21件中 11 - 20件表示
  • マルアーヌ・シャマフ

    マルアーヌ・シャマフから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    少年時代は地元のローカルチームでプレー。するとボルドーのスカウトの目にとまり、2000年からはボルドーのユースチームでプレーする。2002年にトップチームデビューを飾ると、ペドロ・パウレタの後継者として定着。2004-05シーズンは13得点を挙げてチーム得点王となった。その後は不調が続いたが、2008-09シーズンはヨアン・グルキュフ、フェルナンド・カベナギらとともにゴールを量産。再び13ゴールでチーム得点王となり、チームの10シーズンぶりのリーグ・アン制覇に貢献した。シーズン終了後はアーセナルFCなどが獲得に動き、本人もプレミアリーグ移籍に前向きな姿勢を見せたが、優勝後「チームに恩返しがしたい」と残留を表明した。2009年10月24日のル・マンUC戦でリーグ・アン通算50得点を達成した。マルアーヌ・シャマフ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ=ピエール・ジニャック

    アンドレ=ピエール・ジニャックから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2008年になるとエルマンデルがボルトン・ワンダラーズFCに移籍。それによってセンターフォワードのファーストチョイスとなり、その得点能力を開花させた。ル・アーヴルAC戦(2-1)では88分に決勝点を挙げ、2008-09シーズン開幕から2試合目にして初得点を挙げた。その後も重要な得点をいくつも決めており、9月28日のヴァランシエンヌFC戦ではロスタイムに決勝点となる先制点を挙げ、FCソショー戦、グルノーブル・フット38戦、ASサンテティエンヌ戦、オリンピック・マルセイユ戦、OGCニース戦では1試合2得点を決めた。アラン・カサノヴァ(Alain Casanova)新監督の信頼を得て前半戦のみで12得点を挙げ、前年度チーム得点王のエルマンデルが記録した11得点を早くも超えた。2009年3月7日のFCジロンダン・ボルドー戦ではジニャックの得点などで3-0で快勝したが、ボルドーは次の試合から13戦連続勝利で優勝を決めている。得点ペースは最後まで衰えず、最終的には24得点でリーグ・アン得点王を獲得した。2位のカリム・ベンゼマらに7得点差をつける独走で、その得点のほとんどが右足のシュートによるものだった。2008年9月と2009年3月にはリーグ月間最優秀選手賞を受賞し、シーズン終了後にはリーグのチーム・オブ・ザ・イヤーも受賞した。リーグ最優秀選手賞にもノミネートされたが、結局FCジロンダン・ボルドーのヨアン・グルキュフが受賞した。アンドレ=ピエール・ジニャック フレッシュアイペディアより)

  • サッカーフランス代表

    サッカーフランス代表から見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    南アフリカワールドカップに向けた強化策として、かつてのワールドチャンピオンであったアラン・ボゴシアンをドメネクのスタッフに迎え入れた。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でフランスはルーマニア、セルビア、リトアニア、フェロー諸島、オーストリアで構成される第7グループに振り分けられた。ここではリベリーに加え、グルキュフやロリスらの若手を起用、ニコラ・アネルカも代表に定着し、個々の能力は世界屈指と言われながら、またも苦戦し、セルビアに続く2位で予選を終了。この結果、本戦出場に向けてプレーオフを戦わなければならなくなる。プレーオフを戦う代表国の中でFIFAランキングにおいて最上位であったことから、アイルランドと対戦。アンリのハンドによるアシストからのギャラスの得点で辛うじて本大会出場を決めたが、これについては多くの物議を醸した。サッカーフランス代表 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ヴァラーヌ

