619件中 71 - 80件表示
  • シャマール

    シャマールから見たヨルダンヨルダン

    シャマール(アラビア語 : ????)とは、イラクおよびサウジアラビア、カタールなどのペルシャ湾岸地域で吹く、砂塵を伴った強風のこと。シャマルとも言う。乾燥した北西風で、昼間に最も強く、一日中吹き続けることもあるが夜間は弱まる。年に1回?数回程度発生する現象で、夏によく発生するが、冬に発生することも稀にある。シャマールによる大規模な砂嵐はイラクに大きな影響を与えるが、その砂塵の起源はヨルダンやシリアであると考えられている。シャマール フレッシュアイペディアより)

  • マンデルバウム門

    マンデルバウム門から見たヨルダンヨルダン

    1949年から1967年にかけての東エルサレム・ヨルダン占領時代には、イスラエル領である西エルサレムとヨルダン占領地区の境界線に位地し、チェックポイントとなっていた。マンデルバウム門 フレッシュアイペディアより)

  • ザックーム

    ザックームから見たヨルダンヨルダン

    東スーダンのベジャ民族は、巒岳(Euphorbia abyssinica)をザックームと呼んでいる。ヨルダンにおいては、バラニテス(Balanites aegyptiaca)のことである。ザックーム フレッシュアイペディアより)

  • ファラオの処刑

    ファラオの処刑から見たヨルダンヨルダン

    この戦争が一時的とはいえアラブ諸国有利に進んだこともあり、長年の間、常に軍事的優位に立っていたイスラエルが和平合意を希望するきっかけになったといわれる。また、第四次中東戦争が原因となって世界的な石油価格の上昇、いわゆるオイルショックが発生し、アメリカ合衆国をはじめとする当時の先進国も戦争終結を希望した。和平交渉はエジプト側から模索されはじめ、1977年11月19日にはサーダート大統領がイスラエルを訪問し、翌1978年にはアメリカ合衆国においてサーダート大統領とイスラエルのメナヘム・ベギン首相との間でキャンプ・デービッド合意がなされ、翌1979年にはエジプト・イスラエル平和条約が結ばれた。この平和条約により、エジプトはアラブ諸国の中で初めてイスラエルを国家として正式に承認した。(次にイスラエルを正式承認するのは10年以上後の1994年のヨルダンであり、それ以外には無い。)ファラオの処刑 フレッシュアイペディアより)

  • メムノーン

    メムノーンから見たヨルダンヨルダン

    エーオースとティートーノスの子で、エーマティオーンと兄弟。エティオピアの王。このエティオピアは、現在のエチオピアとする説と、現在のイスラエル、ヨルダン、エジプトの一部を含み、ヤッファを都としたフェニキアの王国とする説がある。メムノーン フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥッラー2世国王設計開発局

    アブドゥッラー2世国王設計開発局から見たヨルダンヨルダン

    アブドゥッラー2世国王設計開発局(アラビア語: 、英語: King Abdullah II Design and Development Bureau、略称 KADDB)はヨルダンの防衛産業企業。同局は1999年8月24日、勅令によりに設立された。ヨルダン軍(Jordanian Armed Forces)への科学技術を外国に頼らず自前で提供しよう、というのがその目的だ。また、KADDBが設立されたのは、中東の気候や地形に合う兵器、軍需品、機械設備などを、1ヶ所で供給できるようにするためでもある。同局はヨルダン軍の中にある独立した機関で、活動に当たっては営利を追求し、予算は防衛費と営業利益の両方を財源としている。アブドゥッラー2世国王設計開発局 フレッシュアイペディアより)

  • アイティオピス

    アイティオピスから見たヨルダンヨルダン

    ヘーパイストスの作った鎧をつけたメムノーン(エーオースとティートーノスの子)が、エティオピア軍(このエティオピアは、現在のエチオピアとする説と、現在のイスラエル、ヨルダン、エジプトの一部を含み、ヤッファを都としたフェニキアの王国とする説がある)を率いてトロイアの加勢にやって来る。アイティオピス フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合レバノン監視団

    国際連合レバノン監視団から見たヨルダンヨルダン

    UNOGILの任務はレバノン国境地帯を監視し、武器の流入を阻止することである。人員は国際連合休戦監視機構(UNTSO)から直ちに派遣され、6月12日には現地展開を開始した。1958年7月にアラブ連邦のイラクでクーデターが起き、ヨルダンの政情も不安定になると、アメリカ合衆国はレバノン安定のため、直接介入を決意した。アメリカの直接介入提案は安保理ではソ連の反対により決議されなかったが、7月15日にはレバノンへアメリカ海兵隊が上陸を開始している。アメリカ海軍第6艦隊や空軍の支援も受けたアメリカ軍はレバノン都市部の治安維持にあたっている。また、アメリカ合衆国の仲介により、シャムーンは大統領への再選をあきらめ、フアード・シハーブが大統領についた。国際連合レバノン監視団 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力国際協力センター

    原子力国際協力センターから見たヨルダンヨルダン

    これまでに、ベトナム・インドネシア・モンゴル・クウェート・ヨルダンとの間で、視察受け入れ・相手国訪問・共同セミナーなどを実施している。原子力国際協力センター フレッシュアイペディアより)

  • リラ (通貨)

    リラ (通貨)から見たヨルダンヨルダン

    ヨルダン・ディナール - ヨルダンの通貨。ヨルダン・リラとも。リラ (通貨) フレッシュアイペディアより)

619件中 71 - 80件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード