159件中 61 - 70件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たチロ・フェラーラ

    しかし、2008-09シーズンは無冠が決定し、シーズン途中でクラウディオ・ラニエリは解任され、かつてユヴェントスのDFとして活躍したチロ・フェラーラがシーズン終了まで指揮を執ることとなった。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たアルトゥーロ・ビダル

    2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラ(SSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリ(カリアリ)を4年契約、シモーネ・ペペ、マルコ・モッタ(ともにウディネーゼ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロやモハメド・シソッコを売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーやアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチを獲得した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たシモーネ・ザザ

    2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、サミ・ケディラ、アレックス・サンドロ、フアン・クアドラード、シモーネ・ザザ、ダニエレ・ルガーニ、エルナネスといった新戦力を獲得した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。その後1度の引き分けを挟むと9連勝。3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。これで2年連続の国内二冠を達成。またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たガエターノ・シレア

    この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレア、FIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たダニエレ・ルガーニ

    2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、サミ・ケディラ、アレックス・サンドロ、フアン・クアドラード、シモーネ・ザザ、ダニエレ・ルガーニ、エルナネスといった新戦力を獲得した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。その後1度の引き分けを挟むと9連勝。3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。これで2年連続の国内二冠を達成。またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たマリオ・マンジュキッチ

    2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、サミ・ケディラ、アレックス・サンドロ、フアン・クアドラード、シモーネ・ザザ、ダニエレ・ルガーニ、エルナネスといった新戦力を獲得した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。その後1度の引き分けを挟むと9連勝。3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。これで2年連続の国内二冠を達成。またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンピエロ・コンビ

    1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たズラタン・イブラヒモビッチ

    エメルソンやファビオ・カンナヴァーロ、ズラタン・イブラヒモビッチといった新戦力を補強し、カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05及び2005-06シーズンを連覇する。しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(カルチョ・スキャンダルも参照)クラブは2004-05及び2005-06シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たセバスティアーノ・ロッシ

    また、キャプテン・ブッフォンが2016年3月20日のトリノとのトリノダービーで1993-94シーズンに元イタリア代表GKセバスティアーノ・ロッシが記録した929分のセリエAにおける無失点記録を更新する「974分」の無失点記録を達成した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たパオロ・ロッシ

    この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレア、FIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

159件中 61 - 70件表示

「ユベントス」のニューストピックワード