    ラファエル・ヴァラーヌから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2010年10月末、ジャン=ギー・ヴァレム(Jean-Guy Wallemme)監督によってトップチームの練習に招集され、週末の11月6日に行われたモンペリエHSC戦(2-0)では負傷中のアラディーヌ・ヤイア(Alaeddine Yahia)に代わって驚きの先発出場を果たした。この試合にフル出場し、それまでのシーズンに2度しか達成していない完封で勝利を収めた。試合後にはキャプテンのアディル・エルマシュ、コンビを組んだエリック・シェル、ストライカーのダヴィド・ポジェなどのチームメイトからプレーぶりを称賛され、地元メディアやヴァレム監督からも賛辞を受けた。モンペリエHSC戦後はオリンピック・マルセイユ、オリンピック・リヨンの強豪と連戦したため、他の若手選手たちとともにベンチを温めたが、11月30日のスタッド・ブレスト29戦(4-1)では先発メンバーに復帰した。この試合後にヴァレム監督は解任されたが、ヴァラーヌはラースロー・ベレニ新監督の下でも先発メンバーに定着した。12月にはセンターバックのポジションを争うシェルとヤイアが復帰したため、FCジロンダン・ボルドー戦では守備的ミッドフィールダーとして出場した。この試合では3人目のセンターバックのようなポジションでプレーし、84分にはヨアン・グルキュフの近距離からのシュートをブロックして2-1のリードを保ったが、終盤に失点を喫して2-2の引き分けに終わった。ラファエル・ヴァラーヌ フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    自身がミシェル・プラティニの後継者と言われたように、ジダン2世またはジダンの後継者と称される選手も数多く存在する。フランス国内ではヨアン・グルキュフやサミル・ナスリ、ムラド・メグニらがそう呼ばれるほか、アレックス・ファーガソンはカリム・ベンゼマについて「身体の使い方がジダンを思わせる」と語った。また、現役時代に所属したレアル・マドリードにおいても、ホセ・マヌエル・フラドはカンテラ時代に「カンテラのジダン」と呼ばれていた。メスト・エジルがレアル・マドリードに移籍した時には「ドイツのジダン」と紹介され、同じくヌリ・シャヒンは「左利きのジダン」と呼ばれた。長男エンツォも父親と同様攻撃的MFとしてプレーし、レアル・マドリードの下部組織で10番を背負っている。将来フランス、スペインどちらの代表を選ぶかが両国で大きな関心を集めるなど、名実ともにジダン2世として注目を集めている。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・ロリス

    ウーゴ・ロリスから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2009-10シーズンもレギュラーの座を守り、クラブ新記録となる開幕から8試合で4完封を記録した。2009年9月には月間最優秀選手賞を受賞したが、これは2008年8月にオリンピック・マルセイユのスティーヴ・マンダンダが栄誉に浴して以来のゴールキーパーの受賞であった。アンフィールドで行われたUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦では4度のセーブを記録し、1失点に抑えて2-1で勝利してフランスメディアに称賛された。スタッド・ジェルランでのリヴァプール戦では前半だけでフェルナンド・トーレスやディルク・カイト、アンドレイ・ヴォロニンのシュートを次々に止め、後半も素晴らしい反射神経でルーカス・レイバのミドルシュートをセーブした。試合は後半ロスタイムにリサンドロ・ロペスの得点で1-1に追い付き、イングランドきっての強豪をグループリーグ敗退に追い込んだ 。2009年11月8日のマルセイユ戦はマンダンダとのフランス代表対決になったが、両クラブの監督やメディアがザル守備 (slack defending)とこき下ろしたように両クラブとも5得点ずつを挙げる意外な展開になり、この両者の対戦では最も得点数の多い試合となった 。12月20日には2009年のフランス最優秀選手が発表され、ロリスはチェルシーのニコラ・アネルカとボルドーのヨアン・グルキュフに次ぐ3位の得票を得た。ウーゴ・ロリス フレッシュアイペディアより)

  • レアンドロ・グリミ

    レアンドロ・グリミから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    しかし、ラシンの前に所属していたアルゼンチン2部リーグのウラカンでは2年間で46試合11ゴールと活躍していた。このことがACミランが彼を獲得することを後押ししたものだと思われる。同クラブでは、カカ、グルキュフらと共にクラブの未来を背負う選手として期待されていたが、07-08シーズンは同じセリエAのACシエナへレンタル移籍。2008年からはポルトガル・スーペル・リーガのスポルティング・リスボンへレンタル移籍をしている。レアンドロ・グリミ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・キャバイェ

    ヨアン・キャバイェから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    ヨアン・グルキュフ等と共に2005年のUEFA U-19欧州選手権で優勝。U-21フランス代表としてプレーした後、2010年8月11日のノルウェー代表戦でA代表デビューを果たした。ヨアン・キャバイェ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年

    1986年から見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    7月11日 - ヨアン・グルキュフ、サッカー選手1986年 フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・ブラン

    ローラン・ブランから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    2007年6月、リーグ・アンに所属するFCジロンダン・ボルドーの監督に就任した。1年目より優れた手腕を発揮し、フェルナンド・カベナギの才能を開花させ、攻撃的なチーム作りでチームを2位に導いた。2008-2009シーズンは、ヨアン・グルキュフの加入でチーム力をさらに上げ、リーグ・カップとリーグ・アンの二冠達成を果たし、オリンピック・リヨンの連覇を7で止めた。2009-10シーズンも出だしから好調で、2009年末の時点で2位に勝ち点9差をつけ、29節終了時まで首位をキープしていたが、2010 FIFAワールドカップ後のフランス代表監督に就任する噂が立ったことなどからチームの成績が悪化し、最終的には欧州カップ戦出場圏外の6位でシーズンを終えた。ローラン・ブラン フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示