619件中 11 - 20件表示
  • 小菅淳一

    小菅淳一から見たヨルダンヨルダン

    小菅 淳一(こすげ じゅんいち)は、日本の外交官。2011年(平成23年)4月からヨルダン駐箚特命全権大使。小菅淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次インティファーダ

    第1次インティファーダから見たヨルダンヨルダン

    1991年にはスペイン・マドリードで和平会議が開始された。PLOはイスラエルの拒否により直接参加は叶わず、ヨルダン・パレスチナ合同代表団の形での参加となった。当初イスラエル側はなかなか妥協しなかったが、折しも崩壊したソビエト連邦から大量のユダヤ人労働者が流入した事で支持層を拡大した左派労働党のイツハク・ラビンが政権を奪うと、国際社会の経済援助を目当てに交渉を前向きに進め、1993年にアメリカの仲介でイスラエル・PLO間にオスロ合意が調印され、パレスチナ自治政府が設立された。これによりラビン首相、シモン・ペレス外相、PLOヤーセル・アラファート議長は翌年のノーベル平和賞を受賞した。第1次インティファーダ フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たヨルダンヨルダン

    1950年まではトランスヨルダンという国名であって、1946年に独立したものの、外交・軍事の実権はイギリスにあり、イスラエルと同時期にイギリス・フランスの委任統治領として成立した国家であったが、1950年に占領していたヨルダン川西岸を自国領にすると宣言し、その後国名をヨルダンと変えた。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たヨルダンヨルダン

    一部の評論家やアメリカ地質調査所は、オイルシェールの資源量 (resources) と埋蔵量 (reserves) とを区別している。「資源量」は埋蔵されるすべてのオイルシェール、「埋蔵量」はそのうち現在の技術で油分を抽出可能なオイルシェールと定義されている。抽出技術は年々進歩しているため、オイルシェールから抽出できる油の量はあくまでも推定でしかない 。オイルシェールは多くの国に埋蔵されているが、そのうち商業利用可能な規模のものを有するのは33か国に留まっている。調査が十分行われているのがアメリカ合衆国西部のグリーンリバー鉱床、オーストラリアのクイーンズランド鉱床、スウェーデン、エストニアの鉱脈、ヨルダンのEl-Lajjun鉱床、フランス、ドイツ、ブラジル、中国、ロシアの鉱脈である。これらの鉱床から得られるオイルシェール1トンにつき、40リットルのシェール油が取れると予想されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム同胞団

    ムスリム同胞団から見たヨルダンヨルダン

    ムスリム同胞団は1928年に、西洋からの独立とイスラム文化の復興を掲げてハサン・アル=バンナー(Hassan al-Banna、1906年-1949年)によってエジプトで結成された。1940年代後半には、同国最大のイスラム主義運動に成長し、このころよりヨルダンやパレスティナなど周辺諸地域への進出が始まり、現在ではアラブ諸国を中心に広くイスラム圏に運動が広がり、各地に支部や関係組織を展開している。ムスリム同胞団 フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの歴史

    エジプトの歴史から見たヨルダンヨルダン

    紀元前1021年にはイスラエル王国、紀元前930年にはユダ王国が建国された。紀元前925年には:en:Sack of Jerusalem (10th century BC)でユダ王国を属国にし、次いでイスラエル王国に侵攻し、メギドに至とヤロブアム1世はギレアド(現ヨルダン)へ逃亡した。エジプトの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ反乱

    アラブ反乱から見たトランスヨルダンヨルダン

    1918年、アラブ人騎兵が勝利を目前にした反乱軍に加わった。騎兵らはアレンビーの遠征軍に、オスマン軍部隊の配置に関する情報を提供し、オスマン軍の補給線を邪魔し、兵営を攻撃し線路を破壊した。これらの攻撃もあり、アレンビーの最後の攻勢であるメギドの戦い(メギッドの戦い、1918年9月19日 - 9月21日)は大勝利に終わった。オスマン帝国軍は壊走し、オーストラリア軽騎兵部隊は9月30日にダマスカスへ入城した。ロレンス大佐とアラブ反乱軍は翌10月1日、降伏文書を受け取るためダマスカスに入った。終戦の時点でエジプト遠征軍はパレスチナ、トランスヨルダン、レバノン、シリア南部とアラビア半島の大半を占領していた。アラブ反乱 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ連邦

    アラブ連邦から見たヨルダンヨルダン

    アラブ連邦(アラブれんぽう、)は、1958年に存在したイラクとヨルダンによる連邦国家である。アラブ連邦 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見たヨルダンヨルダン

    現在のパレスチナの地へのユダヤ人帰還運動は長い歴史を持っており、ユダヤ人と共に平和な世俗国家を築こうとするアラブ人も多かった。ユダヤ人はヘブライ語を口語として復活させ、アラブ人とともに嘆きの壁事件など衝突がありながらも、安定した社会を築き上げていた。しかし、1947年の段階で、ユダヤ人入植者の増大とそれに反発するアラブ民族主義者によるユダヤ人移住・建国反対の運動の結果として、ヨルダンのフセイン国王、アミール・ファイサル・フサイニー(1933年アラブ過激派により暗殺)、ファウズィー・ダルウィーシュ・フサイニー(1946年暗殺)、マルティン・ブーバーらの推進していたイフード運動(民族性・宗教性を表に出さない、平和統合国家案)は非現実的な様相を呈する。パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス委任統治領パレスチナ

    イギリス委任統治領パレスチナから見たトランスヨルダンヨルダン

    パレスチナとはシリア地方南部を指していたが、当初はその範囲は確定していなかった。1922年9月16日の国際連盟による承諾によって、イギリスは委任統治領を2つの地域に分けた。すなわち、イギリスの直轄支配を受けるヨルダン川より西のパレスチナと、ヒジャーズ王国の王族ハーシム家が治めるヨルダン川東部の自治領トランスヨルダンである。トランスヨルダンの創設は、イギリスがハーシム家との間に約束した1915年のマクマホン宣言に基づく。この分割により、バルフォア宣言でパレスチナに創設することを認めたユダヤ人のナショナル・ホーム(民族郷土)の範囲から、トランスヨルダンの部分は除外されることになった。イギリス委任統治領パレスチナ フレッシュアイペディアより)

619件中 11 - 20件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード