1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示
  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    自身がプラティニの後継者と言われたように、ジダン2世またはジダンの後継者と称される選手も数多く存在する。フランス国内ではヨアン・グルキュフやサミル・ナスリ、ムラド・メグニらがそう呼ばれるほか、アレックス・ファーガソンはカリム・ベンゼマについて「身体の使い方がジダンを思わせる」と語った。また、現役時代に所属したレアル・マドリードにおいても、ホセ・マヌエル・フラドはカンテラ時代に「カンテラのジダン」と呼ばれていた。メスト・エジルがレアル・マドリードに移籍した時には「ドイツのジダン」と紹介され、同じくヌリ・シャヒンは「左利きのジダン」と呼ばれた。長男エンツォも父親と同様攻撃的MFとしてプレーし、レアル・マドリードの下部組織で10番を背負っている。将来フランス、スペインどちらの代表を選ぶかが両国で大きな関心を集めるなど、名実ともにジダン2世として注目を集めている。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・グフラン

    ヨアン・グフランから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    グフランは結局ボルドーへ移籍することとなった。移籍金は650万ユーロ。背番号は7。2008-09シーズンは前述のようにカーンでの活躍からフル回転が期待されていたが、期待通りの成績とまではいかなかった。しかし、2009年5月30日の2008-09シーズンのリーグ最終節、グフランはボルドーをリーグ・アン制覇へと導く唯一のゴールを決め、チームはオリンピック・リヨンのリーグ8連覇を阻止した。ところが、それと同時に、古巣のカーンをリーグ・ドゥへ逆戻りさせてしまう結果にもなってしまった(カーンは1年でリーグ・アンに復帰)。2009-10シーズンも同様に通年の活躍はできなかった。2010-11シーズンはヨアン・グルキュフがリヨンへ移籍した抜けた穴を埋める新エースとして期待されていた。しかし、その抜けた穴を埋める、ということはできなかった。2011-12シーズンより、2年契約で契約が更新されることとなった。背番号も9に変更となった。2011年10月29日に行われた第12節のACアジャクシオ戦(2-0)では2得点を挙げ、第4節のヴァランシエンヌFC戦(2-1)以来の8試合ぶりの勝利をもたらした。グフランはこの試合でボルドーでの通算出場試合数が130試合となった。第13節のPSG戦(1-1)でもゴールを挙げた。第11節のスタッド・ブレスト29戦(1-1)でもゴールしたため、グフランは連続3試合で4得点を挙げていることになる。11月26日に行われた第15節のカーン戦ではボルドーに移籍後では最多となるシーズン6ゴール目を決めた。最終節のASサンテティエンヌ戦(3-2)でもゴールを決めた。最終的にボルドーに移籍後では最多、カーン時代を含めると自身2番目となるシーズン14ゴールを決め、チームのUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に大きく貢献した。ヨアン・グフラン フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・グルクフ

    ヨアン・グルクフから見たヨアン・グルキュフヨアン・グルキュフ

    ヨアン・グルクフ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示

「ヨアン・グルキュフ」のニューストピックワード