84件中 21 - 30件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジュゼッペ・マロッタ

    2009-10シーズンの不振を踏まえ、アレッシオ・セッコSD(スポーツディレクター)らフロント陣の改革が行われ、会長にアンドレア・アニェッリが就任し、GD(ゼネラルディレクター)にジュゼッペ・マロッタを招聘。監督にはルイジ・デル・ネーリが就任。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンピエロ・コンビ

    1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たモハメド・シッソコ

    2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラ(SSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリ(カリアリ・カルチョ)を4年契約、シモーネ・ペペ、マルコ・モッタ(ともにウディネーゼ・カルチョ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。また積極的な移籍市場への介入を行い、スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロやモハメド・シッソコといったこれまでの主力を売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーやアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチといった実力者を獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たファビオ・クアリャレッラ

    2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラ(SSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリ(カリアリ・カルチョ)を4年契約、シモーネ・ペペ、マルコ・モッタ(ともにウディネーゼ・カルチョ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。また積極的な移籍市場への介入を行い、スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロやモハメド・シッソコといったこれまでの主力を売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーやアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチといった実力者を獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たパオロ・ロッシ

    この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレア、FIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たミルコ・ヴチニッチ

    2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラ(SSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリ(カリアリ・カルチョ)を4年契約、シモーネ・ペペ、マルコ・モッタ(ともにウディネーゼ・カルチョ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。また積極的な移籍市場への介入を行い、スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロやモハメド・シッソコといったこれまでの主力を売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーやアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチといった実力者を獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジョン・チャールズ

    1957?58シーズン、初めてのダブルを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。このシーズンから1960?61シーズンまでの4シーズンの間にスクデット3回、カップ2回を獲得。長らくクラブの最多得点記録者だったジャンピエロ・ボニペルティ、ジョン・チャールズ、オマール・シヴォリのFW三人組は「魔法のトリオ (Il Trio Magico)」と呼ばれた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たアレッサンドロ・マトリ

    2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラ(SSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリ(カリアリ・カルチョ)を4年契約、シモーネ・ペペ、マルコ・モッタ(ともにウディネーゼ・カルチョ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。また積極的な移籍市場への介入を行い、スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロやモハメド・シッソコといったこれまでの主力を売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーやアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチといった実力者を獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンピエロ・ボニペルティ

    1957?58シーズン、初めてのダブルを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。このシーズンから1960?61シーズンまでの4シーズンの間にスクデット3回、カップ2回を獲得。長らくクラブの最多得点記録者だったジャンピエロ・ボニペルティ、ジョン・チャールズ、オマール・シヴォリのFW三人組は「魔法のトリオ (Il Trio Magico)」と呼ばれた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジョバンニ・トラパットーニ

    1976年に監督に就任したジョバンニ・トラパットーニは、1986年まで続く長期政権下に多くの栄誉をもたらした。まず、初年度の1976?77シーズンにクラブ初の欧州タイトルとなるUEFAカップで優勝。セリエAでもコンスタントに優勝し、1981?82シーズンに通算20回目のリーグ優勝を達成。1983?84シーズンにUEFAカップウィナーズカップで初優勝。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示

「ユベントス」のニューストピックワード

  • パーティIHコンロ ricopa

  • パーティIHコンロ ricopa(リコパ)

  • アイリスペットどっとコム 犬といっしょ(https://)