前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマルチェロ・リッピ

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994?95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995?96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、UEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995?96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    スクデット獲得回数28回など、イタリアのみならず世界を代表するクラブ。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たロベルト・バッジョ

    1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にもロベルト・バッジョ等の活躍もあり、欧州では2度UEFAカップを優勝した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンルイジ・ブッフォン

    thumb|160px|アレッサンドロ・デル・ピエロカルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006?07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダヴィド・トレゼゲ、ジャンルイジ・ブッフォン、パベル・ネドヴェドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たファビオ・カンナヴァーロ

    2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前にレアル・マドリードよりフリートランスファーで、かつて所属したファビオ・カンナヴァーロを、また、ヴェルダー・ブレーメンより2450万ユーロでジエゴを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、イタリア代表経験のあるMFマルコ・マルキオンニと引き換えにフィオレンティーナからブラジル代表のフェリペ・メロを獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たクラウディオ・ラニエリ

    しかし、2008-09シーズンは無冠が決定し、シーズン途中でクラウディオ・ラニエリは解任され、かつてユヴェントスのDFとして活躍したチロ・フェラーラがシーズン終了まで指揮を執ることとなった。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たダヴィド・トレゼゲ

    thumb|160px|アレッサンドロ・デル・ピエロカルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006?07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダヴィド・トレゼゲ、ジャンルイジ・ブッフォン、パベル・ネドヴェドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たアルベルト・ザッケローニ

    2009-10シーズンは昨季途中から引き続きフェラーラの指揮の下、開幕当初は勝ち星を重ねることができたものの、徐々に成績を落としていき、チャンピオンズリーグはグループリーグで敗退、21節を終えた時点で首位と勝ち点16差を付けられるなどチームは低迷する。コッパ・イタリアも敗退が決まるとクラブはフェラーラを解任。後任としてアルベルト・ザッケローニの監督就任が発表された。36節カターニア戦で引き分け、来季のチャンピオンズリーグ出場権が消滅してしまった。このシーズン結局7位に終わる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たパベル・ネドヴェド

    thumb|160px|アレッサンドロ・デル・ピエロカルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006?07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダヴィド・トレゼゲ、ジャンルイジ・ブッフォン、パベル・ネドヴェドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジネディーヌ・ジダン

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994?95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995?96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、UEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995?96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「ユベントス」のニューストピックワード