900件中 41 - 50件表示
  • エルサレムの旧市街とその城壁群

    エルサレムの旧市街とその城壁群から見たヨルダンヨルダン

    「エルサレムの旧市街とその城壁群」は、ユネスコの世界遺産登録物件のひとつ。周辺情勢の不安定さから保護が必要な物件である一方、エルサレムの帰属問題などのデリケートな問題をはらんでいることから、ヨルダンによる申請という変則的な手続きが認められた珍しい物件である。1981年の第1回臨時世界遺産委員会で登録が決定された。臨時委員会で登録が決定した物件は、第41回世界遺産委員会(2017年)終了時点では他にない。翌年に危機遺産リストに加えられた。最も長い期間危機遺産リストに登録され続けている物件である。エルサレムの旧市街とその城壁群 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たヨルダン・ハシェミット王国ヨルダン

    2015年10月17日、ヨルダン・ハシェミット王国リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • 第四次中東戦争

    第四次中東戦争から見たヨルダンヨルダン

    1967年6月5日、イスラエル空軍はエジプト、ヨルダン、シリア、イラクの各空軍基地を攻撃、第三次中東戦争が勃発した。第四次中東戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ウダイ・サッダーム・フセイン

    ウダイ・サッダーム・フセインから見たヨルダンヨルダン

    ヨルダンのフセイン1世国王が事件解決の仲介を行ったこともあり、サッダームはカーミル・ハンナの遺族を共和国宮殿に招待し、遺族がウダイの助命を求めるという和解のシーンを国営テレビで放送した。それらは、部族社会のイラクでは伝統的な和解方法に則ったものだった。またサッダームの親族や側近らも減刑を求めた。結局、ウダイが裁判所に引き渡されることは無かった。ウダイ・サッダーム・フセイン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田潤 (外交官)

    吉田潤 (外交官)から見たヨルダンヨルダン

    福井県出身。1973年(昭和48年)大阪外国語大学を中退して、外務省に入省する。1987年シアトル総領事館領事、1992年外務省中近東アフリカ局中近東第二課課長補佐、1994年4月外務省条約局法規課課長補佐、1997年7月エジプト大使館一等書記官、2001年7月ヨルダン大使館一等書記官、2004年5月外務省領事局海外邦人安全課邦人援護官。吉田潤 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 小菅淳一

    小菅淳一から見たヨルダンヨルダン

    小菅 淳一(こすげ じゅんいち)は、日本の外交官。2011年(平成23年)4月からヨルダン駐箚特命全権大使。2014年(平成26年)10月からハンガリー駐箚特命全権大使。小菅淳一 フレッシュアイペディアより)

  • ヒジャーズ鉄道

    ヒジャーズ鉄道から見たヨルダンヨルダン

    ヒジャーズ鉄道(ヒジャーズてつどう、Hejaz railway)は、オスマン帝国によって建設された、シリアのダマスカスから現在のサウジアラビアの聖地マディーナ(メディナ)までの区間を、シリア、ヨルダン、およびアラビア半島西部のヒジャーズ地方を縦断して連絡した鉄道である。総延長は1,308km、軌間は1,050mmで、オスマン帝国の鉄道網の一部をなしており、当初の計画では聖地マッカ(メッカ)を終着駅にしていた。ヒジャーズ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たヨルダンヨルダン

    イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。イラク フレッシュアイペディアより)

  • カルロス (テロリスト)

    カルロス (テロリスト)から見たヨルダンヨルダン

    1969年にヨルダンに向かいそこにいた世界各地のテロリストたちと面識をもつようになった。1970年にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)に合流。1972年の日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件では、武器の調達に関わったと言われている。1973年にはワディ・ハダド率いるPFLPの分派組織「パレスチナ解放人民戦線・外部司令部」(PFLP?EO)に参加。以後多くのテロを指揮するようになる。カルロス (テロリスト) フレッシュアイペディアより)

  • イギリス委任統治領パレスチナ

    イギリス委任統治領パレスチナから見たトランスヨルダンヨルダン

    パレスチナとはシリア地方南部を指していたが、当初はその範囲は確定していなかった。1922年9月16日の国際連盟による承諾によって、イギリスは委任統治領を2つの地域に分けた。すなわち、イギリスの直轄支配を受けるヨルダン川より西のパレスチナと、ヒジャーズ王国の王族ハーシム家が治めるヨルダン川東部の自治領トランスヨルダンである。トランスヨルダンの創設は、イギリスがハーシム家との間に約束した1915年の「マクマホン宣言」に基づく。この分割により、バルフォア宣言でパレスチナに創設することを認めたユダヤ人のナショナル・ホーム(民族郷土)の範囲から、トランスヨルダンの部分は除外されることになった。イギリス委任統治領パレスチナ フレッシュアイペディアより)

900件中 41 - 50件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード