275件中 71 - 80件表示
  • ロベルト・ドナドーニ

    ロベルト・ドナドーニから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    アタランタでデビューを果たし、主力選手として活躍した。その活躍から、ユヴェントスFCとの争奪戦を制し、ACミランに移籍した。ロベルト・ドナドーニ フレッシュアイペディアより)

  • ハンス=イェルク・ブット

    ハンス=イェルク・ブットから見たユベントスユヴェントスFC

    ハンス=イェルク・ブット(Hans-Jörg Butt, 1974年5月28日 - )は、ドイツ・オルデンブルク出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。イェルクではなくヨルクと表記されることもある。ペナルティキックを蹴るゴールキーパーとして知られ、ブンデスリーガでは通算で26得点、チャンピオンズリーグでは通算3得点あげている。チャンピオンズリーグでの3得点はすべてユベントス戦である。ハンス=イェルク・ブット フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・オタメンディ

    ニコラス・オタメンディから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    ベレスの下部組織出身である。ウーゴ・トカッリ(Hugo Tocalli)監督に抜擢され、2008年5月10日、ホームでのロサリオ・セントラル戦(2-1)でデビューした。トカッリ監督が指揮していた間はマリアーノ・ウグレシッチ、ワルド・ポンセ(Waldo Ponce)、フェルナンド・トビオ、マルコ・トルシグリエリに次ぐ5番手のセンターバックと位置づけられていたが、リカルド・ガレカ(Ricardo Gareca)監督が就任したクラウスーラ2009シーズンには、ポンセがチリ代表の試合で負傷したため、オタメンディは出場機会を得た。セバスティアン・ドミンゲスとコンビを組んで19試合中17試合に出場し、リーグ優勝に貢献した。シーズン終了後には、インテル、フィオレンティーナ、レアル・マドリード、ユヴェントスなど欧州のクラブへの移籍の噂が持ち上がったが、ベレスに残留した。ニコラス・オタメンディ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアダービー

    イタリアダービーから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    イタリアダービー()は、イタリアのサッカークラブ、インテルナツィオナーレ・ミラノとユヴェントスFCの試合に対する呼称である。イタリアダービー フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・チテ

    モハメド・チテから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2003年、ベルギーのスタンダール・リエージュに移籍した。3シーズンの間レギュラーとしてプレーし、58試合に出場して21得点を挙げた。2004年夏のプレシーズンにはユヴェントスFCのアジア遠征に参加し、FC東京戦に出場した後にスタンダールに戻った。2005-06シーズンには16得点を挙げ、ゲルミナル・ベールショットのトシン・ドスンム(18得点)に次ぐ得点ランキング2位となった。2006年夏にはRSCアンデルレヒトに移籍し、2006-07シーズンのジュピラーリーグを制した。自身はベルギー最優秀選手賞を受賞し、ベルギー・エボニー・シュー(ベルギー最優秀アフリカ人選手賞)も受賞した。モハメド・チテ フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ1984-1985

    フットボールリーグ1984-1985から見たユヴェントスFCユヴェントスFC

       2つ目は、フットボールリーグのリーグ戦ではなく、前シーズン(1983-84)ディヴィジョン1覇者のリヴァプールが出場した1985年5月29日にUEFAチャンピオンズカップ1984-85決勝のリヴァプールvsユヴェントスの試合前のサポーター同士の衝突がきっかけとなり発生した「ヘイゼルの悲劇」の群集事故である。フットボールリーグ1984-1985 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝から見たユベントスユヴェントスFC

    リヴァプールはこのシーズンのリーグ戦は低迷しており、長年チャンピオンズリーグでも結果を出せていなかった。このシーズンもグループステージから苦戦し最終節のホーム、オリンピアコス戦ロスタイムでのジェラードの劇的なミドルシュートで突破を決め、その後ユベントス、チェルシーらの強豪を接戦で倒し苦しみながらも勝ち抜けてきた。対するミランは、マンチェスター・ユナイテッドやインテルを相手に安定した勝ち方で勝ち上がってきており、スクデットこそ逃していたがこの日のために主力を温存し、2002-2003シーズンのチャンピオンズリーグを制した勢いを保っており、前評判はミラン有利と見られていた。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • FC BATEボリソフ

    FC BATEボリソフから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1973年に創設され、ソビエト連邦時代はベラルーシリーグで3度の優勝に輝いたが、1981年にクラブ解散となった。1996年に経済学者のアナトリ・カプスキ会長が中心となってクラブが再建され、1998年にベラルーシ・プレミアリーグ(1部)昇格を果たすと、1998-99シーズンには昇格初年度ながらリーグ優勝を果たした。若手の育成を重視し、アレクサンドル・フレブやビタリー・クツゾフなどのタレントを輩出しながら、常に上位争いに加わった。いずれも予選1回戦から参加したUEFAチャンピオンズリーグにおいて、2000-01シーズンは予選2回戦敗退、2003-04シーズンは予選1回戦敗退であった。2006-07シーズンには再建後2度目のリーグ優勝を果たし、ビクトル・ゴンチャレンコ監督を登用した2007-08シーズンには2連覇を達成した。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ予選ではヴァルルFC、RSCアンデルレヒト、PFCレフスキ・ソフィアを倒し、ベラルーシのクラブとして初めての欧州カップ戦本選グループリーグ出場を果たした。本選に出場する32クラブの中でUEFAランキングは最下位であり、グループリーグではイタリアのユヴェントスFC、スペインのレアル・マドリード、ロシアのFCゼニト・サンクトペテルブルクと同組となった。1勝もできずにグループリーグ最下位に終わったが、アウェーのゼニト戦とユヴェントスFC戦2試合に引き分けて勝ち点3を獲得した。2009-10シーズンのUEFAヨーロッパリーグではポルトガルのSLベンフィカ、イングランドのエヴァートンFC、ギリシャのAEKアテネFCと同組となったが、グループリーグ敗退に終わった。2010-11シーズンの同大会ではオランダのAZアルクマール、FCディナモ・キエフ、FCシェリフ・ティラスポリと同組となったが、D・キエフに次ぐグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦ではフランスのパリ・サンジェルマンFCと対戦し、アウェーゴール差で敗退した。FC BATEボリソフ フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    サンパウロFCユースを経て、2004年に兄カカを追うようにACミランプリマヴェーラ(U-20チーム)に入団。2005年からはセリエBのリミニCFCへ2年間の武者修行に出た。2007年夏に晴れてミランのトップチームに登録。同年8月17日開催のベルルスコーニ杯、対ユヴェントス戦にて途中出場しミランでのデビューを果たした。ミランは2010-2011シーズン限りでジゴンとの契約を解除した。ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョナタン・ゼビナ

    ジョナタン・ゼビナから見たユベントスFCユヴェントスFC

    17歳の時にカンヌに入団し、そこで着実に成長を遂げると、1998年-1999年シーズンにセリエA・カリアリに移籍をする。カリアリで過ごした二年間で自身の評価を高めると、2000年-2001年シーズンにファビオ・カペッロ監督率いる強豪ローマに引き抜かれた。キャンプ中に怪我をし、早々と戦線離脱するが、復帰後はレギュラーとして活躍し、18年ぶりのスクデット獲得に大きな貢献をした。しかし、その後は不安定なプレーが続き、メンバーから外されるが、2003-2004シーズンから主力として活躍し、このシーズン終了後にユベントスFCに入団した。しかし移籍後も相変わらずミスが多く、不安定なプレーに終始していたため、レギュラーポジションを確保できなかった。2010年8月31日に6年間在籍したユベントスとの契約解消を発表。同日、6シーズンぶりにセリエAに昇格したブレシア・カルチョへの入団が発表された。しかし、ブレシアは1年で2部に降格となったため、スタッド・ブレスト29へと籍を移した。ジョナタン・ゼビナ フレッシュアイペディアより)

275件中 71 - 80件表示

「ユベントス」のニューストピックワード

  • パーティIHコンロ ricopa

  • パーティIHコンロ ricopa(リコパ)

  • アイリスペットどっとコム 犬といっしょ(https://)