ヨアン・グルキュフ ニュース&Wiki etc.

ヨアン・グルキュフ(Yoann Miguel Gourcuff, 1986年7月11日 - )は、フランス・ロリアン出身のサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・レンヌ所属。ポジションはミッドフィルダー。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヨアン・グルキュフ」のつながり調べ

  • サッカーフランス代表

    サッカーフランス代表から見たヨアン・グルキュフ

    南アフリカワールドカップに向けた強化策として、かつてのワールドチャンピオンであったアラン・ボゴシアンをドメネクのスタッフに迎え入れた。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でフランスはルーマニア、セルビア、リトアニア、フェロー諸島、オーストリアで構成される第7グループに振り分けられた。ここではリベリーに加え、グルキュフやロリスらの若手を起用、ニコラ・アネルカも代表に定着し個々の能力は世界屈指と言われながらまたも苦戦し何度もドメネクの解任騒動が飛び出た。結局セルビアに続く2位で予選を終了。この結果、本戦出場に向けてプレーオフを戦わなければならなくなる。抽選の結果11月に行われるプレーオフではアイルランドと対戦し、アウェーでの第1戦は1-0で勝利するもののホームで行われた第2戦では大苦戦。先制点を決められ合計1-1で延長戦に突入した。その延長戦でアンリのアシストからギャラスが得点し本大会出場を決めたが、アンリのトラップが明らかなハンドであったことからアイルランド側が再試合を求めるなど、多くの物議を醸した。(サッカーフランス代表 フレッシュアイペディアより)

  • ムサ・ソウ

    ムサ・ソウから見たヨアン・グルキュフ

    2005年、U-19フランス代表としてUEFA U-19欧州選手権に出場し、ウーゴ・ロリスやヨアン・グルキュフらとともに優勝した。生まれも育ちもフランスであるが、フル代表では両親の出身国であるセネガル代表を選択。2009年、コンゴ共和国戦でセネガル代表デビューをした。2010年10月9日のモーリシャス戦で代表初得点を記録。(ムサ・ソウ フレッシュアイペディアより)

「ヨアン・グルキュフ」のニューストピックワード