900件中 11 - 20件表示
  • シリア騒乱

    シリア騒乱から見たヨルダンヨルダン

    シリアにおける騒乱は、2011年にチュニジアで起きたジャスミン革命の影響によってアラブ諸国に波及したアラブの春のうちの一つであり、シリアの歴史上「未曾有」のものといわれている。反体制派からの情報を収集する英国拠点の反体制派組織シリア人権監視団は2013年8月末の時点で死者が11万人を超えたと発表している。国際連合により、2012年5月下旬の時点でもはや死者数の推計は不可能と判断されている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の推計によると、2017年までに元の居住地を離れて約630万人が国内で避難生活を送り、500万人以上が国外に逃れた。こうした難民の主な行き先としてはトルコ(320万人)、レバノン(100万人)、ヨルダン(65万人)、イラク(24万人)、エジプト(12万人)で、トルコなどを経由してヨーロッパなどに渡った人々も多い。日本には2014年6月20日時点で52人が難民申請しているが、日本政府は一人も認めていない。シリア騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • シリア

    シリアから見たヨルダンヨルダン

    シリア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。シリア フレッシュアイペディアより)

  • アラブ反乱

    アラブ反乱から見たトランスヨルダンヨルダン

    その後フサインらのハーシム家はアラビア半島西部のヒジャーズ王国の独立を認められたものの1920年代半ばにアブドゥルアズィーズ・イブン=サウードに攻められサウード家がサウジアラビアとして統合する。ハーシム家のフサインの息子のファイサルやアブドゥッラーらはイラク王国やトランスヨルダン王国などの王となった。アラブ反乱 フレッシュアイペディアより)

  • エルサレム

    エルサレムから見たヨルダンヨルダン

    第一次中東戦争(1948?1949年)によってヨルダンの支配下に置かれた地区が東エルサレムである。1949年以前のエルサレム市域の20%を占めるが、本来のエルサレムである城壁に囲まれた旧市街は東エルサレムに含まれ、1967年の第三次中東戦争によってイスラエルに占領された。占領後、イスラエルは旧ヨルダン領の28の地方自治体をエルサレムに統合し、エルサレムの面積は大幅に拡大した。この新市域にイスラエルは大型のユダヤ人入植地を次々と建設している。エルサレム フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン・タイムズ

    ヨルダン・タイムズから見たヨルダンヨルダン

    ヨルダン・タイムズ()はヨルダン・アンマンで発行されている日刊の英字新聞である。ヨルダン・タイムズは1975年に創刊され、国内最多発行数の日刊アラビア語新聞Al Ra'iも発行しているヨルダン・プレスが発行している。ヨルダン・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜

    フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜から見たヨルダンヨルダン

    ユダヤ系アメリカ人のレベッカはエルサレムに数ヶ月住んでいたが、イスラエル人の恋人と婚約を破棄し、ユダヤ人女性のハンナのタクシーに乗り込む。ハンナは用があると言ってレベッカを降ろそうとするが彼女は降りず、やむなく共にヨルダンに向かうことになる。ハンナはパレスチナ軍のロケットで負傷した夫の代わりに、ヨルダン、イラク、サウジアラビアの国境にあるフリーゾーンへ、貸した金を返してもらいに行く用があった。フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜 フレッシュアイペディアより)

  • アブ・ニダル

    アブ・ニダルから見たヨルダンヨルダン

    イスラエル当局が西岸のファタハ構成員を摘発し始めると、サブリーはナブルスを離れ、ヨルダンの首都アンマンに移った。ここで、サブリーはアブ・ニダル(「闘いの父」を意味する)の名前を使い始めた。彼はヤーセル・アラファートの側近の1人、サラフ・ハラフ(アブー・アヤド)の庇護を得て頭角を現し、「軍事訓練」のために、政府ぐるみでテロリストを支援している中華人民共和国と北朝鮮に派遣された。アブ・ニダル フレッシュアイペディアより)

  • 三枚舌外交

    三枚舌外交から見たヨルダンヨルダン

    サイクス・ピコ協定では、トランスヨルダン(すなわち現在のヨルダン)から南メソポタミア(現在のイラクから北部を除いた部分と、アラビア半島のペルシャ湾沿岸部)にかけては、一部を除いてイギリス庇護の下でアラブ独立をする(いわゆる「Bゾーン」)こととして、またフサイン=マクマホン協定で言及された境界線であるアレッポ・ハマー・ホムス・ダマスカス以東のシリアの大部分とイラク北部(いわゆる「Aゾーン」)においてはフランス影響下に置かれながらもアラブ独立を果たすべきと規定していると解釈すれば、アラブ人国家の建設を約束したとするフサイン=マクマホン協定とは必ずしも矛盾しない。またサイクス・ピコ協定で明確にフランス統治領とされたレバノンとアナトリア半島南東部はフサイン=マクマホン書簡においてアラブ人国家の範囲には含まれないとされ、サイクス・ピコ協定では国際管理下に置かれるとされたパレスチナに関してはとくにフサイン=マクマホン協定では触れられていない。ただフランス勢力下のうち首府ダマスカスを中心とするシリア部分の大半においてフランス勢力下なのかアラブ勢力下なのか矛盾する部分が存在し、それがファイサルのダマスカス入城に繋がった。三枚舌外交 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次インティファーダ

    第1次インティファーダから見たヨルダンヨルダン

    1991年にはスペイン・マドリードで和平会議が開始された。PLOはイスラエルの拒否により直接参加は叶わず、ヨルダン・パレスチナ合同代表団の形での参加となった。当初イスラエル側はなかなか妥協しなかったが、折しも崩壊したソビエト連邦から大量のユダヤ人労働者が流入した事で支持層を拡大した左派労働党のイツハク・ラビンが政権を奪うと、国際社会の経済援助を目当てに交渉を前向きに進め、1993年にアメリカの仲介でイスラエル・PLO間にオスロ合意が調印され、パレスチナ自治政府が設立された。これによりラビン首相、シモン・ペレス外相、PLOヤーセル・アラファート議長は翌年のノーベル平和賞を受賞した。第1次インティファーダ フレッシュアイペディアより)

  • アブ・ムハンマド・マクディーシ

    アブ・ムハンマド・マクディーシから見たヨルダンヨルダン

    ナーブルス生まれ。クウェートに移住し、湾岸戦争後ヨルダンに帰還した。アブ・ムハンマド・マクディーシ フレッシュアイペディアより)

900件中 11 - 20件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード