275件中 61 - 70件表示
  • ミゲル・ポルラン

    ミゲル・ポルランから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    その後の8シーズンは右サイドバックの位置を不動のものとして297試合に先発出場し、キンタ・デル・ブイトレの一員としてリーガ・エスパニョーラ5連覇などのタイトル獲得に大きく貢献した。しかしその後は定位置を失い、1998年5月20日のUEFAチャンピオンズリーグ・ユヴェントスFC戦が最後の試合となり、37歳のチェンドは引退した。ミゲル・ポルラン フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・スタセビチ

    イゴール・スタセビチから見たユベントスユヴェントスFC

    2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは予選3回戦のステアウア・ブカレスト戦セカンドレグでセルゲイ・ソスノフスキーの得点をアシストし、初の本戦出場に貢献した。グループリーグ6試合すべてに先発出場した。2008年9月17日のレアル・マドリード戦では2度FKを放ったが、ゴールを脅かすには至らなかった。9月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのユベントス戦で、23分にクロスをゴールに流し込みチーム2点目を決めた。一時は2-0とリードしたが、前半のうちに追いつかれて引き分けた。イゴール・スタセビチ フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・クリベツ

    セルゲイ・クリベツから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2006年からベラルーシリーグで3連覇した。2008年9月30日、UEFAチャンピオンズリーグのユヴェントスFC戦で、チャンピオンズリーグでクラブ初となる得点を決めた。2008年シーズンは全30試合でわずか1敗で優勝を決めた。2009年シーズンは開幕戦から6試合で8得点を決めて独走するチームを牽引し、シーズン中盤に早くも得点を二桁に乗せた。セルゲイ・クリベツ フレッシュアイペディアより)

  • フヴァル島

    フヴァル島から見たユベントスユヴェントスFC

    現在のフヴァル出身者で世界に名が知られているのは、サッカー選手のイゴール・トゥドール(ユベントス所属)である。また、アルゼンチンで活躍した人類学者で、指紋の検証のパイオニアであるフアン・ブセティッチ(Juan Vucetich)もフヴァル出身である。フヴァル島 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ベルトラッチ

    アンドレア・ベルトラッチから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ASローマのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年1月、USレッチェにレンタル移籍した。ユヴェントスFC戦でプロ初ゴールを記録した。アンドレア・ベルトラッチ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ベアズリー

    ピーター・ベアズリーから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1987年夏、リヴァプールFCのエースであるイアン・ラッシュはイタリアのユヴェントスFCに去った。リヴァプールの選手兼監督であるケニー・ダルグリッシュは国内記録となる190万ポンドの移籍金をベアズリー獲得のために提示し、ニューカッスル・Uのウィリー・マクファール監督はこのオファーを受け入れ、1987年7月14日にリヴァプールへの移籍が完了した。この12年後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は自伝で、(マンチェスター・Uにはベアズリー)獲得の意思があったが、マクファールはオファーを断り、「300万ポンドのオファーを出さない限り(ベアズリーは)売らない」と言われたことを明らかにしている。同時期にはワトフォードFCからウィングのジョン・バーンズも加入し、1987-88シーズンにはPFA年間最優秀選手賞に選ばれている。さらに1986-87シーズン途中にはジョン・オルドリッジも加わっており、1987年8月15日、ハイバリーで行われたシーズン開幕戦のアーセナルFC戦(2-1)では、9分にベアズリー、バーンズ、オルドリッジの3者の連携からアーセナル守備陣を切り裂いてオルドリッジの得点を呼び込んだ。ベアズリーとオルドリッジのコンビは、1980年代のイングランドサッカー界で最高のパートナーと謳われたダルグリッシュとラッシュの名コンビを引き継いだ。8月29日、で行われたコヴェントリー・シティFC戦(4-1)では83分に移籍後初得点を挙げた。1987-88シーズンにはクラブ最長タイのリーグ戦29試合連続無敗を達成し、リーグを席巻して優勝を果たした。しかし、FAカップ決勝ではウィンブルドンFCに0-1で敗れ、ダブル(リーグ戦とカップ戦の2冠)を阻止された。リヴァプールは一度ゴールネットを揺らしたが、その前に相手選手がファールを犯したとして主審はリヴァプールのフリーキックを指示し、その前のリヴァプールのゴールは認められなかった。その後、ウィンブルドンのが試合唯一となる得点を挙げ、リヴァプールは後半にオルドリッジがPKを失敗して万事休した。リヴァプールでの初年度には、オルドリッジに次いでジョン・バーンズと並ぶチーム2位タイの15得点を挙げた。1988年にはラッシュが再加入し、ラッシュは負傷のために14試合を欠場したが、ダルグリッシュ監督は4-3-3フォーメーションを採用し、ベアズリー、オルドリッジ、ラッシュのフォワード3人の共存を認めた。1989年4月にはヒルズボロの悲劇が起こって96人のリヴァプールサポーターが死去し、ベアズリーは病院を訪れて何人もの負傷者を見舞ったり、何人もの犠牲者の葬儀に出席したりした。1988-89シーズンのFAカップでは、ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝でライバルのエヴァートンFCを3-2で破って優勝した。リーグ戦でも最終節を前にして2位のアーセナルに勝ち点3差(得失点差は4リード)を付けていたが、アンフィールドで行われたアーセナルとの直接対決ではロスタイムの失点で0-2と敗れ、得点数でアーセナルを下回って優勝を逃した。ベアズリーはリーグ戦で11得点を挙げた。1989年夏にオルドリッジが移籍したことで、1989-90シーズンのベアズリーは4-4-2フォーメーションでラッシュと並ぶ形のフォワードに復帰した。29試合に出場して10得点を挙げ、クラブは2シーズンぶりにリーグ優勝したが、高額の移籍金でイスラエル代表のRonny Rosenthalが加入したことでシーズン終盤には出場機会が減少していた。ピーター・ベアズリー フレッシュアイペディアより)

