275件中 81 - 90件表示
  • サッカーサンマリノ代表

    サッカーサンマリノ代表から見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2006年1月、サンマリノサッカー連盟はUEFAジュビリーアウォーズ(過去50年間の同国最優秀選手)にマッシモ・ボニーニを選出した。ボニーニはサンマリノ人選手としてUEFAチャンピオンズリーグ決勝に出場した唯一の選手である。彼は1980年代初頭にU-21イタリア代表の試合に出場し、1981年から1988年までユヴェントスFCでプレーしたが、規則変更によってイタリアA代表でプレーすることができず、選手生活晩年の1990年から1995年までサンマリノ代表として19試合に出場した。現役引退後はジョルジョ・レオーニ監督の後任としてサンマリノ代表の監督に就任し、1998年にジャンパオロ・マッツァ監督に引き継いだ。マッツァ監督は10年以上もサンマリノ代表を指揮しており、ヨーロッパ各国の代表監督中最長の在任期間を誇る。サンマリノ代表の最多出場記録はダミアーノ・ヴァンヌッチ(68試合)が保持し、2位はシモーネ・バッチョッキ(58試合)である。最多得点記録はアンディ・セルヴァ(8得点)が保持している。サッカーサンマリノ代表 フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2009年7月、移籍金2050万ユーロでユヴェントスFCに移籍した(実質的にはマルコ・マルキオンニとの交換トレード)。しかし高額な移籍金に見合う活躍はできず、最も期待はずれだった選手に贈られるビドーネ・ドーロを受賞した。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • サフィル・タイデル

    サフィル・タイデルから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2012年1月、保有権の半分をユヴェントスFCが持つことになったが、シーズン終了後に再びボローニャが全保有権を買い戻している。サフィル・タイデル フレッシュアイペディアより)

  • 若島津健

    若島津健から見たユベントスユヴェントスFC

    テクモ版では「III」において日向と共にメキシコに渡り、以後も常に彼と行動を共にしている。「IV」で「牙龍三角とび」という必殺技を編み出すが、「V」では使用しない。また、「V」で日向とともにユベントスへ移籍。日向はベンチ入りすらできない状況で自身はスターティングメンバー入りしている。なお、同GB版(小学生編を描いた作品)での能力値は若林よりも高く設定されている。若島津健 フレッシュアイペディアより)

  • シモーネ・パドイン

    シモーネ・パドインから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2010年5月にユヴェントスのアメリカツアーに帯同するが、移籍には至らなかった。しかし、2012年1月にユヴェントスへ移籍金500万ユーロで移籍した。シモーネ・パドイン フレッシュアイペディアより)

  • ファブリツィオ・ミッコリ

    ファブリツィオ・ミッコリから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    12歳の時にミランの下部組織に入団したが、ホームシックにかかり2年後にセリエC1に所属する故郷のクラブ、カザラーノに移籍した。16歳にしてファーストチームデビューを飾ると、すぐさま主力として活躍し、1998年に2部のテルナーナへステップアップした。テルナーナでも主力に定着し、4シーズン目には15ゴールを記録した。この活躍がユヴェントスの目に留まり、名門クラブへの移籍が実現。2002/03シーズンはユヴェントスと良好な関係を築いていたルチアーノ・ガウチ会長のクラブ、ペルージャに貸し出され、セリエAデビューを果たした。ペルージャでは34試合9得点の結果を残したが、復帰したユヴェントスでは常時試合に出場することは叶わず、2004年夏、シーズン開幕後にフィオレンティーナへ再びレンタルされた。フィオレンティーナではともに自己最多の35試合出場・12得点という好成績を挙げた。2005/06シーズンからはポルトガルのSLベンフィカにレンタルされ、UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06ではマンチェスター・ユナイテッドFCやリヴァプールFCを破るアップセットに大きく貢献した。2007年にパレルモに移籍金470万ユーロの3年契約で完全移籍。パレルモでの初シーズンは怪我に悩まされたが、2008/09シーズンには自己最多の14得点を記録。2009-10シーズンにはさらにそれを上回るリーグ3位タイの19得点を挙げ、パレルモの5位躍進に貢献した。現在パレルモではキャプテンとしてピッチ内外でチームを牽引している。2011/12シーズンには2月1日のセリエA・インテル戦で3得点を記録し、それまでが持っていたクラブ最多得点記録を73年ぶりに塗り替えた。ファブリツィオ・ミッコリ フレッシュアイペディアより)

  • フロジノーネ・カルチョ

    フロジノーネ・カルチョから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    初のセリエB所属となった2006-2007シーズンは、カルチョポリ問題でこちらも史上初のセリエB所属となったユヴェントスFCと対戦するなど、クラブにとって非常に歴史的なシーズンとなった。最終的に勝ち点50でASバーリと並んで11位、セリエB残留を果たしている。フロジノーネ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • アルヘンティノス・ジュニアーズ

    アルヘンティノス・ジュニアーズから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    1950年代に指揮を執ったフランシスコ・ファンディーノ監督が目指したスタイリッシュなパスサッカーは、El Tifón de Boyacá(ボジャカの台風)として知られた。アルヘンティノスは名声を手に入れ、ディエゴ・マラドーナなどの若手有望選手を惹きつけた。1976年には15歳のマラドーナがトップチームデビューし、1980年にはリーグ戦で準優勝。マラドーナは4シーズン連続でリーグ得点王に輝いたが、不思議なことに、アルヘンティノスに黄金期が訪れたのは彼のボカ・ジュニアーズ移籍後であった。ロベルト・サポリティ監督に率いられたメトロポリターナ1984ではプロ化後初のリーグ優勝を飾り、クラウディオ・ボルギ、セルヒオ・バティスタ、ペドロ・パスクッリなどがマラドーナらとともに2年後の1986 FIFAワールドカップ優勝メンバーとなった。ホセ・ジュディカ監督が率いたナシオナル1985ではクラブ2度目のリーグ優勝を果たし、同年のコパ・リベルタドーレスでは決勝でアメリカ・カリ(コロンビア)を破って初優勝した。インターコンチネンタルカップではミシェル・プラティニ擁するユヴェントスFC(イタリア)と対戦したが、PK戦の末に敗れて準優勝に終わった。アルヘンティノス・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • フランス・フットボール

    フランス・フットボールから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    毎年、フランス・フットボール誌はその年に最も活躍したフランス人選手に対してフランス年間最優秀選手賞を贈っている。1995年まではフランス国内でプレーした選手のみからの選考であったが、1996年のディディエ・デシャン(当時ユヴェントス所属)からは国外のクラブに所属している選手も選考対象となった。フランス・フットボール フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・アペルト・ピレス

    ガブリエル・アペルト・ピレスから見たユヴェントスFCユヴェントスFC

    2012年1月、ギリェルメと共にユヴェントスへ移籍。移籍金は200万ユーロ。ガブリエル・アペルト・ピレス フレッシュアイペディアより)

275件中 81 - 90件表示

「ユベントス」のニューストピックワード