前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • 五十嵐涼亮

    五十嵐涼亮から見たユースオリンピックユースオリンピック

    国士舘高校1年の時に、それまで個人戦での実績はなかったものの、ジュニア合宿に参加するようになってから力を付けていったことが認められて世界カデ90kg級代表に選ばれた。その決勝ではベルギーのトマ・ニキフォロフを内股で破るなどオール一本勝ちで優勝を飾った。全国高校選手権の団体戦でも優勝した。2年の時には金鷲旗で優勝した。シンガポールで初開催されたユースオリンピックでは日本選手団全体の主将に選ばれると、90kg級決勝でニキフォロフを内股の有効で破って優勝を果たした。なお、ユースオリンピックがあったためにインターハイ団体戦には出場しなかったが、チームは優勝して高校団体3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。3年の時には金鷲旗でチームの優勝に大きく貢献すると、インターハイ団体戦でも優勝を飾った。五十嵐涼亮 フレッシュアイペディアより)

  • ブリギタ・マティッチ

    ブリギタ・マティッチから見たユースオリンピックユースオリンピック

    2011年のヨーロッパカデ選手権70kg級で3位になると、ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは優勝した。2012年のヨーロッパカデ選手権で優勝すると、ヨーロッパジュニアには78kg級で2位になった。2013年のヨーロッパカデ選手権では3位、ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは2位になると、世界カデでは3位に入った。その後階級を78kg級に上げると、ヨーロッパジュニアでは5位だった。世界ジュニアでは3位になると、団体戦でも3位となった。なお、この時は1つ年上の姉のバルバラが70kg級で優勝しており、姉妹でメダルを獲得することになった。この活躍が評価されて大統領のイヴォ・ヨシポヴィッチから表彰を受けることになった。2014年にはユースオリンピックで優勝した。しかし、姉が2連覇を果たすことになる世界ジュニアには出場しなかった。2015年のユニバーシアードでは5位にとどまると、ヨーロッパジュニアでも2位だった。一方、世界ジュニアでは優勝を飾った。これにより、世界ジュニアでは田知本愛、田知本遥姉妹に続く史上2組目の姉妹優勝を果たすこととなった。ブリギタ・マティッチ フレッシュアイペディアより)

  • アン・シモンス

    アン・シモンスから見たユースオリンピックユースオリンピック

    柔道は5歳の時に始めた。1995年のヨーロッパユースオリンピックフェスティバル44kg級で優勝を飾った。1998年のワールドカップ団体戦ではベルギーチームの一員として3位になった。また、世界ジュニア48kg級でも3位に入った。1999年のヨーロッパ選手権では3位だった。2000年にはロシア国際とオランダ国際で優勝すると、シドニーオリンピックでは準々決勝でドイツのアンナ=マリア・グラダンテに判定で敗れるも、その後の3位決定戦で北朝鮮のチャ・ヒョニャンを効果で破り、銅メダルを獲得した。2001年と2003年のヨーロッパ選手権でも3位になったが、2004年のアテネオリンピックには出場できなかった。2005年の世界選手権では5位だった。2006年に引退した。2017年には現役時代にコーチからセクハラを受けていたことを告発した。アン・シモンス フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優香

    佐藤優香から見たユースオリンピックユースオリンピック

    トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ所属。2010年のシンガポールユースオリンピック金メダリスト。記念すべきユースオリンピック金メダリスト第1号である。佐藤優香 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルチャーク・サビナ

    ゲルチャーク・サビナから見たユースオリンピックユースオリンピック

    2011年のヨーロッパカデ選手権52kg級で7位となった。その後階級を63kg級まで上げると、2012年のヨーロッパカデ選手権で3位となった。2013年に地元の部だベストで開催されたヨーロッパ選手権では7位だったが、ヨーロッパカデ選手権では優勝を飾った。ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは2位だったものの、世界カデでは優勝した。ヨーロッパジュニアでは2位に入った。2014年にはユースオリンピックとヨーロッパジュニアで優勝を飾った。しかし、世界ジュニアでは2回戦で敗れた。2015年には階級を70kg級に上げると、ヨーロッパ競技大会では5位だったが、ヨーロッパジュニアでは2連覇を達成した。世界ジュニアでは決勝で青柳麗美を指導1で破って優勝した。2016年のヨーロッパ選手権ではオランダのキム・ポリングに1本勝ちするなどして3位に入った。2017年に地元のブダペストで開催された世界選手権では2回戦で敗れた。ゲルチャーク・サビナ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ガルシア・メンドーサ

    アレックス・ガルシア・メンドーサから見たユースオリンピックユースオリンピック

    2009年の世界カデ90kg級で5位になると、2010年のユースオリンピックでは100kg級で5位となった。その後階級を100kg超級に上げると、2013年のパンナム選手権で3位になった。2015年にはパンナム選手権とパンアメリカン競技大会でそれぞれ3位に入った。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で原沢久喜に反則負けを喫すると、その後の3位決定戦でもイスラエルのオル・サッソンに指導2で敗れて5位にとどまった。2017年にはパンナム選手権で初優勝を飾った。世界選手権の100kg超級では3回戦でジョージアのグラム・ツシシビリに技ありで敗れるも、世界選手権(無差別)では準々決勝で影浦心に反則負けするが、その後の3位決定戦で同じキューバの100kg級の選手であるアンディ・グランダから技あり2つを取って3位になった。アレックス・ガルシア・メンドーサ フレッシュアイペディアより)

  • ワリド・キヤー

    ワリド・キヤーから見たユースオリンピックユースオリンピック

    2011年にヨーロッパカデ選手権の50kg級で2位になった。続くヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは優勝して将来を期待され始めた。しかしながら、2012年11月にフランスジュニアチームの一員として来日した際に、他の12名とともに都内のスポーツ用品店で集団万引き行為を犯して、国外退去処分となった。フランス柔道連盟はこの件でキヤーらを1年間に及ぶ国内外の試合への出場停止処分を課すことに決定した。復帰後の2014年にはヨーロッパジュニアの60kg級で3位となった。2015年にはヨーロッパジュニアで優勝すると、世界ジュニアでは3位になった。2016年には地元のグランドスラム・パリで志々目徹に合技で敗れるも3位となった。さらにヨーロッパ選手権では決勝でアゼルバイジャンのオルハン・サファロフと対戦すると、有効と技ありを先取されながら得意の裏投げで逆転勝ちして優勝を飾った。ワリド・キヤー フレッシュアイペディアより)

  • 宮原優

    宮原優から見たユースオリンピックユースオリンピック

    小学校2年の時に父親が運営する「MIYAHARA GYM」でレスリングを始めた。2008年には日本オリンピック委員会が有望選手を集めてエリート教育を施す全寮制の「JOCエリートアカデミー」に一期生として入学して、ナショナルトレーニングセンターにおいて練習を積むことになった。北区立稲付中学校2年の時からクリッパン女子国際大会カデットの部では3連覇を達成した。3年の時には全国中学生選手権46kg級で優勝した。2010年に安部学院高校に入学すると、1年の時にはユースオリンピック、2年の時には世界カデット選手権で優勝を果たした。また、全日本レスリング選手権大会51kg級でも優勝を成し遂げた。3年の時には全国高校女子選手権で優勝すると、ゴールデングランプリでも優勝した。しかし、全日本レスリング選手権大会では至学館大学の菅原ひかりに敗れて2連覇はならなかった。2013年には東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科へ進学すると、ロシア語を勉強することに趣味を見出した。全日本選抜レスリング選手権大会では九州共立大学の入江ななみに敗れて2位にとどまった。しかし、今年の世界選手権代表選出にあたっては、今大会の結果だけではなく過去の実績や合宿での内容を踏まえて強化委員会が総合的に判断する方式であることから、入江と菅原との三つ巴による代表決定戦が行われて、両者に勝利したことにより、JOCエリートアカデミー出身者として初の世界選手権代表に選出された。8月の世界ジュニアでは優勝を飾った。宮原優 フレッシュアイペディアより)

  • トマ・ニキフォロフ

    トマ・ニキフォロフから見たユースオリンピックユースオリンピック

    2009年のヨーロッパカデ選手権90kg級で2位になると、ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは優勝を飾った。世界カデでは2位だった。2010年には100kg級に階級を上げると、ユースオリンピックで2位となった。2011年のヨーロッパジュニアで3位にると、2012年のヨーロッパジュニアでは2位だった。2013年には世界ジュニアで3位に入った。2015年にはワールドマスターズとヨーロッパ競技大会でそれぞれ3位となった。世界選手権でも3位になった。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは3回戦で敗れた。2017年の世界選手権100kg級では7位に終わったが、世界選手権(無差別)では100kg超級の強豪選手であるジョージアのレヴァニ・マチアシビリやアレクサンダー・ミハイリンに一本勝ちすると、準決勝では影浦心を小外掛で破って100kg級の選手ながら決勝まで進むも、フランスのテディ・リネールに技あり2つを取られて敗れた。トマ・ニキフォロフ フレッシュアイペディアより)

  • 下哲

    下哲から見たユースオリンピックユースオリンピック

    大学は早稲田大学に進学。2年時の1961年には第30回日本学生陸上競技対校選手権大会で優勝、第45回日本陸上競技選手権大会を当時日本学生記録の15m92で制するなど活躍し、ソフィアで開催された第2回ユニバーシアードでは4位とメダルに迫った。3年時の1962年には第25回東京陸上競技選手権大会で当時日本学生記録の16m00をマークし、日本人5人目の16mジャンパーとなった。なお、この時は大学の先輩である桜井孝治も16m超えの16m12をマークしたため、日本人2人が同時に16m超えをマークした史上初の大会となった。4年時の1963年にはユニバーシアード代表選考会で当時日本歴代3位・当時日本学生記録の16m16をマークすると、ポルト・アレグレで開催された第3回ユニバーシアードを15m99で制し、初の世界一に輝いた。妻のみちるによれば、下にとってこの時の優勝が一番嬉しかった思い出なのだという。なお、主要世界大会(オリンピック・ユースオリンピック・世界陸上競技選手権大会・世界室内陸上競技選手権大会・世界ジュニア陸上競技選手権大会・世界ユース陸上競技選手権大会・ユニバーシアード)三段跳の日本人チャンピオンは下を最後に誕生していない。下哲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「ユース五輪」のニューストピックワード