23件中 11 - 20件表示
  • クロード・ピュエル

    クロード・ピュエルから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2008年からはオリンピック・リヨンの監督に就任している。しかし、チームを掌握できずにリーグ戦8連覇を逃し、ピュエル自身の評価も大暴落してしまった。2009-10シーズンは真価が問われる1年となったが、カリム・ベンゼマやジュニーニョ・ペルナンブカーノといったチームを支え続けた主力選手の抜けた穴は大きく、序盤からチームは低迷したままリーグ戦の前半を終えた。しかし、後半戦になると徐々に持ち直し、UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10でもレアル・マドリード、FCジロンダン・ボルドーといった強豪を倒し、初のベスト4進出を果たした。最終的にリーグ戦2位でシーズンを終えたため、なんとか首の皮が繋がり2010-11シーズンも引き続き指揮を執ることになった。ジミー・ブリアン、ヨアン・グルキュフといった攻撃的な選手を加えたことで攻撃力はアップされたが、守備陣に関してはほとんど補強されなかったことで戦力的なバランスの悪さは最後まで解消せず、リーグ戦は3位にとどまった。在任3年間で7連覇がストップしたばかりか結局一つもタイトルは獲れず、2011年6月20日に解任された。クロード・ピュエル フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2009年夏のプレシーズンにはカリム・ベンゼマ、ジュニーニョなどの主力がチームを去ったが、7200万ユーロ(約95億円)をかけてバフェタンビ・ゴミ、リサンドロ・ロペス、ミシェル・バストスなどのスター選手を獲得した。2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは順調に勝ち進み、準々決勝ではボルドーとの同国対決を制して初のベスト4となった。2010年夏には2200万ユーロを投じてヨアン・グルキュフを獲得したが、2010-11シーズンは3シーズン連続となる無冠に終わった。2011年6月にはピュエル監督が退任し、トップチームの監督は初経験となるレミ・ガルデが監督に就任した。クラブが緊縮財政路線に方針転換したため、大きな戦力の上澄みはなく、ジェレミー・トゥララン(マラガCFに移籍)やミラレム・ピアニッチ(ASローマに移籍)などが退団した。マキシム・ゴナロン、アレクサンドル・ラカゼット、クレマン・グラニエなどの若手が次々と台頭し、クープ・ドゥ・フランスで優勝したが、リーグ戦では4位に終わり、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃した。同大会では、2003-04シーズンから2011-12シーズンまで9シーズン連続でベスト16以上の成績を残していた。2012年夏には絶対的な守護神だったウーゴ・ロリスが退団してトッテナム・ホットスパーFC(イングランド)に移籍した。オリンピック・リヨン フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・キャバイェ

    ヨアン・キャバイェから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    ヨアン・グルキュフ等と共に2005年のUEFA U-19欧州選手権で優勝。U-21フランス代表としてプレーした後、2010年8月11日のノルウェー代表戦でA代表デビューを果たした。UEFA EURO 2012に臨むフランス代表にも選出され、グループリーグ第2戦のウクライナ戦では代表初得点を挙げた。ヨアン・キャバイェ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・リベリー

    フランク・リベリーから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2010 FIFAワールドカップではチームの中心選手として臨んだものの、主将のパトリス・エヴラらとともに練習ボイコットの首謀者とされたりチームメイトのヨアン・グルキュフをいじめたと報じられるなど、不振に終わったフランス代表の戦犯の1人とされ、大会終了後にはフランスサッカー連盟から3試合の出場停止処分が課された。その後2011年3月に、エヴラとともにW杯後初めて代表に招集されたが、復帰後最初のホームでの試合となった3月29日のクロアチア戦ではサポーターから大きなブーイングを受けた。フランク・リベリー フレッシュアイペディアより)

  • 1986年

    1986年から見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    7月11日 - ヨアン・グルキュフ、サッカー選手1986年 フレッシュアイペディアより)

  • FCジロンダン・ボルドー

    FCジロンダン・ボルドーから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2008年夏に司令塔のジョアン・ミクーが引退したが、ACミランからMFヨアン・グルキュフをレンタルで、SMカーンから2007年にリーグ・ドゥMVPに輝いているFWヨアン・グフランを完全移籍でそれぞれ獲得した。2008-09シーズンはUEFAチャンピオンズリーグに出場し、グループリーグ3位という結果に終わった。チャンピオンズリーグ敗退により回ったUEFAカップでは決勝トーナメント1回戦でガラタサライに敗れた。一方、国内リーグ戦はMFグルキュフ、MFディアッラやエースとなったFWマルアーヌ・シャマフら主力の活躍により、終盤にリーグ新記録となる11連勝でオリンピック・マルセイユ、リヨンをかわし、10シーズンぶりのリーグ優勝を果たし、リヨンの連覇を7で止めた。またリーグカップ決勝でヴァンヌOCを倒して2シーズンぶりの優勝も決めた。FCジロンダン・ボルドー フレッシュアイペディアより)

  • 7月11日

    7月11日から見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    1986年 - ヨアン・グルキュフ、サッカー選手7月11日 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーフランス代表

    サッカーフランス代表から見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    南アフリカワールドカップに向けた強化策として、かつてのワールドチャンピオンであったアラン・ボゴシアンをドメネクのスタッフに迎え入れた。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でフランスはルーマニア、セルビア、リトアニア、フェロー諸島、オーストリアで構成される第7グループに振り分けられた。ここではリベリーに加え、グルキュフやロリスらの若手を起用、ニコラ・アネルカも代表に定着し個々の能力は世界屈指と言われながらまたも苦戦し何度もドメネクの解任騒動が飛び出た。結局セルビアに続く2位で予選を終了。この結果、本戦出場に向けてプレーオフを戦わなければならなくなる。抽選の結果11月に行われるプレーオフではアイルランドと対戦し、アウェーでの第1戦は1-0で勝利するもののホームで行われた第2戦では大苦戦。先制点を決められ合計1-1で延長戦に突入した。その延長戦でアンリのアシストからギャラスが得点し本大会出場を決めたが、アンリのトラップが明らかなハンドであったことからアイルランド側が再試合を求めるなど、多くの物議を醸した。サッカーフランス代表 フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・ロリス

    ウーゴ・ロリスから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2009-10シーズンもレギュラーの座を守り、開幕から8試合でクラブ新記録となる4完封を記録した。2009年9月には月間最優秀選手賞を受賞したが、これは2008年8月にマルセイユのスティーヴ・マンダンダが栄誉に浴して以来のゴールキーパーの受賞であった。2009年10月20日にアンフィールドで行われたチャンピオンズリーグのリヴァプール戦ではディルク・カイトのヘディング、ダビド・ヌゴグのボレー、ファビオ・アウレリオのヘディング、ハビエル・マスチェラーノのミドル等リヴァプールの決定機を次々と防ぎ、前半の1失点のみに抑えて2-1で逆転勝利しフランスメディアに称賛された。11月5日のスタッド・ジェルランでのリヴァプール戦では前半だけでフェルナンド・トーレスやディルク・カイト、アンドレイ・ヴォロニンなどのシュートを次々に止め、後半も鋭い反射神経でルーカス・レイバのミドルシュートをセーブした。試合は後半ロスタイムにリサンドロ・ロペスの得点で1-1に追い付き、イングランドきってのクラブをグループリーグ敗退に追いやり、決勝トーナメント進出を決めた。2009年11月8日のマルセイユ戦(5-5)はマンダンダとのフランス代表対決になったが、両クラブの監督やメディアが「ザル守備 (slack defending)」とこき下ろしたように両クラブとも5得点ずつを挙げる展開になり、この両者の対戦では最も得点数の多い試合となった。12月20日には2009年のフランス最優秀選手が発表され、チェルシーのニコラ・アネルカとボルドーのヨアン・グルキュフに次ぐ3位の得票を得た。ウーゴ・ロリス フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ヴァラン

    ラファエル・ヴァランから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2010年10月末、ジャン=ギー・ヴァレム(Jean-Guy Wallemme)監督によってトップチームの練習に招集され、週末の11月6日に行われたモンペリエHSC戦(2-0)では負傷中のアラディン・ヤイアに代わって驚きの先発出場を果たした。この試合にフル出場し、それまでのシーズンに2度しか達成していない完封で勝利を収めた。試合後にはキャプテンのアディル・エルマシュ、コンビを組んだエリック・シェル、ストライカーのダヴィド・ポジェなどのチームメイトからプレーぶりを称賛され、地元メディアやヴァレム監督からも賛辞を受けた。モンペリエHSC戦後はオリンピック・マルセイユ、オリンピック・リヨンの強豪と連戦したため、他の若手選手たちとともにベンチを温めたが、11月30日のスタッド・ブレスト29戦(4-1)では先発メンバーに復帰した。この試合後にヴァレム監督は解任されたが、ヴァラーヌはラースロー・ベレニ新監督の下でも先発メンバーに定着した。12月にはセンターバックのポジションを争うシェルとヤイアが復帰したため、FCジロンダン・ボルドー戦では守備的ミッドフィールダーとして出場した。この試合では3人目のセンターバックのようなポジションでプレーし、84分にはヨアン・グルキュフの近距離からのシュートをブロックして2-1のリードを保ったが、終盤に失点を喫して2-2の引き分けに終わった。ラファエル・ヴァラン フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「ヨアン・グルキュフ」のニューストピックワード