619件中 51 - 60件表示
  • ヨルダン王国

    ヨルダン王国から見たヨルダンヨルダン

    ヨルダン王国 フレッシュアイペディアより)

  • デュランダル (兵器)

    デュランダル (兵器)から見たヨルダンヨルダン

    第三次中東戦争(六日戦争)において、イスラエル国防軍による1967年6月5日の先制攻撃時に、イスラエル空軍の第一次攻撃隊がエジプト、シリア、ヨルダン、イラクの空軍基地に対してデュランダルを使用し、滑走路を破壊した。この攻撃によりアラブ諸国の空軍の戦闘機(MiG-17、MiG-19、MiG-21、Su-7、ホーカー ハンター)や爆撃機(Il-28、Tu-16)の半数は離陸不可能となり、機銃掃射や第二次以降の攻撃隊の無誘導爆弾やナパーム弾で破壊され、イスラエル軍の制空権は確固たるものとなった。デュランダル (兵器) フレッシュアイペディアより)

  • トビヤ家

    トビヤ家から見たヨルダンヨルダン

    トビヤ家に関係する遺物の中で最も目を引くものは現在ヨルダン領内に残るカスル・エル・アブドである。この建物はヘレニズム様式とオリエント様式の折衷様式で建設されており未完成の状態で放棄されていた。トビヤ家 フレッシュアイペディアより)

  • JOR

    JORから見たヨルダンヨルダン

    JOR フレッシュアイペディアより)

  • フサイン1世

    フサイン1世から見たヨルダンヨルダン

    ヨルダン王国のフサイン1世は、ヨルダンの第3代国王(在位1953年 - 1999年)。名は、フセインと表記されることが多い。近代化路線と積極的な外交政策で中東の国際政治に影響力を発揮した。詳細はフセイン1世を参照。フサイン1世 フレッシュアイペディアより)

  • イラン・イラク戦争における航空戦

    イラン・イラク戦争における航空戦から見たヨルダンヨルダン

    開戦当初、イラク軍は前線に近い航空基地や陸軍駐屯地及び石油関連施設に対して低高度からの小規模かつ散発的な出撃ばかりで大規模な制空権確保作戦を実施しなかった。例に挙げればテヘラン・メヘラーバード国際空港に対する爆撃は戦闘機2機のみで反復攻撃も無かった。MiG-21の航続距離は短く内陸奥深くに攻撃することは困難であったがTu-22やIl-28など長距離作戦機をヨルダン国境周辺の飛行場に退避させイラン空軍に対する航空撃滅戦は実施されなかった。前線の地上部隊に対する近接航空支援も不活発であった。イラン・イラク戦争における航空戦 フレッシュアイペディアより)

  • ウォールズ・アイスクリーム

    ウォールズ・アイスクリームから見たヨルダンヨルダン

    ウォールズ・アイスクリーム(Wall's)は、ユニリーバのアイスクリーム部門である。イギリスを中心に中国(香港を含む)、インド, インドネシア, ヨルダン, レバノン, マレーシア , モルドバ, パキスタン 、カタール、サウジアラビア、シンガポール、タイ王国, アラブ首長国連邦、 ベトナムといったアジアの国々で販売展開を行っている。ウォールズ・アイスクリーム フレッシュアイペディアより)

  • ラシード・ムハンマド・サイード・アッ=リファーイー

    ラシード・ムハンマド・サイード・アッ=リファーイーから見たヨルダンヨルダン

    1993年、イラクへ帰国したラシードは、イラク戦争でバアス党政権が崩壊する2003年まで、イラク外務省の顧問を務めた。戦争後のイラクの惨状に耐えられなくなったラシードは、2006年にバグダードを去り、妻と共にヨルダンで暮らしていた。2009年9月3日逝去。ラシード・ムハンマド・サイード・アッ=リファーイー フレッシュアイペディアより)

  • 麻生羽呂

    麻生羽呂から見たヨルダンヨルダン

    今際の国のアリス連載開始直前に結婚。初回が掲載された雑誌が発売された日、ヨルダン新婚旅行の真っ最中。麻生羽呂 フレッシュアイペディアより)

  • Su-80 (航空機)

    Su-80 (航空機)から見たヨルダンヨルダン

    まずS-80は試験機4機が製造されたが、3機が地上の構造試験機などであり、実際に飛行可能な1機が初飛行したのは2001年9月4日のことであった。民間機として商業的関心を集めているほか、軍事用としても中国人民解放軍空軍、ヨルダン空軍、マレーシア空軍、大韓民国空軍といった軍隊が関心をあつめているという。Su-80 (航空機) フレッシュアイペディアより)

619件中 51 - 60件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード