900件中 81 - 90件表示
  • シャマール

    シャマールから見たヨルダンヨルダン

    シャマール(アラビア語 : ????)とは、イラクおよびサウジアラビア、カタールなどのペルシャ湾岸地域で吹く、砂塵を伴った強風のこと。シャマルとも言う。乾燥した北西風で、昼間に最も強く、一日中吹き続けることもあるが夜間は弱まる。年に1回?数回程度発生する現象で、夏によく発生するが、冬に発生することも稀にある。シャマールによる大規模な砂嵐はイラクに大きな影響を与えるが、その砂塵の起源はヨルダンやシリアであると考えられている。シャマール フレッシュアイペディアより)

  • ラシュモア (ドック型揚陸艦)

    ラシュモア (ドック型揚陸艦)から見たヨルダンヨルダン

    1996年には多くの訓練演習完了後に Blue E および Battle E を受章している。この間の演習では、強襲揚陸艦「タラワ」(USS Tarawa, LHA-1)率いる揚陸準備グループ、第13海洋遠征部隊(13th MEU)と共に行ったタイでのコブラ・ゴールド '96、ヨルダンとのインフィニティ・ムーンライト、サウジアラビアとのレッド・リーフ、クウェートとの Meuex '96 が含まれる、ラシュモア (ドック型揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

  • アレッポマツ

    アレッポマツから見たヨルダンヨルダン

    アレッポマツ(、学名:Pinus halepensis)は、地中海地方に自生するマツの1種である。モロッコ、スペインから北は南フランス、イタリア、クロアチア、東はギリシア、北リビアに分布する。シリア(語源となったアレッポ地方を含む)、ヨルダン、イスラエルでは最も多い樹種の1つである。標高200mまでの低い土地でよく見られるが、南スペインでは標高1000mまで、モロッコ、アルジェリアの南部では標高1700mまで自生している。アレッポマツ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・グリミネッリ

    アンドレア・グリミネッリから見たヨルダンヨルダン

    さらに、ロンドンのハイドパーク、ニューヨークのセントラル・パークをはじめ、パリのエッフェル塔やモスクワ「赤の広場」など音楽が盛んな欧米の大都市名所でのコンサートに同行し、パヴァロッティの名声の広がりとともに、その名を知られるようになる。2008年10月12日にヨルダンのペトラのエル・カズネで催された、パヴァロッティ追悼コンサートThe Tribute to Pavarottiにも出演している。アンドレア・グリミネッリ フレッシュアイペディアより)

  • アラビアオリックス

    アラビアオリックスから見たヨルダンヨルダン

    アラブ首長国連邦、イエメン、イラク、エジプト、クウェート、シリア、ヨルダンなどに分布していたが絶滅。オマーンに再導入。アラビアオリックス フレッシュアイペディアより)

  • コイレ・シリア

    コイレ・シリアから見たヨルダンヨルダン

    コイレ・シリア(コエレ・シリア、Coele-Syria、ギリシャ語: 、ラテン語: Syria coele)は、シリア地方南部の地方名。ギリシャ語で「くぼんだシリア」('hollow' Syria)を意味する。より厳密には、コイレ・シリアはレバノン山脈とアンチレバノン山脈にはさまれたベッカー高原(現在のレバノン東部)を指すが、シリア地方のうちユーフラテス川より南の地域全体(フェニキアやユダヤ地方も含む。現在のシリア・アラブ共和国南部およびヨルダン王国、レバノン、イスラエル、パレスチナ)を指すこともある。この意味でのコイレ・シリアは、ヘレニズム期、セレウコス朝シリアとプトレマイオス朝エジプトとの係争地でもあった。コイレ・シリア フレッシュアイペディアより)

  • ナバテア文字

    ナバテア文字から見たヨルダンヨルダン

    ナバテア文字とは、シリア文字から派生し、後にアラビア文字へと発展した文字体系(アブジャド)。現在のヨルダン内にあるペトラを中心に栄えたナバテア王国の言語である、アラム語ナバテア方言を書き表すのに用いられ、周辺地域にも広まった。ナバテア文字 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥッラー2世国王設計開発局

    アブドゥッラー2世国王設計開発局から見たヨルダンヨルダン

    アブドゥッラー2世国王設計開発局(アラビア語: 、英語: King Abdullah II Design and Development Bureau、略称 KADDB)はヨルダンの防衛産業企業。同局は1999年8月24日、勅令により設立された。ヨルダン軍(Jordanian Armed Forces)への科学技術を外国に頼らず自前で提供しよう、というのがその目的だ。また、KADDBが設立されたのは、中東の気候や地形に合う兵器、軍需品、機械設備などを、1ヶ所で供給できるようにするためでもある。同局はヨルダン軍の中にある独立した機関で、活動に当たっては営利を追求し、予算は防衛費と営業利益の両方を財源としている。アブドゥッラー2世国王設計開発局 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ・オープン大学

    アラブ・オープン大学から見たヨルダンヨルダン

    2002年にクウェート、ヨルダン、レバノンにキャンパスを設置し開学。2003年にバーレーン、サウジアラビア、エジプトにキャンパスを設置した。近い将来オマーンにもキャンパスを設置する予定である。アラブ・オープン大学 フレッシュアイペディアより)

  • カニンガム (ミサイル駆逐艦)

    カニンガム (ミサイル駆逐艦)から見たヨルダンヨルダン

    ガス・ボート (The Gus Boat) の愛称で呼ばれたカニンガムは、海軍の中で煙突にシロツメグサを描いた2隻の軍艦の内の1隻であった(もう1隻はコーラル・シー (USS Coral Sea, CV-43) )。27年に及んだ現役活動の中で、カニンガムはそのモットー「Ready to Serve」に応えた。冷戦期のNATOの海上戦力として、平和維持と危機対応に大きく貢献した。カニンガムは地中海に15回、ペルシャ湾に3回、北ヨーロッパに7回、カリブ海に11回展開した。1964年および74年のキプロス危機では奮戦し、1970年にはヨルダンのアンマンから避難するアメリカ人の搭乗機を支援した。1973年には第4次中東戦争での作戦活動に参加し、1976年にはレバノンのベイルートから避難するアメリカ人の支援を行った。また、1979年には黒海でフリーダム・オブ・ナビゲーション作戦に参加した。カニンガム (ミサイル駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

900件中 81 - 90件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード