84件中 11 - 20件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフィリッポ・インザーギ

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994?95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995?96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、UEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995?96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たファビオ・カペッロ

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、2001-02、2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。次のシーズン、セリエAで3位に終わったことの責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05、2005-06シーズンを連覇する。しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(カルチョ・スキャンダルも参照)クラブは2004?2005および2005?2006シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフィアット

    1923年、地元の自動車会社フィアット社オーナーのエドアルド・アニェッリがクラブが買い取り、会長に就任。これが現在まで続くアニェッリ家とフィアットによるユヴェントスへの関与の端緒となる。1925?26シーズンには21年ぶりにイタリア選手権に優勝した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフェリペ・メロ

    2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前にレアル・マドリードよりフリートランスファーで、かつて所属したファビオ・カンナヴァーロを、また、ヴェルダー・ブレーメンより2450万ユーロでジエゴを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、イタリア代表経験のあるMFマルコ・マルキオンニと引き換えにフィオレンティーナからブラジル代表のフェリペ・メロを獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994?95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995?96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、UEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995?96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たディディエ・デシャン

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994?95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995?96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、UEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995?96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たサッカーイタリア代表

    1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度もセリエB(イタリア2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。現在も降格経験がないインテルとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ国内外の注目を集め、ミラノダービーやローマダービーと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。トリノFCとの対戦はトリノ・ダービーと呼ばれる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たACミラン

    2012年2月、世界最大の会計事務所である『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグによると、2010-2011シーズンのクラブ収入は1億5390万ユーロ(約170億円)であり、欧州第13位、イタリアではACミラン、インテルに次ぐ第3位である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たガエターノ・シレア

    この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレア、FIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「ユベントス」のニューストピックワード