前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たパベル・ネドベド

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲ、パベル・ネドベド、ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジネディーヌ・ジダン

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリ、ラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフィリッポ・インザーギ

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリ、ラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たロベルト・バッジョ

    1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にもロベルト・バッジョ等の活躍もあり、欧州では2度のUEFAカップ優勝を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンルイジ・ブッフォン

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲ、パベル・ネドベド、ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たファビオ・カンナヴァーロ

    エメルソンやファビオ・カンナヴァーロ、ズラタン・イブラヒモビッチといった新戦力を補強し、カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05及び2005-06シーズンを連覇する。しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(カルチョ・スキャンダルも参照)クラブは2004-05及び2005-06シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たダヴィド・トレゼゲ

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲ、パベル・ネドベド、ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフィアット

    ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。フィアット・グループのオーナーのアニエッリ家の資産管理会社の「エクソール」がクラブの株式の63.8パーセントを所有する。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマルチェロ・リッピ

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリ、ラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    セリエAにおいて最も成功したクラブの一つである。セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、「ユヴェントス」、「ACミラン」、「インテル」のビッグ3の一角を占め、スクデット獲得回数はセリエA最多の32回で、ACミラン、インテルナツィオナーレ・ミラノ(共にスクデット獲得18回)と並んでイタリアのみならず、世界でも指折りのビッグクラブの一つである。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去8度決勝に進むもうち6度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示

「ユベントス」のニューストピックワード