619件中 61 - 70件表示
  • ベンソン・ホテル

    ベンソン・ホテルから見たヨルダンヨルダン

    現在までに、ルチアーノ・パヴァロッティ、ヨルダンのノール女王、デヴィッド・ボウイ、ジェームズ・ブラウンを始めとする多くの著名人がベンソン・ホテルに宿泊している。2005年11月、ポール・マッカートニーがアメリカ・ツアーでポートランドに滞在した際に宿泊した。また、ハリー・トルーマン以降、ジョージ・ウォーカー・ブッシュを除いた全アメリカ合衆国大統領が宿泊している。リチャード・ミルハウス・ニクソンはベンソン・ホテルに滞在中、チェッカーズ・スピーチを作成した。ベンソン・ホテル フレッシュアイペディアより)

  • ムシャッタ宮殿

    ムシャッタ宮殿から見たヨルダンヨルダン

    ムシャッタ宮殿 (Mshatta facade) は現在のヨルダンに存在したウマイヤ朝時代の宮殿。ウマイヤ朝が滅亡した750年には未完成だったとされ、ウマイヤ朝が滅亡されるとともに建設工事は中断され、宮殿は放棄された。あまりにも壮大で豪華な宮殿であったため、ウマイヤ朝衰退の一因になったと言われる。ムシャッタ宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • バギール

    バギールから見たヨルダンヨルダン

    生産拠点:ウクライナ、トルコ、エジプト、ヨルダン、中国、ベトナムバギール フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・サルタノフ

    アレクサンドル・サルタノフから見たヨルダンヨルダン

    1970年モスクワ国際関係大学を卒業する。同年ソ連外務省に入省する。中東問題の専門家で外務省本省の中東・北アフリカ担当部局の他、クウェート、シリアの在外公館で勤務を経て、1992年駐ヨルダン大使。1999年外務省中東・北アフリカ局長。2001年10月から外務次官。中東担当としてイラク問題などでロシアを代表して交渉の場に立つ。アレクサンドル・サルタノフ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の人口動態

    カリフォルニア州の人口動態から見たヨルダンヨルダン

    アラブ系アメリカ人も50万人以上おり、アラメダ、フレズノ、インペリアル、カーン、オレンジ、サンバーナーディーノ、サンディエゴ、スタニスラウスの各郡に大きな地域社会がある。アラブと中東の各地域を含んでいるが、特に多いのはパレスティナであり、その後にエジプト、イラク、ヨルダン、リビア、レバノン、シリアおよびサウジアラビアが続いている。アラブ系は1920年代以降にカリフォルニアに住んでおり、特にセレスとターロックのアッシリア系とカルデア系、およびコーアチェラ・バレーが有名である。サンディエゴ市は国内でも最大級のカルデア系移民が集中している。カリフォルニア州の人口動態 フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の設立に関する最終合意書

    国際刑事裁判所の設立に関する最終合意書から見たヨルダンヨルダン

    ASPの議長(President)はメンバー国が持ち回りで交代して担当する。任期は3年。2002年7月のASP発足時、初代議長はイラク王室出身でヨルダンの外交官ザイード・アルフセイン王子(Prince Zeid Ra'ad Zeid Al-Hussein)が務めた。2007年現在の議長はコスタリカのブルーノ・スタグノ・ウガルテ(Bruno Stagno Ugarte)詳細。国際刑事裁判所の設立に関する最終合意書 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空830便爆破事件

    パンアメリカン航空830便爆破事件から見たヨルダンヨルダン

    この事件の原因として、最初は乗客が搭載した花火との説が流されたものの、その後の調査によりアメリカに敵対心を持つヨルダン人(パレスチナ出身)が引き起こしたテロ事件とされた。1988年に容疑者はギリシアで逮捕され、後に殺人罪で懲役15年の有罪判決を受けた。ただし1996年に刑期を6年努めた時点で釈放された。その後2006年に、旅客機の国籍があったアメリカ合衆国の裁判所で、7年の刑を宣告された。パンアメリカン航空830便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • アジテーション・フリー

    アジテーション・フリーから見たヨルダンヨルダン

    1972年にエジプト・ヨルダン・レバノン・キプロス・ギリシャを巡るツアーを行い、そのライブ音源を編集してファーストアルバムをリリース。1974年に解散。1998年に再結成し、アルバムを3枚リリースした。アジテーション・フリー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ホワイト (政治活動家)

    ジェリー・ホワイト (政治活動家)から見たヨルダンヨルダン

    エルサレムのヘブライ大学に留学していた1984年4月12日、イスラエル北部の国境付近をハイキングしていた際に地雷に足を踏み入れてしまい、片足を失った。テルアビブの病院に6カ月入院し、6回の手術を受け義足を付けての歩行を練習した。その後復学し、卒業後、サバイバーコープスの創設者として6億5千万人の障害者の人権を促進し、保護する人道主義法を立法化することに努めた。ダイアナ元イギリス王太子妃の最後の慈善活動となったボスニア・ヘルツェゴビナの地雷原への訪問において、手配と護衛に携わった。中東の地雷廃絶をヨルダン国王フセイン1世とヌール王妃と共に先陣に立って携わった。ジェリー・ホワイト (政治活動家) フレッシュアイペディアより)

  • 第二次内乱 (イスラーム史)

    第二次内乱 (イスラーム史)から見たヨルダンヨルダン

    アッズバイルの父は駱駝の戦いで戦死したズバイルで、母は初代正統カリフ、アブー=バクルの長女という、カリフを称するのには非常に有利な生まれだったが、彼のカリフ宣言後、ウマイヤ家に不満を抱く各地のムスリム(ヨルダン以外のシリア、イラク、エジプトなどの)が彼のもとに忠誠の誓い(バイア)をし、2人のカリフが存在するという状態が起こった。第二次内乱 (イスラーム史) フレッシュアイペディアより)

619件中 61 - 70件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード