159件中 41 - 50件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジョン・チャールズ

    1957-58シーズン、初めてのダブルを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。このシーズンから1960-61シーズンまでの4シーズンの間にスクデット3回、カップ2回を獲得。長らくクラブの最多得点記録者だったジャンピエロ・ボニペルティ、ジョン・チャールズ、オマール・シヴォリのFW三人組は「魔法のトリオ (Il Trio Magico)」と呼ばれた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンピエロ・ボニペルティ

    1957-58シーズン、初めてのダブルを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。このシーズンから1960-61シーズンまでの4シーズンの間にスクデット3回、カップ2回を獲得。長らくクラブの最多得点記録者だったジャンピエロ・ボニペルティ、ジョン・チャールズ、オマール・シヴォリのFW三人組は「魔法のトリオ (Il Trio Magico)」と呼ばれた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジョバンニ・トラパットーニ

    1976年に監督に就任したジョバンニ・トラパットーニは、1986年まで続く長期政権下に多くの栄誉をもたらした。まず、初年度の1976-77シーズンにクラブ初の欧州タイトルとなるUEFAカップで優勝。セリエAでもコンスタントに優勝し、1981-82シーズンに通算20回目のリーグ優勝を達成。1983-84シーズンにUEFAカップウィナーズカップで初優勝。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマッティア・カルダラ

    2016-17シーズン前にはポグバをサッカー界史上最高額の移籍金である1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに売却し、モラタを古巣であるレアル・マドリードに買戻しされた一方、ダニエウ・アウベスをフリー、メディ・ベナティアをレンタルで獲得し、移籍市場閉鎖直前にクアドラードをレンタルの形で再獲得。さらにSSCナポリから昨シーズンの得点王であるゴンサロ・イグアインをセリエA史上最高額の9000万ユーロで、ASローマからミラレム・ピアニッチを3200万ユーロで獲得。また夏にはマルコ・ピアツァを、冬にはリカルド・オルソリーニ、マッティア・カルダーラを獲得した。前半戦は首位を走り、2017年5月21日、セリエA史上初となるリーグ6連覇を達成。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、2017年5月17日のラツィオ戦で2-0の勝利。史上初となるコッパ・イタリア3連覇と3年連続の国内2冠を達成した。UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝ではスペイン王者でもあるレアル・マドリードとの対戦になったが、1-4で敗戦しCL決勝では5連敗、通算7度目の準優勝となった。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たニコラ・レグロッターリエ

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲ、パベル・ネドベド、ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマッティア・デ・シリオ

    2017-18シーズンは主力であったレオナルド・ボヌッチをACミランへ、ダニエウ・アウベスを契約解除でのフリー移籍でパリ・サンジェルマンへと放出した。一方、バイエルン・ミュンヘンからドウグラス・コスタを、シャルケ04からベネディクト・ヘヴェデスを買取OP付きのレンタルで獲得し、マッティア・デ・シリオをミランから、ヴォイチェフ・シュチェスニーをアーセナルFCから、さらにパリ・サンジェルマンからブレーズ・マテュイディを完全移籍で獲得。さらにロベルト・バッジョの再来と言われているフェデリコ・ベルナルデスキをACFフィオレンティーナから獲得した。9月23日のトリノとのトリノダービーでそのシーズンから背番後10を背負うディバラが6試合目にして早くも10ゴール目。1958-59シーズンにインテルのアントニオ・アンジェリッロ(4試合で11ゴール)が記録して以来59年ぶりの快挙を成し遂げた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たポール・ポグバ

    2012-13シーズンは、クワドォー・アサモアとマウリシオ・イスラのウディネーゼからのコンビやポール・ポグバらを獲得したが監督のコンテがシエナ時代の八百長の報告義務違反で処分され、10ヶ月出場停止となったが(4ヶ月に軽減)、2013年5月5日に連覇を果たした。また、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグでは、グループリーグを突破するも準々決勝でバイエルン・ミュンヘンにホーム・アウェーとも2-0で敗れた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たサミ・ケディラ

    2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、サミ・ケディラ、アレックス・サンドロ、フアン・クアドラード、シモーネ・ザザ、ダニエレ・ルガーニ、エルナネスといった新戦力を獲得した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。その後1度の引き分けを挟むと9連勝。3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。これで2年連続の国内二冠を達成。またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たカルロ・アンチェロッティ

    1998-99シーズンはセリエA3連覇は堅いと予想されていた。しかし、蓋を開けてみると、予想に反して期待を裏切ったシーズンだった。開幕戦こそペルージャに勝利したものの、デル・ピエロがシーズンを棒に振るほどの大怪我を負って以降は、無得点試合が何試合も続くほどの慢性的な得点欠乏症に苦しみ、中位に低迷した。マルチェロ・リッピが監督を退任した後、カルロ・アンチェロッティが監督に就任したが、セリエA優勝には届かなかった。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマウリシオ・イスラ

    2012-13シーズンは、クワドォー・アサモアとマウリシオ・イスラのウディネーゼからのコンビやポール・ポグバらを獲得したが監督のコンテがシエナ時代の八百長の報告義務違反で処分され、10ヶ月出場停止となったが(4ヶ月に軽減)、2013年5月5日に連覇を果たした。また、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグでは、グループリーグを突破するも準々決勝でバイエルン・ミュンヘンにホーム・アウェーとも2-0で敗れた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

159件中 41 - 50件表示

「ユベントス」のニューストピックワード