84件中 61 - 70件表示
  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たノッツ・カウンティ

    白と黒の縦縞がクラブカラーだが、これはノッツ・カウンティの同じユニフォームが由来となっている。それまでは、ピンクのユニフォームを使用していた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たカルチョ・スキャンダル

    いわゆる「カルチョ・スキャンダル」によるペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへ降格した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    1984?85シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)において、3度目の決勝進出で初勝利し、念願の欧州チャンピオンに輝いた。試合前にはイングランドのフーリガンの蛮行に端を発する惨劇で多くの死傷者が出た(詳細はヘイゼルの悲劇を参照)。同年末にはトヨタカップでアルゼンチンのアルヘンティノス・ジュニアーズをPK戦で破り、世界一のタイトルも手に入れた。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たポンポン

    2011年、セリエAのチームとしては珍しいチアリーディングチーム(メンバー写真)が結成され、フロムワンの雑誌「CALCIO2002」(2011年3月号)に紹介された。チアリーダーの面々はホームスタジアムでの入場セレモニーやスタンドの応援だけにとどまらず、トリノの街角で選手と同じユニフォームとチームカラーの黒と白の大きいポンポンを振りかざしてのゲリラ的パフォーマンスを繰り広げるなどして盛り上げている。セリエAのクラブではチアリーダーはこれまで登場したことがないことから、注目された。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見た1934 FIFAワールドカップ

    1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たイタリア語

    ユヴェントスはラテン語で「若者」や「青春」を意味するユウェントゥス (juventus/iuventus) に由来する。ユーヴェ (Juve) と略称される場合もある。愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネーロイタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネーリや、シニョーラ「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」などがある。サポーターはユヴェンティーノといわれる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たミラノダービー

    2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度もセリエB(イタリア2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。現在も降格経験がないインテルとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ国内外の注目を集め、ミラノダービーやローマダービーと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。トリノFCとの対戦はトリノ・ダービーと呼ばれる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たセリエB (サッカー)

    2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度もセリエB(イタリア2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。現在も降格経験がないインテルとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ国内外の注目を集め、ミラノダービーやローマダービーと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。トリノFCとの対戦はトリノ・ダービーと呼ばれる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たプレミアリーグ

    スクデット獲得回数28回など、イタリアのみならず世界を代表するクラブ。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たUEFAカップウィナーズカップ

    1976年に監督に就任したジョバンニ・トラパットーニは、1986年まで続く長期政権下に多くの栄誉をもたらした。まず、初年度の1976?77シーズンにクラブ初の欧州タイトルとなるUEFAカップで優勝。セリエAでもコンスタントに優勝し、1981?82シーズンに通算20回目のリーグ優勝を達成。1983?84シーズンにUEFAカップウィナーズカップで初優勝。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「ユベントス」のニューストピックワード