  • FCオツェルル・ガラツィ

    FCオツェルル・ガラツィから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1986-87シーズンに初めてディヴィジアAに昇格した。1988-89シーズンにUEFAカップに初出場し、イタリアのユヴェントスFCとの試合ではホームでの第1戦に1-0で勝利した。2004年には国内カップの決勝に進出した。FCオツェルル・ガラツィ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAインタートトカップ 1999

    UEFAインタートトカップ 1999から見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    UEFAインタートトカップ 1999は、モンペリエ、ユヴェントス、ウェストハム・ユナイテッドが優勝し、UEFAカップ 1999-2000に進んだ。UEFAインタートトカップ 1999 フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・パストーレ

    ハビエル・パストーレから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2009年7月11日、イタリアのUSチッタ・ディ・パレルモと5年契約を結んだ。移籍金は約470万ユーロ。8月15日のコッパ・イタリアでデビューし、8月22日にはSSCナポリ戦に先発出場してセリエAデビューを果たした。10月4日のユヴェントスFC戦で飛躍的な成長を遂げ、エディンソン・カバーニの得点をアシストして2-0で勝利を飾ると、イタリアのすべてのウェブサイトと全国紙に名前が登場した。ワルテル・ゼンガ監督の下では途中出場がほとんどであったが、デリオ・ロッシ新監督はファブリッツィオ・ミッコリとカバーニの背後にパストーレを据えるフォーメーションを採用し、後半戦は完全にレギュラーに定着した。2010年1月30日のASバーリ戦(2-4)で初得点を決め、2009-10シーズンはリーグ戦34試合に出場してUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。ハビエル・パストーレ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・エスナイデル

    フアン・エスナイデルから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1995年にレアル・マドリードはエスナイデルを買い戻したが、1995-96シーズンのプリメーラ・ディビシオンではわずか1得点に終わった。シーズン終了後にライバルであるアトレティコ・マドリードへ移籍。するとエスナイデルは再び輝きを取り戻し、1996-97シーズンにキャリアハイとなるリーグ16得点を挙げた。翌シーズンにRCDエスパニョールへと移ると、半年でリーグ13得点を挙げた。1999年1月、足の怪我によって離脱したアレッサンドロ・デル・ピエロに代わる選手を求めていたユヴェントスFCへの移籍が決定。2000年12月には古巣レアル・サラゴサへレンタル移籍し、再びコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。フアン・エスナイデル フレッシュアイペディアより)

275件中 61 - 70件表示

「ユベントス」のニューストピックワード