628件中 61 - 70件表示
  • クワドォー・アサモア

    クワドォー・アサモアから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    クワドォー・アサモア(Kojo Kwadwo Asamoah, 1988年12月9日 - )は、ガーナ・アクラ出身のサッカー選手。ユヴェントスFC所属。ポジションはMF。運動量豊富で、攻守に優れた選手。クワドォー・アサモア フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ラニエリ

    クラウディオ・ラニエリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    パルマとは契約を延長せず、翌2007-08シーズンよりセリエAに復帰するユヴェントスの指揮官に3年契約で迎えられる。昇格直後のチームを率いてリーグ戦を3位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。クラウディオ・ラニエリ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・アッピアー

    スティーヴン・アッピアーから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    パルマでの2シーズンは、コッパ・イタリアのタイトルを獲得するもレギュラー奪取とはいかず控えの立場だったため、2002-03シーズンにロベルト・バッジョの在籍するブレシア・カルチョへ貸し出された。すると、恵まれた能力を開花させ31試合7得点を挙げ活躍し、その活躍から同リーグの王者ユヴェントスFCから関心を寄せられ、2003年夏の移籍市場で同クラブに移籍金200万ユーロでレンタル移籍することが決定(2004年に移籍金600万ユーロで完全移籍のオプション付き)。また、同年ので8位に選出された。スティーヴン・アッピアー フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・リヒトシュタイナー

    ステファン・リヒトシュタイナーから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ステファン・リヒトシュタイナー(Stephan Lichtsteiner, 1984年1月16日 - )は、スイス出身のサッカー選手。セリエA・ユヴェントスFC所属。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。ステファン・リヒトシュタイナー フレッシュアイペディアより)

  • ジャンマルコ・ジゴーニ

    ジャンマルコ・ジゴーニから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ジャンマルコ・ジゴーニ(Gianmarco Zigoni, 1991年5月10日 - )は、イタリア・ヴェネト州ヴェローナ県ヴェローナ出身のサッカー選手。ヴェネツィアFC所属。ポジションはフォワード。父はユヴェントスFCなどで活躍したフォワードの。ジャンマルコ・ジゴーニ フレッシュアイペディアより)

  • マッティア・デ・シリオ

    マッティア・デ・シリオから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    マッティア・デ・シリオ(、 1992年10月20日 - )は、イタリア・ロンバルディア州ミラノ出身のサッカー選手。セリエA・ユヴェントスFC所属。イタリア代表。ポジションはディフェンダー。マッティア・デ・シリオ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルカ・ラパドゥーラ

    ジャンルカ・ラパドゥーラから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1996年に地元・トリノのクラブであるユヴェントスの下部組織に入団。地元クラブの下部組織を経て、2006年にトレヴィーゾの下部組織に移籍。翌2007年にプロ・ヴェルチェッリとプロ契約を結んだが、1年で放出された。ジャンルカ・ラパドゥーラ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルダー・ブレーメン

    ヴェルダー・ブレーメンから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2005-06シーズンはフリンクスが復帰し、センターバックのナウドを獲得するなど陣容が整う。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06決勝トーナメント1回戦にてユヴェントスを相手に2戦合計4-4 (3-2、1-2) とアウェーゴール差での敗戦となった。ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンに次いで2位に終わったもののクローゼが25得点をあげて得点王となった。ヴェルダー・ブレーメン フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・マルセイユ

    オリンピック・マルセイユから見たユベントスユヴェントスFC

    2014年5月2日、マルセロ・ビエルサが2014-15シーズンからの監督就任が合意したことを発表した。夏の移籍市場では、戦術マニアと評されるビエルサに率いられたチームはFWアンドレ=ピエール・ジニャックが得点ランキング2位となる21ゴールを挙げる大活躍を見せたこともあり、シーズンを4位で終える。しかし2015-2016シーズンはマリオ・レミナをユベントスに、ジャネリ・インビュラをFCポルト、アンドレ・アイェウをスウォンジ・シティに放出し、ニューカッスル・ユナイテッドからレミ・カベッラを獲得したのを始め、ロランド・フォンセカ、カリム・レキクなどを獲得した。しかし2015年8月の開幕戦のSMカーン戦の敗戦後にビエルサが電撃辞任する波乱の幕開けとなる。クラブは急遽、前オリンピアコスFC監督のミチェルを新監督に招聘するが、前シーズンの立役者であったジニャックの退団などの影響もあり低迷し、2016年4月の第34節時点で15位という極度の成績不振によりミチェルを解任、後任にはアシスタントコーチを務めていたフランク・パッシを昇格させたが、最終的に13位でシーズンを終える。オリンピック・マルセイユ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2年目の2007-08シーズン、バイエルンはイタリア代表のルカ・トーニとフランス代表のフランク・リベリー、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼを補強するなど大幅補強を実施。ヒッツフェルト監督の下でブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成し自身として初のメジャータイトルを獲得したが、シーズンを通じてはトーニ、リベリー、クローゼの加入により出場機会が減少。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、イングランドのマンチェスター・シティFCやトッテナム・ホットスパーFC、イタリアのユヴェントスFC、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやVfBシュトゥットガルト、さらに翌シーズンからの1部復帰が決定した古巣のケルンなどが関心を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

628件中 61 - 70件表示

「ユベントス」のニューストピックワード