・ブリーギ フレッシュアイペディアより)

  • シモーネ・ペペ

    シモーネ・ペペから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2009-10シーズン終了後、完全移籍オプション付きの期限付き移籍でユヴェントスFCへ加入。レンタル代は260万ユーロ。2010-11シーズン終了後に750万ユーロでユヴェントスへ完全移籍した。翌2011-12シーズンはアントニオ・コンテ新監督の下、4-3-3の右ウイングのポジションでミロシュ・クラシッチからレギュラーを勝ち取った。2012年夏にはウディネーゼ時代の八百長告発の義務違反の容疑がかけられたが、ペナルティはなかった。2012-13シーズンは怪我でラツィオ戦の20分以外出場できなかった。シモーネ・ペペ フレッシュアイペディアより)

  • インターコンチネンタルカップ (サッカー)

    インターコンチネンタルカップ (サッカー)から見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    第6回大会(1985年)でユヴェントスが来日した以降、一気に大会の注目度が高まったが、一方で大会中止を求める声も上がるようになっていた。そのような状況の中行われた第8回大会(1987年)では、雪の降る中の大会となり、主審は前半が終わった段階で試合を中止させようとしたが、ポルトとペニャロールの両チームの選手たちは「絶対に決着をつける」と試合続行を要求。選手たちの要求通り、試合は続行され、延長戦にもつれ込む熱戦となった(試合は2-1でポルト勝利)。試合後、トヨタの全国各地のディーラーや海外の関係者から「実に感動的な試合だった。これこそがトヨタがやるべきスポーツイベントだ」と大会継続の要望が寄せられた。さらに大会スポンサーのトヨタ自動車社長(当時)の豊田章一郎自身がこの試合を見て大会継続を決意したこともあり、トヨタカップは継続された。インターコンチネンタルカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・セバージョス・ジュニア

    ホセ・セバージョス・ジュニアから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2013年1月28日、イタリアのユヴェントスFCへ完全移籍のオプション付きレンタルで移籍した。ホセ・セバージョス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ラウドルップ

    ミカエル・ラウドルップから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ケベンハウンBKからデビューし、イタリアのユヴェントスFCやSSラツィオなどに在籍したのち、1989年にスペインのFCバルセロナに移籍。4シーズン連続でプリメーラ・ディビシオン優勝を果たした。1994年にはバルセロナのライバルのレアル・マドリードに移籍し、2クラブにまたがって5シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンのタイトルを獲得。晩年は日本のヴィッセル神戸やオランダのAFCアヤックスに在籍した。ミカエル・ラウドルップ フレッシュアイペディアより)

  • ステヴァン・ヨヴェティッチ

    ステヴァン・ヨヴェティッチから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2012-13シーズン終了後、移籍を志望し、ユヴェントスやアーセナルが獲得に動いた。2013年7月18日、ヨヴェティッチのマンチェスター・シティ移籍がクラブ間合意に達したとフィオレンティーナが発表。背番号はパルチザン在籍時に付けていた35番を選択。ステヴァン・ヨヴェティッチ フレッシュアイペディアより)

  • カルチョ・スキャンダル

    カルチョ・スキャンダルから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ユヴェントスのルチアーノ・モッジ元ゼネラルマネージャー (GM) やアントニオ・ジラウド元最高経営責任者 (CEO) らが主犯格とされ、組織的に審判(主審、副審)を買収、脅迫し、自チームに有利な判定を行うよう指示していた。また、イタリアサッカー連盟 (FIGC) の元会長であるフランコ・カラーロや審判協会 (AIA) の元会長であるトゥーリオ・ラネーゼもこれに協力していたとされており、イタリアサッカー界の腐敗体質が世に知れ渡ることとなった。ユヴェントスの他にも ACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオ、レッジーナが関与していた。カルチョ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のサッカー

    2015年のサッカーから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    【UEFA】UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15決勝がベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、FCバルセロナがユヴェントスFCを3-1で下し、4年ぶり5回目の優勝が決定。2015年のサッカー フレッシュアイペディアより)

628件中 41 - 50件表示

「ユベントス」のニューストピックワード