159件中 21 - 30件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たディディエ・デシャン

    1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリ、ラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・デシャン等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たACFフィオレンティーナ

    2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前にレアル・マドリードよりフリートランスファーで、かつて所属したファビオ・カンナヴァーロを、また、ヴェルダー・ブレーメンより2450万ユーロでジエゴを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、イタリア代表経験のあるMFマルコ・マルキオンニと引き換えにフィオレンティーナからブラジル代表のフェリペ・メロを獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たレアル・マドリード

    2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前にレアル・マドリードよりフリートランスファーで、かつて所属したファビオ・カンナヴァーロを、また、ヴェルダー・ブレーメンより2450万ユーロでジエゴを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、イタリア代表経験のあるMFマルコ・マルキオンニと引き換えにフィオレンティーナからブラジル代表のフェリペ・メロを獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たSSラツィオ

    2014-15シーズンの夏の移籍市場においては、アルバロ・モラタやパトリス・エブラ、ロベルト・ペレイラらを獲得。しかし開幕前のプレシーズンキャンプ中、7月15日に監督のコンテが突然辞任。翌日、元ミラン監督であるマッシミリアーノ・アッレグリの監督就任が決定した。このシーズンは4試合を残してリーグ戦4連覇を達成、コッパ・イタリアではラツィオを延長戦の末2-1で下し、20年ぶりの10回目となるコッパ・イタリア制覇を果たした。チャンピオンズリーグでは、準決勝で前回チャンピオンのレアル・マドリードを二試合合計3-2で下し12年ぶりの決勝進出を果たした。決勝では同じく2冠を達成したバルサとお互いに3冠を賭けて対戦したが、試合開始早々に失点し、追いつくも再び勝ち越され、結果的に3-1で敗れた。これにより歴代最多となる6度目の準優勝に終わった。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たサッカーイタリア代表

    1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    セリエAにおいて最も成功したクラブの一つである。セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、「ユヴェントス」、「ACミラン」、「インテル」のビッグ3の一角を占め、スクデット獲得回数はセリエA最多の32回で、ACミラン、インテルナツィオナーレ・ミラノ(共にスクデット獲得18回)と並んでイタリアのみならず、世界でも指折りのビッグクラブの一つである。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去8度決勝に進むもうち6度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たUEFAヨーロッパリーグ

    1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にもロベルト・バッジョ等の活躍もあり、欧州では2度のUEFAカップ優勝を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジュゼッペ・マロッタ

    アレッシオ・セッコSD(スポーツディレクター)らフロント陣の改造が行われ、会長にアンドレア・アニェッリが就任し、GD(ゼネラルディレクター)にジュゼッペ・マロッタを招聘。監督にはルイジ・デルネーリが就任。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たエメルソン・フェレイラ・ダ・ローザ

    エメルソンやファビオ・カンナヴァーロ、ズラタン・イブラヒモビッチといった新戦力を補強し、カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05及び2005-06シーズンを連覇する。しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(カルチョ・スキャンダルも参照)クラブは2004-05及び2005-06シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たフェデリコ・ベルナルデスキ

    2017-18シーズンは主力であったレオナルド・ボヌッチをACミランへ、ダニエウ・アウベスを契約解除でのフリー移籍でパリ・サンジェルマンへと放出した。一方、バイエルン・ミュンヘンからドウグラス・コスタを、シャルケ04からベネディクト・ヘヴェデスを買取OP付きのレンタルで獲得し、マッティア・デ・シリオをミランから、ヴォイチェフ・シュチェスニーをアーセナルFCから、さらにパリ・サンジェルマンからブレーズ・マテュイディを完全移籍で獲得。さらにロベルト・バッジョの再来と言われているフェデリコ・ベルナルデスキをACFフィオレンティーナから獲得した。9月23日のトリノとのトリノダービーでそのシーズンから背番後10を背負うディバラが6試合目にして早くも10ゴール目。1958-59シーズンにインテルのアントニオ・アンジェリッロ(4試合で11ゴール)が記録して以来59年ぶりの快挙を成し遂げた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「ユベントス」のニューストピックワード