619件中 91 - 100件表示
  • 金澤篤志

    金澤篤志から見たヨルダンヨルダン

    八千代市立八千代中学校、千葉県立佐倉高校、筑波大学で選手として活躍し、卒業後はヨルダンのアル・ジャリールスポーツクラブのアシスタントコーチと同クラブのU-14及びU-16チームヘッドコーチを2003年まで務める。金澤篤志 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フィルビー

    ジョン・フィルビーから見たトランスヨルダンヨルダン

    第1次世界大戦勃発後、英印軍がメソポタミアを占領し行政官を募集したのに応じ、1915年にバスラに赴任し湾岸駐在官パーシー・コックスのもとで活動し、租税制度と広報紙と中央アラビアの情勢報告で手腕を認められた。1917年の「アラブ反乱」に関してイブン・サウードへの働きかけが必要となり、フィルビーは使節の一員に選ばれリヤードへ派遣された。トルコ軍を援護しヒジャーズの反乱軍に重圧をかけているハーイルのイブン・ラシード家を攻撃するようイブン・サウードを説得し合意を得ている。翌年の初めには反乱の中心シャリーフ・フサインと会見するがフサインの人柄と識見に失望し、イブン・サウードを支持しアラブ民族の中心とすべきだと考え始める。ところがイギリス政府がハーシム家(シャリーフ・フサイン)を優遇し、その脅威となるイブン・サウードを牽制するためハーイルのイブン・ラシードを温存する方向で政策転換し、ハーイル攻撃を禁止させるよう要請してきたので、フィルビーは頑強に抵抗したが、1918年10月リヤードで解任された。一時イギリスに戻るが1920年イラクの民族政権準備のため呼ばれてバグダードに赴任。そこで「ファイサル招聘は総選挙で民意を問うて後にすべし」と主張して、かつての上司コックスと対立し、1921年7月ファイサルの王位就任後に休暇を取ってイラン視察に出かけている。10月にやはり成立したばかりのトランスヨルダンの王アブドゥッラー1世の顧問となるが、アブドゥッラーがイギリスからの補助金を浪費し友好部族を依怙贔屓するのに我慢できず、1924年に辞職する。ジョン・フィルビー フレッシュアイペディアより)

  • AFCカップ2006

    AFCカップ2006から見たヨルダンヨルダン

    AFCカップ2006(AFC Cup 2006)は、2004年に第1回大会が行われて以来、3回目のAFCカップである、バーレーン、バングラデシュ、北朝鮮、ヨルダン、香港、インド、レバノン、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、オマーン、シンガポール、トルクメニスタン、イエメンの14カ国からリーグ戦優勝チーム、カップ戦優勝チーム、及び前回王者の20チームが参加する。開催期間は2006年3月7日から11月2日までである。AFCカップ2006 フレッシュアイペディアより)

  • AFCカップ2005

    AFCカップ2005から見たヨルダンヨルダン

    AFCカップ2005(AFC Cup 2005)は、2004年に第1回大会が行われて以来、2回目のAFCカップである。バングラデシュ、北朝鮮、ヨルダン、香港、インド、レバノン、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、オマーン、シンガポール、トルクメニスタン、イエメンの13カ国からリーグ戦優勝チーム、カップ戦優勝チームの18チームが参加する。開催期間は2005年3月9日から10月26日までである。AFCカップ2005 フレッシュアイペディアより)

  • 委任統治

    委任統治から見たヨルダンヨルダン

    シリアの南部は1920年に「イギリス委任統治領パレスチナ」となった。イギリスは、1921年4月にヨルダン川以東を分離し「イギリス委任統治領トランスヨルダン」を発足させ、アブドゥッラー1世を首長(アミール)に任命して間接統治をすることとした。アブドゥッラー1世はイギリスとの独立交渉を経て、トランスヨルダンが「国」であることをイギリスが承認し、イギリスの権限を外交・軍事・経済政策の監督のみに縮小することが合意され、その結果、1923年5月に「トランスヨルダン首長国」が誕生した。その後、委任統治が正式に終了する1946年5月5日をもって「トランスヨルダン王国」と改称した(ヨルダン参照)。一方、ヨルダン川以西の「パレスチナ」は、イギリスの直接統治下に置かれ、1948年5月14日まで委任統治が継続された(パレスチナ問題参照)。委任統治 フレッシュアイペディアより)

  • シェパーズパイ

    シェパーズパイから見たヨルダンヨルダン

    ヨルダン、シリア、レバノン、およびパレスチナでは、類似する料理がキッベ・バタタと呼ばれる。シェパーズパイ フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・モハメド・スタジアム

    プリンス・モハメド・スタジアムから見たヨルダンヨルダン

    プリンス・モハメド・スタジアム(、)は、ヨルダンのザルカにある多目的スタジアムである。プリンス・モハメド・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 音素文字の歴史

    音素文字の歴史から見たヨルダンヨルダン

    アラビア文字は、アラム文字から今日のヨルダン南部のナバテア文字を経た末裔である。音素文字の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 人間の安全保障

    人間の安全保障から見たヨルダンヨルダン

    アイルランド、オーストリア、オランダ、カナダ、ギリシャ、コスタリカ、スイス、スロベニア、タイ、チリ、ノルウェー、マリ共和国、ヨルダン、南アフリカ(オブザーバー)人間の安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • AFCカップ2009

    AFCカップ2009から見たヨルダンヨルダン

    香港、モルディブ、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、バーレーン、ウズベキスタン、インド、ヨルダン、クウェート、オマーン、イラク、レバノン、シリア、イエメンの17カ国から主にリーグ戦優勝クラブ、カップ戦優勝クラブまたはリーグ戦準優勝クラブ。AFCカップ2009 フレッシュアイペディアより)

619件中 91 - 100件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード