前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • クレマン・グルニエ

    クレマン・グルニエから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2011年に就任したユース時代のコーチだったレミ・ガルドが監督に就任後は出番が増え、2012年4月10日のカップ戦ガゼレク・アジャクシオ戦でプロ初ゴールを記録したが、シーズン終了後放出を噂された。しかし同じポジションのヨアン・グルキュフが負傷した点や、レミ・ガルド監督の要望もあり残留した。クレマン・グルニエ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・グルキュフ

    クリスティアン・グルキュフから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    クリスティアン・グルキュフ(Christian Gourcuff, 1955年4月5日 - )は、フランス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現フランス代表のヨアン・グルキュフの実父にあたる。クリスティアン・グルキュフ フレッシュアイペディアより)

  • マルアーヌ・シャマフ

    マルアーヌ・シャマフから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    少年時代は地元のローカルクラブでプレー。するとFCジロンダン・ボルドーのスカウトの目に留まり、2000年からはボルドーのユースチームでプレーする。2002年にトップチームデビューを飾ると、ペドロ・パウレタの後継者として定着。2004-05シーズンは13得点を挙げてチーム得点王となった。その後は不調が続いたが、2008-09シーズンはヨアン・グルキュフ、フェルナンド・カベナギらとともにゴールを量産。再び13ゴールでチーム得点王となり、チームの10シーズンぶりのリーグ・アン制覇に貢献した。シーズン終了後はアーセナルFCなどが獲得に動き、本人もプレミアリーグ移籍に前向きな姿勢を見せたが、優勝後「チームに恩返しがしたい」と残留を表明した。2009年10月24日のル・マンUC戦でリーグ・アン通算50得点を達成した。マルアーヌ・シャマフ フレッシュアイペディアより)

  • ファヒド・ベン・ハルファラー

    ファヒド・ベン・ハルファラーから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2010年8月26日にFCジロンダン・ボルドーへ400万ユーロの移籍金で加入した。前エースのヨアン・グルキュフが付けていた背番号8を継承した。出場16試合目のサンテティエンヌ戦で初ゴールを決めた。ファヒド・ベン・ハルファラー フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012参加チーム

    UEFA EURO 2012参加チームから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2012年5月9日、12人の国外クラブ所属選手を暫定選出。5月15日、国内組15人の暫定メンバーを発表。同日にトッテナムのDFユネス・カブールがひざの負傷のため離脱。5月29日、26人の暫定メンバーからヨアン・グルキュフ、マプ・ヤンガ=ムビワ、ロイク・レミーが外れ、23人の最終登録メンバーが発表された。UEFA EURO 2012参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • レアンドロ・グリミ

    レアンドロ・グリミから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    しかし、ラシンの前に所属していたアルゼンチン2部リーグのウラカンでは2年間で46試合11ゴールと活躍していた。このことがACミランが彼を獲得することを後押ししたものだと思われる。同クラブでは、カカ、グルキュフらと共にクラブの未来を背負う選手として期待されていたが、2007-08シーズンは同じセリエAのACシエーナへ期限付き移籍。2008年からはポルトガル・スーペル・リーガのスポルティングCPへレンタル移籍をしている。レアンドロ・グリミ フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・ブラン

    ローラン・ブランから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2007年6月、リーグ・アンに所属するFCジロンダン・ボルドーの監督に就任した。1年目より優れた手腕を発揮し、フェルナンド・カベナギの才能を開花させ、攻撃的なチーム作りでチームを2位に導いた。2008-2009シーズンは、ヨアン・グルキュフの加入でチーム力をさらに上げ、リーグ・カップとリーグ・アンの二冠達成を果たし、オリンピック・リヨンの連覇を7で止めた。2009-10シーズンも出だしから好調で、2009年末の時点で2位に勝ち点9差をつけ、29節終了時まで首位をキープしていたが、2010 FIFAワールドカップ後のフランス代表監督に就任する噂が立ったことなどからチームの成績が悪化し、最終的には欧州カップ戦出場圏外の6位でシーズンを終えた。ローラン・ブラン フレッシュアイペディアより)

  • ジャメル・アブドゥン

    ジャメル・アブドゥンから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2005年、U-19フランス代表としてUEFA U-19欧州選手権に出場しヨアン・グルキュフとともに優勝、トゥーロン国際大会にも2年連続で出場した。しかしフル代表には選ばれず、2009年8月にはフル代表はアルジェリア代表から招集を受け、アフリカネイションズカップ2010のアンゴラ代表戦で交代出場した。ジャメル・アブドゥン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ=ピエール・ジニャック

    アンドレ=ピエール・ジニャックから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2008年になるとエルマンデルがボルトン・ワンダラーズFCに移籍。それによってセンターフォワードのファーストチョイスとなり、その得点能力を開花させた。ル・アーヴルAC戦 (2-1) では88分に決勝点を挙げ、2008-09シーズン開幕から2試合目にして初得点を挙げた。その後も重要な得点をいくつも決めており、9月28日のヴァランシエンヌFC戦ではロスタイムに決勝点となる先制点を挙げ、FCソショー戦、グルノーブル・フット38戦、ASサンテティエンヌ戦、オリンピック・マルセイユ戦、OGCニース戦では1試合2得点を決めた。アラン・カサノヴァ(Alain Casanova)新監督の信頼を得て前半戦のみで12得点を挙げ、前年度チーム得点王のエルマンデルが記録した11得点を早くも超えた。2009年3月7日のFCジロンダン・ボルドー戦ではジニャックの得点などで3-0で快勝したが、ボルドーは次の試合から13戦連続勝利で優勝を決めている。得点ペースは最後まで衰えず、最終的には24得点でリーグ・アン得点王を獲得した。2位のカリム・ベンゼマらに7得点差をつける独走で、その得点のほとんどが右足のシュートによるものだった。2008年9月と2009年3月にはリーグ月間最優秀選手賞を受賞し、シーズン終了後にはリーグのチーム・オブ・ザ・イヤーも受賞した。リーグ最優秀選手賞にもノミネートされたが、結局FCジロンダン・ボルドーのヨアン・グルキュフが受賞した。アンドレ=ピエール・ジニャック フレッシュアイペディアより)

  • ムサ・ソウ

    ムサ・ソウから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2005年、U-19フランス代表としてUEFA U-19欧州選手権に出場し、ウーゴ・ロリスやヨアン・グルキュフらとともに優勝した。生まれも育ちもフランスであるが、フル代表では両親の出身国であるセネガル代表を選択。2009年、コンゴ共和国戦でセネガル代表デビューをした。2010年10月9日のモーリシャス戦で代表初得点を記録。ムサ・ソウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「ヨアン・グルキュフ」のニューストピックワード