900件中 31 - 40件表示
  • 2012年の政治

    2012年の政治から見たヨルダンヨルダン

    4日 - ヨルダンのアブドラ国王は、下院を解散。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・マシャアル

    ハーリド・マシャアルから見たヨルダンヨルダン

    1987年にハマースが設立されて以降、ハマースのクウェート部局の指導者を務めるようになった。マシャアルは1991年にクウェートからヨルダンへと異動した。1999年8月にハマースヨルダン部局から除名されて以降、2001年にシリアの首都ダマスカスへと異動するまでカタールで生活していた。シリア騒乱が起きたため、2012年にカタールへと再び転居することとなった。ハーリド・マシャアル フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル航空宇宙軍

    イスラエル航空宇宙軍から見たヨルダンヨルダン

    1967年の第三次中東戦争でのイスラエル空軍は、戦闘の初日に対立するアラブ空軍に大打撃を与えることによって絶対的航空優勢を獲得した。6月5日の朝3時間の攻撃(フォーカス作戦)でまだ離陸前のエジプト空軍機の大部分を破壊し、その日のうちにシリア・ヨルダン空軍にも同様に大打撃を与え、さらにイラクまで攻撃した。イスラエル航空宇宙軍 フレッシュアイペディアより)

  • 劣化ウラン弾

    劣化ウラン弾から見たヨルダンヨルダン

    劣化ウランは、入手可能で安全に扱える物質の内では比重が最も大きいので、空中を飛翔した後に目標物を貫通するタイプの銃砲弾の材料に適している。この高性能銃砲弾を劣化ウラン弾という。アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ロシア、中国、カナダ、スウェーデン、ギリシャ、トルコ、イスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、バーレーン、エジプト、クウェート、パキスタン、タイ、台湾、韓国、などが劣化ウラン弾を兵器として保有している。劣化ウラン弾 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たヨルダンヨルダン

    一部の評論家やアメリカ地質調査所は、オイルシェールの資源量 (resources) と埋蔵量 (reserves) とを区別している。「資源量」は埋蔵されるすべてのオイルシェール、「埋蔵量」はそのうち現在の技術で油分を抽出可能なオイルシェールと定義されている。抽出技術は年々進歩しているため、オイルシェールから抽出できる油の量はあくまでも推定でしかない 。オイルシェールは多くの国に埋蔵されているが、そのうち商業利用可能な規模のものを有するのは33か国に留まっている。調査が十分行われているのがアメリカ合衆国西部のグリーンリバー鉱床、オーストラリアのクイーンズランド鉱床、スウェーデン、エストニアの鉱脈、ヨルダンのEl-Lajjun鉱床、フランス、ドイツ、ブラジル、中国、ロシアの鉱脈である。これらの鉱床から得られるオイルシェール1トンにつき、40リットルのシェール油が取れると予想されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見たヨルダンヨルダン

    23日 - ヨルダン下院議会の総選挙の投票。王室支持派が大勝したが、イスラム原理主義組織のムスリム同胞団は選挙をボイコットした。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • アラブの春

    アラブの春から見たヨルダンヨルダン

    ヨルダンでも早い段階で反政府運動が飛び火し、サミール・リファーイー内閣が2011年2月1日に総辞職。エジプトでは1月25日より大規模な反政府抗議運動が発生、これにより30年以上に亘るホスニー・ムバーラク大統領下による長期政権が崩壊した(2011年エジプト革命)。また、立憲君主国のバーレーンでも反政府運動が計画され、政府は給付金を全世帯に給付するなど対処したようにみえたが、首都マナーマの真珠広場で行われた中規模反政府集会を政府動員の治安部隊が強制排除し、死者が出る事態となっている(2011年バーレーン騒乱)。アラブの春 フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たヨルダンヨルダン

    [[ファイル:Klaus Schwab WEF 2008.jpg|thumb|left|世界経済フォーラム創設者兼会長 クラウス・シュワブ]]世界経済フォーラムはスイスのジュネーヴ州コロニーに本部が置かれている。2006年に中国の北京、アメリカ合衆国のニューヨークに、2009年には日本の東京にオフィスを開設した。同フォーラムは公平かつ非営利で、いかなる政治的利益、党利党略や国益とは無縁の組織である。国際連合の経済社会理事会のオブザーバーの地位を有し、スイス連邦政府の監督下にある。最高意志決定機関はコフィー・アナン元国連事務総長やクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事、ヨルダンのラニア王妃ら24名で構成されるファンデーション・ボードである。ミッションは、「世界の現状の改善に向けて取り組む」ことである。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ解放機構

    パレスチナ解放機構から見たヨルダンヨルダン

    1964年1月の第一回アラブ首脳会議で成立したアラブ連盟により設立され、イスラエル建国で難民となったパレスチナ人の対イスラエル闘争の統合組織となり、反イスラエルの中心勢力となった。1967年の第三次中東戦争がアラブ諸国側の敗北に終わると、ゲリラ組織や労働運動組織などを主体とするパレスチナ人の民衆的運動として再編され、ヨルダンで反イスラエル闘争を行って越境攻撃を撃退するなどの大きな戦果をあげ、パレスチナ人の間に名声を高めていたファタハが加入した。1969年2月、エジプトのナセル大統領の「パレスチナの指導者」というお墨付きを得たヤーセル・アラファートがPLO第2代議長に就任し、ファタハを中心に機構を再整備、実質上のパレスチナ亡命政府となる。パレスチナ解放機構 フレッシュアイペディアより)

  • アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィー

    アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーから見たヨルダンヨルダン

    アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィー(; 、1966年10月30日 - 2006年6月7日)は、ヨルダン生まれのイスラーム主義活動家、テロリスト。アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィー フレッシュアイペディアより)

900件中 31 - 40件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード